雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
葉桜の上に風花が舞うか?
葉桜の上に風花が舞う可能性はあるか??
●本日は2014年4月5日であります。
西日本の上空に季節外れの強い寒気が侵入してまいりました。今朝 (4月5日) の最低気温は、アメダス南淡で2.8度、洲本特別地域気象観測所で3.1度、と大変冷え込みました。四国や中国地方の山間部では氷点下になったところも多いです。広島県アメダス油木で-2.6度、愛媛県アメダス久万で-2.1度など。今晩から明日にかけて気温が下がり、降水確率も高く計算されているようですから、ひょっとして、瀬戸内地方の平地でも風花が舞うのが見られるかも?? 湿度さえ低ければ気温が5度でも雪の可能性があります。(湿度が非常に高ければ1度でも雨になる)

近畿中部での降雪最晩記録は、4月11日
●思い起こせば、1996年4月11日~12日に近畿地方中部の神戸や大阪や京都などで雪が舞いました。これが近畿地方中部での降雪の最晩記録です。このとき、わが淡路島でも雪が舞いましたが、すでに洲本測候所が夜間無人になっていまして、降雪の観測がなされていないので降雪記録はありません。南あわじ市 (当時は三原町) でも風花が舞ったのをわたくしは確かに見ています。淡路島でも18年ぶりに4月の雪がみられるかも?


気象庁HP 船舶向け天気図提供ページ から高層天気図の 500hPa高度・気温の分布図 ならびに下層天気図の 850hPa高度・気温分布図 を閲覧し、また、抜粋して借用します。

寒冷渦の中心はなんと-36度以下!
-36度以下の真冬の寒気が日本海西部まで南下していますね。寒冷渦の中心はウラジオストクのすぐ北あたりです。地上で雪になる目安の-30度線が福島県~福井県~山陰海岸にまで南下しています。石川県輪島上空で-33.3度です。富士山山頂でも今朝の08時に-20.4度になっています。もし降水があれば雪となる気温ラインが南下しています。

【↓ 2014年4月5日09時の500hPa高度・気温分布図

2014年4月5日09時 500hPa高度・気温図


平地で雪となる目安の-6度線が近畿北部まで南下!
高層寒気よりもむしろ下層寒気のほうが強いのか? という印象がします。降水があれば平地で雪となる目安の-6度ラインが、なんと近畿地方北部まで南下しています。高い山で雪となる目安の0度線が太平洋の沖合まで大きく南下しています。

【↓ 2014年4月5日09時の850hPa高度・気温分布図

2014年4月5日09時 500hPa高度・気温図

●かなり強烈なサクラ冷え、若葉寒であります。今の時期は、既に太陽の日射は強く地表は温まっています。そこへ上空に強い寒気が侵入すると、下暖上冷の温度差が大きく、非常に不安定になって対流性の雲が湧きあがりそうです。今晩から明日にかけて瀬戸内で風花が舞うかも? たとえ平地では無理であったとしても、鶴峰山 (608m) では降水があれば、ほぼ確実に雪となるでしょうね。

(なお、雪が降る絶対の条件は、当たり前のことですが降水があることです。降水がなければ-50度でも雪は降りません。南極のドライバレーがその典型例です。)

追記】 徳島県三好市ライブカメラ 井川スキー場 15時40分にこの三好市のライブカメラを見ると、井川スキー場で雪がひらひら舞っています。上空は寒気が侵入していても、地上の気温が高いので平地で雪は無理かも? 小さな低気圧が西日本を今晩通るようで低気圧前面で湿度が上がりそうです。高温時降雪という現象での4月の雪は無理そうです。ま、ですが、500m以上の山での雪を期待したいと思います。

追・追記】 金剛山ライブ映像 によると5日19時頃から雪が降り始め積雪となっているもようです。近畿地方の中部では標高の高いところ500~600m以上では雪、1000m近くでは積雪となっている模様であります。平地では残念ながら雨でしたわ。

さらに追記】 徳島県三好市 ライブカメラ によると、徳島県の剣山系の山間部で積雪があった模様です。箸蔵寺とか黒沢湿原などの標高がそれほど高くないところで積雪がみられます。おおむね海抜500m以上のところで積雪があったようです。

2014年4月6日08時30分 徳島県三好市黒沢湿原の春の雪
↑ 三好市のライブカメラから借用。2014年4月6日08時半ころの配信映像です。黒沢湿原です。むかし、このあたりを足しげく歩き回りましたが、海抜500-600mぐらいだったと思います。

