雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
南あわじ市が狙われた。わたくしもやられた。
●現在時間は2013年12月9日22時50分です。南あわじ市在住者の皆さま、大丈夫でしたか? 私はやられました。 下図は気象庁サイトから借用しましたが、降雨強度50-80mm/hの積乱雲列に南あわじ市が襲われました。しかも、雷がにぎやかに鳴っていて近所に落ちたみたいです。気象庁から兵庫県下に竜巻注意報が発表されています。 南あわじ市が天に狙われたのは、市政が劣悪で住民世論を全くきかずに、特定業者に利権の金蔓をながしこみ、膨大な借金の上に更に屋上屋を架するかのごとく借金を積み重ねているから、天が怒ったのであろうか? 願わくば市長の家に雷が落ちてほしいものですよね。

気象庁ホームページ 「レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻):近畿地方」

降雨強度50-80ミリ/時 に襲われた

竜巻注意報も出た

【追記】 どうなるのかと冷や汗ものでしたが一段落つきました。南あわじ市での23時までの1時間雨量の最大値は、沼島の35ミリでした。2番目は北富士ダムおよび灘土生の19ミリでした。短い時間でしたが、この雨で天然ヒラタケが一斉に出てくるでしょう。観察会が楽しみであります。雨後のタケノコという言葉がありますが、雨後のヒラタケですわ。籠をお忘れなく…。

【追記2】 南あわじ市市内の10日午前5時までの雨量は次の通りであります。国土交通省 「リアルタイム川の防災情報」 を参照。

掃守68ミリ、 榎列74ミリ、 大日ダム77ミリ、 分水堰78ミリ、 牛内ダム64ミリ、
成相ダム76ミリ、 北富士ダム92ミリ、 諭鶴羽ダム83ミリ、 諭鶴羽88ミリ、
福良82ミリ、 南淡アメダス65ミリ、 灘土生65ミリ、 沼島92ミリ、

淡路島島内で一番雨量が多かったのは、国土交通省テレメータ洲本の99ミリであります。気象庁の洲本特別地域気象観測所では80ミリでした。
初冬の今の季節としては、しっかりと降りました。南あわじ市では70~90ミリの降水量でありましたが、この雨でキノコが生長するものと思われます。雨域が東に去った後には寒気移流がありましょうが、ヒラタケは西日本では広くカンタケ(寒茸)という別名がついています。気温が低いのは大丈夫です。平茸は晩秋から初冬のキノコで、暖冬の年には真冬でも出てきます。


【↓ おたけさんの作品です。見事な寒茸であります。】
ヒラタケ(寒茸)

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.