雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
しのびよる軍靴の足音…。極右の台頭を懸念します。
●自民党の悲願は憲法改正であろうことは容易に想像できるわけです。平成24年4月27日付けで、自民党は憲法改正草案を発表しています。その憲法改正草案を読むと、非常に復古調というか、戦前回帰の色合いを多分に含んでおります。 自民党の選挙ポスター のキャッチコピーは「日本を取り戻す」という文言が書かれています。以前、腹痛を起こして首相の座を無責任になげうった阿部氏が、キリリとした表情で何を取り戻したいのか? 経済や教育や外交などを取り戻すと項目をならべてはいますが、本当のところは、かつての帝国主義時代の戦争が出来る日本を取り戻したいのではないのか? そういう懸念が湧いてくる憲法改正草案であります。 

自民党が平成24年4月27日に発表している憲法改正草案はこちらです。
まず、現行憲法の前文を掲げ、次に、自民党憲法改正草案の前文を引用して、両者を読み比べてみます。

現行憲法の前文
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


●現行憲法の前文を読んで、気づくことは2点あります。というよりも、この2点だけを述べているといってもいいと思います。現行憲法の前文は、とても格調高い文章であります。

① 徹底した国民主権の思想。「主権が国民に存することを宣言」とか「国民の厳粛な信託」とか「その権力は国民の代表者がこれを行使」など表現する内容はみな同じです。同じような言葉を、繰り返し、何重にも言って、強調しているのです。君主であるとか、腕力の強い者、財力のある者、などに権力があるのではない。権力はそもそも国民にあるんだ。と、国民主権は不偏的な原理なんだと言っています。

② 平和主義の宣言。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」というのは現実には不公正も不信義も沢山あります。「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会」というのも現実離れした絵空事かもしれません。そうであっても、平和を求めるのは政治道徳であります。それはドグマ的というか、理想論ではあるけれども、我が国は平和主義なんだ、ということであります。

●もちろん、この現行憲法は、連合国軍(米軍)の統治下にあった時代の押し付けられた憲法であります。形式的には日本人が草案を書き、日本の国会で採択したので、日本人みずからの手になる憲法ということになっています。しかしそれは建前であって、マッカーサー元帥が原案を提示し、盛り込むべき内容を指定し、草稿をチェック何回も書き直させたことから、全くの押し付け憲法であることは異論がないでしょう。ま、押し付けられた憲法ではありますが、不偏的原理・政治理念を高らかに謳う素晴らしい文章でありますから、これを捨てる必要はないと思います。これを捨てるのは勿体ないです。

自民党の憲法改正草案の前文
日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴いただく国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて統治される。
我が国は、先の大戦による荒廃や幾多の大災害を乗り越えて発展し、今や国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、世界の平和と繁栄に貢献する。
日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り、基本的人権を尊重するとともに、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する。
我々は、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ、教育や科学技術を振興し、活力ある経済活動を通じて国を成長させる。
日本国民は、良き伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するため、ここに、この憲法を制定する。


自民党憲法改悪草案は、現代版『教育勅語』だ!
●なんとも品のない文章です。格調が全くありません。現行憲法が崇高な理念を謳うのとは雲泥の差であります。自民党は、現行憲法が謳う国民主権と平和主義が嫌いなのでしょう。「天皇を戴いただく国家」とか、「国家を形成する」とか「国を成長」「国家を末永く」などの表現が目立ちます。現行憲法前文では「国民」という語句が頻繁に出てきます。一方、自民党草案では「国とか国家」が強調されています。「三権分立に基づいて統治される」という文言があり、国民主権ではなく、「司法」や「行政」すなわち「統治機構」に主権があるんだ、と言っているように聞こえます。国民に主権があるのは建前であって、統治機構を切り盛りする官僚に主権があると言っているように聞こえます。極めて国家主義的な前文です。

憲法の前文なのでありますから、法体系をつらぬく、あるべき基本的な法道徳とか、めざすべき高い理念とかを宣言するというふうなものでなければならないのに、品がないとしか評しようがありません。戦後うまれの若い人は知らないでしょうが、わたくし(山のキノコ)のような年寄りには戦前の 『教育勅語』 を連想させられる自民党草案です。自民党草案と教育勅語には類似する文言が随所にみられます。文語調の表現が現代風に換言されているだけであって、国家中心主義の復活と言っていいでしょう。

「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」→ 国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り
「皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ」→ 国民統合の象徴である天皇を戴いただく国家であって
「父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ」→ 和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って
「天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」→ 国家を形成する。活力ある経済活動を通じて国を成長させる。