●こりゃあ、地球温暖化利権者どもも震え上がる寒さですわね。近畿北部や北陸地方や信州では、仕舞い込んだスタッドレスタイヤをまた出してきて履き直す必要がありそうです。瀬戸内でも仕舞い込んだストーブをまた出したり、箪笥の奥からパッチを出さなくちゃ。7日朝は放射冷却が作用して近畿地方内陸部で霜がかなり降りるのではないか? すでに果樹など新芽がでて花が咲いています。新芽は霜に非常に弱いのです。被害がないようにとお祈りいたします。先日、苗を定植したサツマイモですが、防寒の策をしないとヤバイ状況ですわねえ。


     ***************************

恐いのは寒冷化、温暖化はパラダイス!
また阿呆の一つ覚えを言うのですけれども、暖かいことは、とてもいいことなんです。温暖化はパラダイスなんです そもそも原発業界から研究費をもらったNASAの気象学者のジェームズ・ハンセンが米国議会公聴会で “地球温暖化で地球は大変なことになる” などと証言してから、温暖化は悪であるという凄まじいキャンペーンが始まりました。それまでは温暖化は善であり、歓迎すべき好ましいことでありました。温暖化はパラダイスだったのです。縄文時代に温暖化して地球の気温が2~3度上がり、3~6mも海水準が上昇しましたが、 “縄文海進” という言葉で教科書に載っていますし、広く知られていますわね。今から6000年ぐらい前のことですが、ヒプシサーマル(温暖期)とよばれる3000年ほどの間は、気候学者も、気象学者も、考古学者も、“気候最適期” などと称していましたわね。その用語からして “温暖化は善なるもの、最適なもの” だったのです。このように温暖化はパラダイスであったから、三大丸山遺跡の古代集落が大繁栄したり、関東地方で大量にアサリが獲れて貝塚ができましたわね。政治が悪意をもって、さまざまな思惑や利権をめぐって温暖化を恐ろしいことに決めているだけなのです。縄文時代の人々の暮らしを考古学の書物等で少しでも学べば、温暖期こそ食糧が多く、人々は暮らしやすく、パラダイスなんですよ。

それに、地球温暖化は地質年代的な時間スケールでは過去何回も起こっています。ロボク、フウインボクなど巨大な木性シダが大繁栄した古生代石炭紀や、恐竜たちがのしのしと闊歩した中生代ジュラ紀は、高緯度の極域まで亜熱帯のような環境だったことを古気候学は教えています。地球はその歴史上、大部分の時期で暖かい惑星だったのは疑いようがなく、(一時的に全球凍結なども2回あったようですが)温暖があたりまえの惑星だったです。それが新生代新第三紀になってから超大陸ゴンドワナから南極が分離し、次第に南下し、南下と共に氷床が生長、この氷床が地球に巨大な放熱器を備えることになったのが地球の気温が下がっていった地史的背景です。で、現在の地球は氷河期の只中にあります。氷河期の中の間氷期であります。むしろ現在の地球は異常な寒冷の中にあるんですわね。さらに申せば、過去、地史的に温暖な気候が何千万年、何億年、と続いて地球は破滅したのか? 恐竜時代には大気中の二酸化炭素濃度は2000PPMです。石炭紀はもっと高濃度です。現在たった400PPMになったとアホウな馬鹿騒ぎをしていますが、過去の数千PPMで地球は破滅したのか? 何も起こっていません。地球上の生物は動物でも植物でも、その時々の環境の変化にうまく適応し、放散し、進化発展を遂げて大繁栄していますね。そのような視点から考えると、CO2地球温暖化危機説というのは政治的なヨタ話です。またぞろ事実上の政治団体のIPCCが悪だくみで足掻いていますが、往生際が悪いです。よほど利権になるのでありましょう。

さらに申せば、農業では二酸化炭素は肥料です。温室の中で油を炊いて二酸化炭素を発生させます。専用の二酸化炭素発生器も市販されています。400PPMという大気中の二酸化炭素濃度は、光合成する植物たちには砂漠みたいなものです。温室の中で、恐竜時代の2000PPMまではしないのですが、1000PPMとか1200PPMというふうに2~3倍にするのです。すると作物の生育がみちがえるほど良くなり、収穫がグーンと増収になります。温暖化したら海洋中に溶存している二酸化炭素が大気中に放出され、大気中の二酸化炭素濃度が上昇します。 (つまり通説の逆です。CO2が増えて温暖化するのではなく、温暖化したからCO2が増えた) すると植物の生育が良くなります。高温と高濃度二酸化炭素で作物の収量は増収です。その点からも温暖化はパラダイスなんです。農業関係の研究者たちは何故黙っているのでしょうかねえ?



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.