雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
夏ワラビを採った
●本日は2014年7月2日であります。 本日夕方に山裾に散歩にいったのであるが、ついでに夏ワラビを少し採った。 夏ワラビという品種があるわけではなく、普通のワラビであり、春に出るものと同じです。ワラビは山菜の中ではやや特異なもので、実は、春だけではなく夏のお盆ころまで出ます。あまり、知られていないので、ワラビを夏に採る人はほとんどいませんが、夏でもワラビ狩りは出来ます。ただし、春よりも収量は減ります。春に山菜採りをする人はわが淡路島にも大勢いますが、ほとんどが 「にわか山菜採り」 であります。夏ワラビまで採ってこそ (そこまで知っていてこそ) 本当の山菜ファンといえましょう。

長けたワラビの葉
↑ 2014年7月2日、淡路島南部の諭鶴羽山系の山裾にて。ワラビの葉は完全に展開していて、とても食べられるようには見えません。

展開した葉をかき分けて地面を覗くと、若い芽がある。
↑ ところが、展開したワラビの葉をかき分けて地面を覗くと、春と同じような採り頃のワラビの若い芽があります。春ほどはないのですが、探すと結構あります。例年、梅雨ごろには良く出てきます。雨が降ったあとに行くと沢山出ている場合があります。そのワラビの群落によって、梅雨時分に良く出る群落と、あまり出ない群落とがあるような感じはします。したがいまして、夏ワラビを採るためには、夏ワラビが沢山出る群落を見つけておく必要があります。(中には、夏ワラビがぜんぜん出ないワラビ群落もあります。)

これが夏ワラビだ
本日 (2014年7月2日) の収穫
↑ 本日の収穫です。菜園にキュウリ・ナス・トマト・三度豆などの夏野菜が沢山できているので、ワラビは1回分のおかずにするだけしか採りません。あまり採っても食べきれないです。もし、沢山夏ワラビが採りたかったら奥の手があります。今時分に、ワラビの自生地に行って長けたワラビを草刈りすることです。親ワラビを刈りとったら1週間か10日後に、子ワラビが大量に一斉に出てきますわ。しかしながら、これは禁じ手です。地下茎を消耗させてしまうので、翌春のワラビの発生に大きな影響を及ぼします。

       ***********************************

放射能汚染山菜が下火になってきたが…
今年の山菜シーズンは、高ベクレル山菜が続出 しましたが、ここにきて、そろそろ下火になったかなという印象です。 厚生労働省が毎週1回発表している 食品中の放射性物質の検査結果について (第884報) と、食品中の放射性物質の検査結果について(第885報) の2回連続で100ベクレル/kg超過の汚染山菜が出なかったです。渓流魚や海産魚では汚染食品が続いていますが、山菜は基準値超えがありませんでした。 しかしながら、山菜から放射能汚染食品の発生がなくなって、事態が急激に好転したかのように考えてはいけません。放射性物質は核種にもよるけど簡単には消えません。半減期の長い核種では一生消えません。何万年も残りますわね。それに半減期が過ぎたからと言っても毒が全て消え去るわけではありません。毒は半分残ります。ですから、たんに山菜シーズンが終わっただけなのです。東北地方の標高の高い産地でも山菜シーズンはそろそろ終了です。山菜シーズンが終わって、食品放射能検査の場に持ち込まれる山菜の搬入が無くなっただけと見るべきであります。今後は、秋口になると、野生キノコが検査場に持ち込まれて、高ベクレルきのこが見つかるであろうと、予想しております。 

●お盆ぐらいになると、東北地方の山では、ぼちぼちと、ブナハリタケ (ブナカヌカ) とか、秋田名物きりたんぽ鍋のダシにするトンビマイタケ (ドヨウマイタケ) とかを皮切りに色々と出てきますよね。吾輩も毎年四国の山に採りに行きます。東北地方までキノコ狩りに遠すぎて行けませんが、四国でも海抜1000m以上では東北地方北部と同等、1500m以上では北海道と同等の気温になりまして、吾輩がキノコのフロラを大雑把に調べてみても、東北・北海道にあるキノコのほとんどが四国のブナ帯~亜高山帯でも見られます。原発事故から3年あまり経ち、山野にばら撒かれた放射性微粒子が風に吹かれ雨水などで流れ、特定のホットスポットに集積高濃度化しているような感じがしますね。秋になるとビックリするような高濃度汚染キノコが見つかるのではないか? 