現行憲法 = 国民の憲法、支配者の暴走を牽制するための憲法

自民党憲法 = 国家の憲法、支配者が国民を支配するための憲法

平和主義も明らかに後退しています。「先の大戦による荒廃や幾多の大災害を乗り越えて発展し」という文言を見ると、無理な戦争を起こして300万人もの有為な若者を死に至らしめた「反省」が消えています。戦争と災害を並列的に並べているのは、戦争を自然災害みたいに思わさせるのを狙っているのでしょう。戦争は戦争でメシを喰う軍需産業などの戦争屋(戦争利権者)が、自己の利益拡大のために、強力なロビー活動や世論操作を行って、人為的に起こすものです。自然災害とは本質的に異なります。

●自民党の憲法改正草案の条文を順に読んでみましたが、天皇を元首と規定したり、国防軍の創設でありとか、総理大臣は現役軍人はダメ(ということは退役軍人ならば良いという意味だろう?)、政府は緊急事態宣言が出来て個人の権利や自由が制限されるとか、国会の過半数(3分の2ではなく、半数で)で憲法改正が出来るとか、かなりヤバそうな条文がたくさん新設されています。

おそらく、対米隷属のこの国のあり方から想像すると、米国の意向を受けて自民党が動いているのではないか? 日本が米国の要請があれば、世界のどこにでも出て行って、米軍と日本軍が一体になって戦争が出来るようにと環境づくりを狙っているのではないのか? しかしながら、米国が仕掛けたイラク戦争に全く大義はありませんでした。国際社会が大量破壊兵器があるのかどうか確認ができるまで待てと制止したにもかかわらず、ブッシュ大統領は開戦しました。イラクが大量破壊兵器を隠し持っているというのが開戦の理由でした。しかしながら大量破壊兵器は存在しなかったことが明らかになり、これはブッシュ大統領も認めました。日本はこのままでは大義なき戦争に巻き込まれていくのは必定です…。自衛隊に替わって国防軍が創設され、志願兵が募集されるでしょう。失業した人を勧誘して志願兵集めするのは暴力団の仕事です。(被曝を余儀なくされ白血病などを罹患しても補償もない原発労働者を集めるのが暴力団の資金源なのは紛れもない事実ですよ)

近未来を想像すると、景気がよくなるハズなど決してありません。なぜならば、不況であるならば失業者があふれます。若い世代の失業者が大量にいないことには国防軍の人員を充足させることができないからです。米国でも軍隊に入隊するのは失業者とかの社会的弱者です。だから、意図的に不況に誘導するという政策がひそかに行われるハズですよ。実際に早くも自衛隊の定員の増強が失業対策になるなどと公言し始めています。行うべきは不況を脱する政策であるのに、不況を容認して失業者を増やすハラが透けています。さらに、もし志願者だけでは人数がたりなければ、徴兵制が敷かれるでしょう…。

徴兵される危険性のある20代~30代の若い有権者は、しっかりと反対しなければならない。もちろん、わたしら年寄りも反対するけども、常に政府はウソをつくということを若い世代も気づかないといけません。


スポンサーサイト
コメント
コメント
少し前に、「カードキャプターさくら」という、NHKで放映されたマンガが流行っていました。うちの息子(36歳、無職)も、「さくらたんハァハァ」と一生懸命見ています。だいぶ前に終わったのに、 ビデオ屋などに行くと、根強い人気を持っているとのこと。
さて、「さくら」という名前を女の子に付ける親が、ここのところ急増したと、先日の「朝日新聞」に書いてありました。今の若い人は知らないと思いますが、桜は戦争=軍国主義のシンボルでした。アジアの人々の心をあざ笑うかのように、最近の靖国公式参拝を公言し、異を唱える市民を「頭のおかしい人」と冷笑するタカ派の小泉首相の異常な人気を考えると、さもありなんという気がします。

このマンガは、主人公の女の子がいきなり「あんたはカードキャプターや!」と有無を言わさず言われて、戦わされます。私はふと、かつて若者が「赤紙」1枚で無理やり兵隊に取られた過去を思い出しました。そんな時代はもういやです。スタッフの皆さんには、戦争で亡くなった方はいないのでしょうか。平和を愛する人間らしい気持ちはないのですか!なによりも平和が一番です!

また、「愛がなくなるなんて悲しすぎるよ」と言って、悪役と戦うシーンがありますが、侵略戦争はいつも「お国のため」といったきれい事のもとに行なわれるのです。このマンガが、軍国主義を扇動している危険なマンガに見えるのは、私だけでしょうか。

NHKは不偏不党と言うのは、真っ赤なうそだと、本多勝一さんも書いておられます。実際には、世界に誇る平和憲法をないがしろにする、危険なマンガを垂れ流しているのです。

私には、NHKをつけると映ってくる、この小さな女の子の「はにゃーん」という声が、若者を戦争へと駆り立てる軍靴の足音に聞こえてなりません。カードキャプターならぬ、赤紙キャプター「同期の桜」の時代はもうたくさんです!
2013/11/27(水) 17:13:52 | URL | #4..D0ZHk [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.