雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
様子見…。この国はもう終わりかもしれない。
ネットとは一体何だったのだろうか?
たぶん、多くの人々は勘違いしていた。
誰でもが情報発信できる便利なツールなどでは、けっしてない。
そもそも日本は独立国ではないのであり、
プランテーションの反乱分子を抽出するためのトラップだったんだ。
1本でも反体制的な文章を書いていたならば、要注意である。
原発を批判する文章が1本でもあれば、危険だ。
ネット過疎地だからといっても、必ずしも安全は保障されない。
宗主国では愛国者法(PATRIOT Act)で何万ものブログが閉鎖させられた。
消息不明者が大量にでているという…。
猪瀬氏が官憲に逮捕寸前だ。確かに法に抵触しているようであるが、
背景には東京オリンピックという巨大利権の主導権を握ろうとする
国と都の確執がありそうな感じ…。
権力を敵に回したら都知事さえも、ひとたまりもない。これが権力の恐さだろう。
まして、しがない庶民では、あの人いつの間にか居なくなったね、でおしまい。

この国で生存するには、全てを消去して、(消去しきれないかもしれないが)
物言わぬ路傍の石仏になったほうがいいかもね?
見ざる言わざる聞かざるの賢明な猿の精神で。
もしかすると、この国はもうおしまいかもしれない。


日光東照宮の、Three wise monkeys
日光東照宮の三猿
↑ Wikipediaから借用
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.