基準値超過の放射能汚染食品
食品中の放射性物質の検査結果について(第885報) 6月30日報道発表
緊急時モニタリング又は福島県の検査結果
 No.295 :福島県郡山市産 猪苗代湖 ウグイ (Cs:130 Bq/kg)
 No.306 :福島県西郷村産 鳥首川支流(阿武隈川) ヤマメ(Cs:110 Bq/kg)


食品中の放射性物質の検査結果について(第884報) 6月23日報道発表
緊急時モニタリング又は福島県の検査結果
 No.176 :福島県いわき市産 イシガレイ (Cs:240 Bq/kg)
 No.262 :福島県伊達市産 布川(阿武隈川水系) イワナ (Cs:190 Bq/kg)
 No.277 :福島県伊達市産 布川(阿武隈川水系) ヤマメ (Cs:130 Bq/kg)  


       ***********************************

ランクルさんのコメント
私は昭和20年生まれです。

嵐寛寿郎ぞくに言うアラカンの鞍馬天狗が、300m離れたところで映画館があって見えました。 土日にやっている封切から1年ぐらい遅れの映画館でしたが、映画ファンになったのもそういうことからでしょう。

初代のゴジラもその映画館でみました。 身長約50mほどのゴジラが海の中から叫びながらでてくるのです。映画の面白さは特撮技術だったのですが、ほんとうに素晴らしい映画でした。 映画や小説には作者の社会に対する訴えが潜んでいることが多いのですが、この映画は娯楽だけではなく放射能に対する警告もあったのでしょう。

いまは核実験はこっそりやってもバレてしまうけれど、あの頃は水爆実験が行われた結果ゴジラのような生き物が出現したとのことだったのでしょう。ハリウッドでゴジラ映画が復活するというニュースがあります。福島第一原発事故と今回のゴジラ復活映画を結びつけなければならないと思うけれど、なぜかマスコミはそういうことを言いませんねえ。

放射能は洗っても消えないし、炊いても焼いても消えない。何百年何万年もその影響があるらしいから、アンギラスやラドンなどの恐竜の出現などでこのシリーズは続いていくのかも知れません。 娯楽としてならいいのですが、放射能の影響で東北の子供たちに甲状腺がんが増えつつあるという話もあるので、真正面から放射能の事を考えなくてはいけませんね。

シイタケとか山菜などに放射能が吸着するようなことを聞いたことがありますから、私らのような年寄りよりも子供さんがたは注意がいりますね。


山のキノコの返信

>映画は娯楽だけではなく放射能に対する警告もあったのでしょう

全くそうですね。ゴジラの映画のテーマは 「文明批評」 なのでしょう。怪獣同士の壮絶な戦いというスペクタクルとか、当時としてはざん新な特撮が前面に出すぎて、文明批評 (大国の核開発競争による環境破壊への批判) は背後に後退していますが、ビキニ環礁での水爆実験で眠っていた白亜紀の恐竜 (怪獣が) がよみがえったという設定でしたか? あるいは水爆実験の放射能の影響で海棲生物が怪獣に突然変異した? うろおぼえでハッキリと覚えていませんが、そういう設定だったので核開発批判のメッセージは鮮明です。放射能汚染で環境は破壊され、生物は大変なダメージを受けたり、とんでもない突然変異を起こして、大変なことになるぞという警鐘を鳴らしています。そういう映画ですよね。

