雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
8月16日苗定植分のサツマイモを収穫するも、敗北宣言。
●11月中旬に入ると、上空の500hPa高度(おおよそ5100~5400mで一定しているわけではない)で-40度以下という真冬の寒気が北緯40度まで南下し、地上気温も急激に下がってしまいました。旧洲本測候所の気温推移を見ても、11月10日以降は最低気温が平年値よりも3~4度低い日が多いです。29日には3.2度まで下がり、正式記録ではないにしても久しぶりに11月の初雪を見たのです。暖冬ならば12月中頃までサツマイモを畑に置くつもりでしたが、この霜月寒波で寒害発生の危険性が高いので、11月29日にサツマイモを収穫しました。
洲本特別地域気象観測所の気温推移

【 ↓ 8月16日に苗を定植後105日目の、11月29日のサツマイモの茎葉の状態
8月16日苗定植後105日
↑ ハッキリ言って、蔓や葉の生育はあまり良くありません。苗を定植した8月16日頃は、西日本は猛烈な高温でスーパー熱帯夜が続いていました。8月に入ってから降雨もなく土壌が乾燥しきっていました。苗の植え付けに際し灌水はしていますが、土壌の水分不足で苗が十分に生育出来なかった可能性が高いのですが、植え付けた苗は自分で育苗しましたが管理が悪く若干老化苗であったことも原因しているかもしれません。それからイノシシ防護の柵にトタン板を設置していたためトタン板で被陰されたこともありそうです。しかも、このサツマイモの畑の上にスモモの樹の枝が伸びていたので日蔭となっていました。さらに、この畑は昔はミカン畑だったのですが、長年耕作放棄していて新たに開墾したも同然で、茎葉が伸長するに足る窒素が不足していた?ことも考えられます。あれやこれやの要因でこのサツマイモの蔓の生育はかんばしくありませんでした。

【 ↓ 11月29日午後3時のサツマイモの畝の地温は(地表から5センチ下)11.4度
地温は11.4度
この時の外気温は8度ぐらい。地温10度以上をキープしているので、もうちょっと畑に置くことが出来たかもしれないが気温が下がり過ぎです。ちょうど西日本が寒気移流場の位相になってしまったので、しかたがありません。ちょっと暑かったらマスコミは騒ぐけれども、そもそも北半球は海陸分布が半々であり、海水と陸地は比熱が大きく違う。これがあるため北半球の偏西風は南半球とことなり大蛇行するのが本質です。しからば、任意の定点上をサインカーブが時間移動するのを考えたら明白ですが、2~3カ月ごとに寒気移流場、暖気移流場を繰り返しがちです。暖冬になるのを期待しましたが外れです。

【 ↓ 温度不足、生育日数不足で未熟イモが多いです
先の尖った未熟芋が多い
↑ ちょうど北海道のサツマイモみたいです。北海道はジャガイモには適地で日本で消費されるジャガイモのほとんどが北海道で生産されていますが、できれば積算温度3000度がほしいサツマイモには、北海道の気候では温度不足で細長く先端が尖ったイモになりがちです。十分に生育したイモというのは、たとえ長いイモであっても先端までふっくらと丸いイモであります。簡単に見分けられます。

洲本特別地域気象観測所の今年の観測データから計算すると、8月16日~11月29日の積算温度は2083.8度で、3000度には遠く及びません。(日平均気温25度が120日で3000度であります) 基本的に熱帯サバンナ気候の植物であるサツマイモを十分に栽培するには、やはり暖候期の4か月が必要です。本土でのサツマイモの苗定植の遅植え限界は7月15日とされますが、さらに1か月遅く植えるのは無理がありました。17株植えて収穫量がほぼ10キロでしたが、暖候期に4か月栽培すれば1株収量1.5~2キロぐらいになるので、失敗と言わざるをえないです。よって敗北宣言をいたします。

ただし、本土でのサツマイモの二期作は可能か? というテーマでの試験的栽培であります。8月1日に苗定植では十分な収穫が期待できることが判明し、8月16日に苗定植では十分な収穫が望めないことがかなりハッキリしました。そういう意味では敗北ではありません。サツマイモの二期作を行う場合には、一作目は黒マルチや、あるいはビニールトンネルを行って地温を高め、4月上旬に苗を定植7月末に収穫することが必須条件でありそうです。 二作目は8月上旬に苗を定植、11月末に収穫です。


サツマイモの二期作は可能か? (その1)
サツマイモの二期作は可能か? (その2) 食べて何を応援するの? 政府の補償金減額を応援するのか?
サツマイモの二期作は可能か?(その3)世界50ヶ国が東北地方・関東地方の農産物・食品を輸入規制している!
サツマイモの二期作は可能か? (その4) 夏の終わりの寂寥感…
サツマイモの二期作は可能か? (その5) 食糧増産のために更なる温暖化が望まれる。
サツマイモの二期作は可能か? (その6) イモ掘りの目安は日最低気温平年値が10度
サツマイモの二期作は可能か? (その7) 離島振興法の功罪、罪の部分を考える
8月1日苗定植のサツマイモを収穫

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.