雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
10.13 原発反対の巨大デモの行方は? 大注目です。
10.13 国民の原発反対への怒りが爆発するか?
●本日は2013年10月13日(大安)であります。本日、日曜日の大安の佳き日に東京で大規模な原発反対デモが行われるようです。なんと、原発反対運動を展開している3つの大きな団体が統一行動をとり、原発反対運動を燃え上がらせるようです。で、どの程度の規模のデモになるのか? 数万人のオーダーか? あるいはそれ以上なのか? 願わくば、かつての日米安保反対の国会議事堂前の50万人規模のデモに匹敵するような盛り上がりを期待したいところです。と申せば、ならば、当然お前も参加するのだねと聞かれそうですが、わたくし山のキノコは参加しません。参加したいのはやまやまなのですが、東京に行くのには結構お金が要ります。山のキノコは貧乏なのでカネがありません。ま、大阪でもやるというのであれば参加しますよ。

10.13 原発ゼロ★統一行動を起こす3団体
首都圏反原発連合
さようなら原発1000万人アクション
原発をなくす全国連絡会 


マスゴミどもは、恐らくこの巨大デモを無視するのでは?
●この原発反対3団体の統一行動によって、原発反対巨大デモがどれぐらいの参加者動員になるのか? そして、この巨大デモを政府の走狗と成り下がった新聞やテレビが、ちゃんと報道するのかどうか? その点からこの国の先行きを占うことができそうです。大注目でありますが、おそらくマスゴミどもはこの巨大デモを無視するのではないかと想像しています。


巨大デモのチラシ

巨大デモのチラシ

追記
●NHKの夜7時のニュースでは、全く取り上げられませんでした。やはり 「NHK」 は 「犬HK」 などと揶揄されるだけのことはあります。NHKは国家権力 (すなわち原子力ムラの利権者たちに同義) に支配されているのは間違いなさそうです。NHKは視聴者 (国民大衆) から視聴料を徴収して運営しているにもかかわらず、顔を国民大衆の方へは向けていないようです。もっとも、夕方のニュースでは少し報道されたみたいです。しかしながら、夜7時のニュースが大黒柱的メインニュースであるから、夜7時のニュースで報道しないのは作為的です。全く無視できないから、しかたがなくメインでない時間帯のニュースでちょっと取り上げたのであろうと思われます。

【中日新聞Webより】
毎週金曜日に首相官邸周辺で脱原発を求める活動を続ける首都圏反原発連合など3団体は13日、「原発ゼロ統一行動」として東京都心で集会やデモ行進をした。主催者によると約4万人が参加。霞が関の官庁街や東京電力本店前を「原発いらない」「再稼働反対」と訴えながら歩いた。 3団体の一つ「さようなら原発1000万人署名」運動に取り組む団体の呼び掛け人でノーベル賞作家の大江健三郎さんは「3・11の後、原発全廃が日本人の考えだと感じたが、今は正面に押し出す人が少ない。2年半前の決意が危うくなっているのではないか」と、集会で脱原発を訴え続ける重要性を強調した。




↓ 反原発作家の広瀬隆氏の渾身の訴え。フクイチ原発は津波でやられたのではありません。500ガルの地震動で無数に張り巡らせてある配管が破断しました。現場作業員から沢山の証言が漏れています。国内の内陸地震(直下型地震)では最高でなんと4000ガルが観測されているから、次の地震で必ずどこかの原発がやられます。愛媛県・伊方原発が12月1日再稼働を狙っています。伊方原発再稼働阻止のため、瀬戸内海沿岸の住民は立ちあがれ!

些細なことですが、広瀬氏は計算間違いしています。7月25日にフクイチ原発の大熊町住宅街のど真ん中で(誰も測らないから)放射線量を測定したら320マイクロシーベルト/時であったが、年間線量に積算したら7シーベルトであると言っています。
320(マイクロシーベルト) × 24(時) × 365(日) = 2803200 ≒ 2.8(シーベルト)
2.8シーベルトではないのか? ま、これとて致死的ではあるでしょうが。



↓ ラップ調の即興曲に合わせて、デモ参加者がシュプレヒコールを唱和します。半ばダンスを踊るノリで、原発反対の示威をするのが最近の傾向でしょうか? これは新しいデモのスタイルなのか?


↓ あれっ? 菅直人氏が参上! (少し苦笑) けれども、原発再稼働阻止するためには、それぞれの主義主張はいったん横に置いて、小異を捨てて、大同団結することも必要でしょう。お仲間は1人でも多いほうがいいハズです。最近あの小泉純一郎氏も原発反対の講演活動をしています。小泉氏には毀誉褒貶は著しいですが、一旦それには目をつむるべきかも?


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.