ただ、1945年に太平洋戦争で日本が敗戦し、1951年までマッカーサー元帥が日本を統治する間に、日本を米国の属国化する仕組みを日本に組み込まれました。形式的には1951年のサンフランシスコ講和条約調印 (発効は1952年4月) で日本は独立を回復したことにはなっています。しかし事実上は日本はアメリカの属国なのであって、宗主国のアメリカはソ連と核開発競争でしのぎを削り、原子力発電も始めていました。戦前には、日本も原発研究をやっていたのは知られていますが (ノーベル賞の湯川秀樹もかかわった) マッカーサーが統治する間は日本の原子力研究は禁止されていました。サンフランシスコ講和条約発効後は原子力研究が解禁されました。で、中曽根康弘と正力松太郎がアメリカに研修に行って原発のレクチャーを受けたというのは有名です。あれよあれよという間に、1955年には原子力基本法が制定され、日本も原発漬けになっていきます。そうした時代背景のもとで、映画ゴジラが製作され1954年の暮れに封切りされました。宗主国のアメリカの核開発を露骨には批判しにくい、日本でも原子力研究の解禁がアメリカから許可され、さあ原発をやるぞ (核開発もか?) と政治が大きく動き出したことにも露骨に批判しにくい、という状況だったのではないか? と想像します。で、折角の文明批評・核批評のテーマが鮮明であるにもかかわらず、お子様でも楽しめる娯楽映画にせざるを得なかったのではないか? ゴジラが口から吐く火炎は恐らく広島のピカドンの閃光でしょうが、宗主国や既に胎動していた原子力ムラを刺激しないギリギリの表現であったのだろうと思います。歴史的な背景を考えると、映画ゴジラの政策担当者の意欲が活かしきれなくて、怪獣映画という一種の風刺で終わったところに映画製作者の苦悩を想像しますわね。



追伸】 大変ですわあぁぁ、台風が来よります!  Joint Typhoon Warning Center (JTWC) 米軍予想 では今のところ西日本縦断の予想になっています。 時間と共に予想は修正されて行きましょうが、フクイチ原発は大丈夫でしょうかねえ?? 溶融した燃料デブリがどうなっているのかさえ全く不明で、最早手を付けられない状態みたいですが、台風がもしフクイチ原発方面に進んだら、手を付けられない状態に拍車がかかるのではないか? 台風が外れることをお祈りします。フクイチ原発事故の真の事故原因が解明もされていない状態なのに、(津波ではなく、震度6の揺れで配管等が外れて事故った疑いが濃厚) 鹿児島県の川内原発が今秋にも再稼働などという報道がされています。全く正気の沙汰ではありません。いま国民が反対の声を上げないと、西日本も関東地方みたいに放射能まみれになってしまいます。瀬戸内海人も気合いを入れて反対しましょう! 反対デモ行進は1人でも数が多いほど威力を増すので、旅行がてら鹿児島に行くのもいいかも? ストップ再稼働!3.11鹿児島集会実行委員会 が川内原発再稼働反対の署名を集めています。川内原発が事故れば西日本全域が放射能汚染される危惧があります。人ごとではありません。鹿児島県人でなくても署名できるようです。皆さま署名しましょう!


ランクルさんのコメント その2
きょうは朝から大阪で中学校の同窓会があって行ってきました。

Joint Typhoon Warning Center (JTWC) の予想を見ると平成3年の台風第19号のコースとそっくりです。 日本列島縦断してリンゴの被害がでたことから 「りんご台風」 とかいわれていました。あれから20年以上も経っているのですねえ。 フクイチ原発の汚染水を凍った水で囲うなんて、マンガみたいなことを言ってごまかしていたけれど、見通しでは無理なようなニュースになっています。 汚染水の処置に困って、今度は台風のせいにしようとしているのかも知れません。

政治かも役人も皆無責任で、それを許している国民がいけないのですが、お上が悪いという人間のほうが国を乱すと犯罪者にされるような法律が作られようとしています。  法と常識の狭間で考えよう この人は私の友人なのですが、弁護士ていってもピンからキリがありますが、日本の弁護士のランクでは特上の部類です。 いまの政権が異常すぎるので、日弁連も動き出しています。

