雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
地球温暖化と黄砂は因果関係があるのか? 大いに疑問。
●本日は2014年3月25日であります。昨日は関東以西の各地で最高気温が20度を越える地点が続出、万象を凍てつかせた冬が完全に終わったという感じであります。ぽかぽかと暖かく、春暖に誘われて午後にふらふらと四国を眺める浜辺にでてみると、春霞に四国が見えません。冬の間は空気が清澄で西日本第二の高峰の剣山 (1955m) をはじめ四国山地の稜線がくっきりと見えていたのに、煙紫色の霞のとばりに隠されて全く見えません。近くの山もけだるくかすんでいて本当に春という印象であります。

●暖かいのは本当にいいことなんです。素晴らしいことなんです。ヒトは本能的に暖かいのを好むので、放射能汚染のニッポンを避けて海外へ移住する人々が続出していますが、ほとんどの人は東南アジアなど熱帯地方に行きますわ。わたくし山のキノコの実姉も海外へ移住してしまいましたが、赤道直下の東南アジアに行きましたよ。温暖化を恐れて涼しいアラスカやシベリアに行ったのではありません。海外移住に関する統計を見ても、多くの人は圧倒的に南の暖かい国へ行っています。温暖化の危機を叫ぶ利権屋どもが、もし定年後に海外移住するならば、彼らは暖かいのを忌み嫌うから、とっても涼しいアラスカや、有名な オイミャコン (-71.2度の記録を持つ北半球の寒極) へ移住するのでしょうかねえ?? 涼しくていいわねえ。

春は黄砂の季節であるのに、黄砂があまり観測されないわね
●今年はなぜか黄砂があまり観測されないのですが、おかしいですね。何故なんでしょうか? 黄砂の発生源の中国の奥地の砂漠や黄土高原が、今冬の厳しい寒さで氷雪で凍てついているのでしょうかねえ? あるいは黄砂発生源で低気圧が発達せず砂が巻き上げられないのか? マスゴミや、地球温暖化の研究費を食んでいた政治的な商才のある研究者たちが、温暖化で黄砂が頻発し規模も大きくなって大変だあぁア! と言っていたと思いますが、今年は黄砂らしい黄砂がまだあまり見られないのは困りますわねえ?? 山が黄土色にかすまないと地球温暖化研究費をもらえなくなるわよ。
気象庁ホームページ (黄砂情報 実況図) 気象庁は真面目によく仕事をしていて、いろいろな観測情報を無料で見せてくれますので、毎日閲覧させて頂いておりますが、ホント、今年はまだほとんど黄砂らしい黄砂が観測されていないですわね。


以下の2葉の写真は3月24日に、兵庫県南あわじ市阿万吹上浜で撮りました。春になってアブラナ科の花が咲いたという被写体でありますが、注目は背景の森や山ですが、煙紫色にボヤンとかすんでおります。春霞 (はるがすみ) であります。黄砂ならば黄色っぽく、ときには赤っぽくなることもありますが、今年の春霞は私はまだ黄色っぽいものを見ていません。早く黄土色の本格的な黄砂を見たいのですが、まだおあずけであります。

ハマダイコンの花が満開だが、山は煙紫色じゃ!
ハマダイコンが満開だ

菜の花も満開だが、森も煙紫色じゃ!
菜の花も満開だ



春は黄砂の季節、3月-5月で82.6%の出現率!
●下のグラフは気象庁の観測統計 気象庁ホームページ 「黄砂観測日数表」 から勝手に作成しました。黄砂の観測日数の月別分布です。3月~5月が突出して多く、この3か月で20.0日の出現です。年間出現日数24.2日のなんと82.6%を占めます。まさに黄砂は春の風物詩と言えましょう。なお、7月~9月の3か月間は全く黄砂の観測例がないようです。
黄砂観測日数の月別分布



過去46年間のデータでは、温暖化との相関性が見えるが…
下のグラフは 気象庁ホームページ 「黄砂観測日数の経年変化」 から借用。年ごとの変動が激しいのですが、1970年頃から2000年頃にかけて次第に増加しているようにも見えます。で、つい、地球温暖化の進行で黄砂が増えたのかな? と解釈する向きもありましょう。2012年までのグラフですが、2013年も黄砂観測日数は少なくて15日です。2014年の観測はこれからですが、もし少なければ4年連続で少ないことになりましょう。2000年頃がピークで2010年過ぎにかけて減っているようにも見えます。これは温暖化の進行が1998年以降は止まっていることに相関しているのか? などとつい思ってしまいますわね。

黄砂観測日数経年変化(1967―2012)



けれども、もっと長い期間のデータでは…
 一般社団法人 国際環境研究協会 の学術会誌 『地球環境』 Vol.07 No.2 が黄砂特集になっています。会員限定配布の会誌のようですが、1年以上前のバックナンバーはネットで閲覧できるみたいです。で、 『最近100年間の韓国における黄砂観測日数』 から1枚の図を引用させていただきます。

韓国ソウルにおいて観測された黄砂日数(1915-2002)


こりゃあ、黄砂と地球温暖化とは、相関性がないわよ!
●地球温暖化とからめれば科研費が得やすいといっても、何でもかんでも地球温暖化と相関関係 (因果関係) があるように言うタメにする研究はいかがなものか? マスゴミも何でもかんでも地球温暖化を持ちだして説明する記事を書くのはいかがなものか? と思いますね。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.