私も署名したいし、ちょっと川内原発再稼動反対のことを調べてみたいと思っています。


山のキノコの返信 その2
>今度は台風のせいにしようとしているのかも知れません
少し誤解を招くことを書いたかもしれません。すみませんでした。東電をはじめ原発推進者どもは台風のことは何も言っていないと思います。言っているのはわたくし山のキノコです。長くなるので書かなかったのですが、今フクイチ原発で、建屋が崩壊寸前で危険な4号機建屋ですが、剥き出しになった燃料プールに1533本の使用済み核燃料棒が冷却されています。震度6の大きな余震がきたら燃料プールの冷却水が漏れ抜けて、空気中にさらされた燃料棒が過熱し、再臨界が始まったら手がつけられない破局的な危機になると懸念されていました。で、フクイチ原発構内に新たに冷却プールを建造し、危険な4号機建屋から使用済み燃料棒を移動させる作業が昨年11月から行われています。その作業も相当に危険なものらしく無事終わるだろうかと内外の専門家も懸念していましたが、今年の6月30日時点で1533本中1188本の移動ができているようです。懸念されるのは移動作業の安全性と、作業完了までにまた強い地震がきて燃料プールの水が抜けることですが、台風の暴風が4号機建屋を襲い損傷させることが可能性としてはあり得ます。風速50m以上になったら大型トラックがひっくり返されたり、頑丈な建物でも倒壊させられる被害が発生します。そういう観点から、大変だと書いたのですが言葉足らずでした。原発利権者どもが台風のせいにして誤魔化すというのとは違うんです。舌足らずで、すみませんでした。

弁護士にも御用弁護士やヒラメ弁護士がいるようですね。カネ取り弁護士もいるし。犯罪を犯す弁護士も。橋下徹氏のように元暴力団顧問弁護士もいるし…。もちろん、中には正義の味方的な弁護士もいるということですね。私のいとこが森永ヒ素ミルク事件の被害者で、その親 (私から見たら叔母) が被害者友の会を結成して森永と闘ったのですが、国 (厚生省) は森永側につきました。医者たち (岡山大学医学部の教授たち) も国や森永側につくという状況で、みんな権力やカネに尻尾を振ります。被害者団体は苦しい闘いを強いられたのですが、そんな中でも、ほとんど手弁当で被害者団体の先頭に立って森永と闘ってくれた弁護士が現われました。弁護士もピンからキリまでありますよね。ただ、日弁連が動き出したと言っても、あんまり期待できそうもありません。水を差すようなことを言って恐縮なんですが、昨年の特定秘密保護法でも日弁連は反対声明を出して政府を批判しましたが、阿部首相をぜんぜん牽制もできませんでしたわ。

再稼働をいま国に申請しているのは、加圧水型原子炉を採用している関西電力・四国電力・九州電力・北海道電力ですが、わが淡路島に最寄りの電力会社 (関西・四国・九州) が速やかな再稼働を狙っています。フクイチ原発は沸騰水型だったので、原子炉の方式が違うからべっちょないのだという腹積もりなのでしょうが、加圧水型が安全とも言いきれず、それなりに小さなトラブルは頻発しています。大気の恒常的な流れは、西から東へと流れていますが、淡路島からみて西に位置する鹿児島の川内原発や愛媛県の伊方原発、それから佐賀県の玄海原発が事故れば淡路島も放射能汚染を免れません。西日本在住者はこの3原発にしっかりと反対する必要があるのではないかと思います。フクイチ事故から3年と少し、西日本では原発事故があったことなど、ほとんど話題にも上がらなくなっていますが、この雰囲気は非常に危ういです。


ランクルさんのコメント その3
わたしは推測でものを言う悪いところがありまして、注意して書き込みをしなければというところがあります。 ネット上の発言にはよくあることですが、そういうことから2CHなどでは目の付け所が外れてはいないのですが、雑すぎるところがあったり、中には発言者がわざと意図して発言するところがあるようです。 私の場合は、まぬけなので雑すぎるところからです(^^;

夏ワラビから話題が大きく逸れてしまいました。 もうこのぐらいでまたの機会に 


山のキノコの返信 その3
ランクルさん、お早うございます。いま起きてきたところですが、最近、体調があまりよくなく、放射能の影響かもしれません。いちおう、フクイチ原発過酷事故で放射能汚染されたのは、静岡県東部あたりまでで、富山県 ー 岐阜県 ー 愛知県ライン以西は大丈夫とされていますが、本当にそうなのか? という疑問が少しだけあります。フクイチ原発が核爆発した直後の2011年3月いっぱいは大気の下層気流はおおむね北西季節風場にあったのですが、日によっては北東気流の日もあり、放射能プルームが若干西日本にも流れています。ここで、チェルノブイリを考えるヨーロッパの広範囲に放射能汚染が広がり、2000キロも3000キロも離れた北ヨーロッパにまで高濃度汚染が広がりました。米国の公的機関に準じる組織からフクイチはチェルノブイリの2倍の規模の事故であるという公式見解が最近でましたよね。これらを勘案すると西日本が完全に安全だとも言えないのではないか? という疑問があります。しかしながら、世の中上から下までフクイチ事故の影響を過小評価です。チェルノブイリもそうでしたが、低線量被曝障害は事故後3年は目立ちませんでしたが、4年目、5年目から一斉に顕在化し、その後はパンデミック状態です。日本も福島県や関東地方でその芽が出始めましたわ。今年あるいは来年あたりには隠しきれなくなって大変なことになるのではないか? えらいこっちゃになるぞ!

という推測を書くのは何の問題もありません。もちろん、原発推進者どもが 「風評を言うな」 と怒ってくる可能性はありますが、言論の自由は憲法が保障していますし、一国の総理でさえ、(放射能が太平洋にダダもれなのに) フクイチ原発はコントロールできているなどという意味の嘘八百をしゃあしゃあと言う国です。社会的に影響力のある学者や文化人や言論人が原子力ムラのプロパガンダに加担する国です。しがない庶民の井戸端会議が、推測でものを言おうが、不注意な書き込みがあろうと、議論が粗雑であろうと、なんら問題はないです。だから、政府は、 「風評」 に対して 「正しい情報」 を積極的に発信していきますと言っています。 「風評」 を取り締まるとは言っていません。つまり国民の間で 「風評」 が流布してケシカランが、法令違反ではないからどうにもならんわ、困ったもんだ、という政府の腹です。ま、人の口に戸はたてられないということですよね。恐いのは憲法解釈変更上手の阿部が、憲法は言論の自由を認めてはいないから国民はものを言ってはいけない、と言論統制を始めることですわね。

政府に反対を堂々と主張する有名ブログ、たとえば植草先生をはじめ反体制言論人の動向が、 「坑道のカナリア」 です。坑道が酸欠か? 有毒ガスがあるか? カナリアが教えてくれます。反体制有名ブログが突然閉鎖されたり、アクセス不能になったり、再逮捕されたりしたら、言論統制を始めるぞという狼煙です。そのときは、しがない庶民であってもネットに書き込むのは要注意です。黙るのが一番無難です。多くの人々は勘違いしていますが、インターネットは誰でもが情報発信できるツールだと歓迎していますが、全く逆です。権力者から見たら反乱分子あぶりだし装置です。そもそもインターネットは起源が軍事技術の民生転用ですよね。ネットは本当な匿名性などなく、そのブログ主や書き込み者が誰なのか調べればすぐに分かりますよね。黙まってりゃ分からないのに、書き込みしたら 「こいつは国家に歯向かうヤツだな」 と分かってしまいます。国家が本気になったら、全国規模での、数十万人。数百万人の反乱分子名簿を作成できます。で、片っぱしから、警察が捜査し冤罪を吹っかけて思想犯として逮捕、商売人なら税務調査です。終戦直後にあったレッドパージの現代版が大規模に行われる可能性があります。数十万人が粛清された国は世界には沢山あります。残念ながら、日本もそういう国になりかけていますわね。恐いですね。

でも、昨日6日に阿部政権打倒に向けて大規模なデモがありましたね。若い人々も立ち上がりはじめました。ランクルさんの団塊の世代はかつて70年安保闘争や学園紛争に立ち上がった世代ですよね。いま、また、立ち上がる時がきましたわね。最近のデモをリードしているのも団塊の世代のようです。団塊の世代の人々が立ち上がって若い人々をリードすることを期待しています。 


スポンサーサイト
コメント
コメント
わたしは推測でものを言う悪いところがありまして、注意して書き込みをしなければというとこらがあります。
ネット上の発言にはよくあることですが、そういうことから2CHなどでは目の付け所が外れてはいないのですが、雑すぎるところがあったり、中には発言者がわざと意図して発言するところがあるようです。
私の場合は、まぬけなので雑すぎるところからです(^^;

夏ワラビから話題が大きく逸れてしまいました。
もうこのぐらいでまたの機会に

2014/07/07(月) 10:30:25 | URL | ランクル #3/VKSDZ2 [ 編集 ]
きょうは朝から大阪で中学校の同窓会があって行ってきました。

> Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

の予想を見ると平成3年の台風第19号のコースとそっくりです。
日本列島縦断してリンゴの被害がでたことから「りんご台風」とかいわれていました。
あれから20年以上も経っているのですねえ。

フクイチ原発の汚染水を凍った水で囲うなんて、マンガみたいなことを言ってごまかしていたけれど、見通しでは無理なようなニュースになっています。
汚染水の処置に困って、今度は台風のせいにしようとしているのかも知れません。

政治かも役人も皆無責任で、それを許している国民がいけないのですが、お上が悪いという人間のほうが国を乱すと犯罪者にされるような法律が作られようとしています。

法と常識の狭間で考えよう
http://beatniks.cocolog-nifty.com/

この人は私の友人なのですが、弁護していってもピンからキリがありますが、日本の弁護士のランクでは特上の部類です。
いまの政権が異常すぎるので、日弁連も動き出しています。

私も署名したいし、ちょっと川内原発再稼動反対のことを調べてみたいと思っています。
2014/07/07(月) 00:05:13 | URL | ランクル #tSD0xzK. [ 編集 ]
ゴジラと放射能
私は昭和20年生まれです。

嵐寛寿郎ぞくに言うアラカンの鞍馬天狗が、300m離れたところで映画館があって見えました。
土日にやっている封切から1年ぐらい遅れの映画館でしたが、映画ファンになったのもそういうことからでしょう。

初代のゴジラもその映画館でみました。
身長約50mほどのゴジラが海の中から叫びながらでてくるのです。
映画の面白さは特撮技術だったのですが、ほんとうに素晴らしい映画でした。
映画や小説には作者の社会に対する訴えが潜んでいることが多いのですが、この映画は娯楽だけではなく放射能に対する警告もあったのでしょう。

いまは核実験はこっそりやってもバレてしまうけれど、あの頃は水爆実験が行われた結果ゴジラのような生き物が出現したとのことだったのでしょう。
ハリウッドでゴジラ映画が復活するというニュースがあります。
福島第一原発事故と今回のゴジラ復活映画を結びつけなければならないと思うけれど、なぜかマスコミはそういうことを言いませんねえ。

放射能は洗っても消えないし、炊いても焼いても消えない。
何百年何万年もその影響があるらしいから、アンギラスやラドンなどの恐竜の出現などでこのシリーズは続いていくのかも知れません。
娯楽としてならいいのですが、放射能の影響で東北の子供たちに甲状腺がんが増えつつあるという話もあるので、真正面から放射能の事を考えなくてはいけませんね。

シイタケとか山菜などに放射能が吸着するようなことを聞いたことがありますから、私らのような年寄りよりも子供さんがたは注意がいりますね。

2014/07/05(土) 22:19:14 | URL | ランクル #OARS9n6I [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.