雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
テレビは物事の一面しか伝えない…
You Tube動画を見ていたら、テレビの正体が如実にでている投稿動画がありました。いったい、テレビというものは顔をどちらに向けているのであろうか? すくなくとも、国民や視聴者の方向に顔を向けているものではないことはハッキリしています…。民主党の代表選挙街頭演説会の動画も、どのような立場・視点で撮影編集するかで全く違ったものになります。テレビが放映したニュースと、演説会の聴衆が撮影したものと思われるものとを、見比べてみました。

    *************************

すさまじい怒号や罵声の嵐、国民は怒っている
次の2つの投稿動画が、街頭演説会がどういうふうな雰囲気であったかよく伝えています。「人殺し!」「とっとと解散しろ!」「帰れ!」のすさまじい怒号とヤジの嵐です。「帰れ!」のシュプレヒコールが続きます。街宣車の上に並ぶ “白アリ4人組” を目の敵にしてあらん限りの罵詈雑言を投げつけているという感じです。「人殺し」のシュプレヒコールのなかで、ときおり抗議の絶叫がまじります。「原発やめろ!」の声も聞こえます。

919民主党代表選挙新宿駅西口街頭演説会

120919民主党代表選街頭演説(野田佳彦)

聴衆から、拍手は一切ありません。拍手しているのは街宣車の上の白アリたちが自分らで拍手しているだけです。民主党は街頭演説会の日時は発表しましたが、場所は明らかにしなかったのですが、おそらく場所を発表したら、抗議の数十万人のデモ群衆が殺到するのを恐れたのでしょう。場所を発表しなかったので、聴衆が少ないです。しかし、この聴衆は明らかに聴衆ではありません。抗議に来たという感じであります。老若男女いろいろな人が集まったようで、特定の団体が集まったというのでも全くなさそうです。とにかく、野田政権には反対だという思いで各自が集まり、叫んでいるのではないかと思われます。

    *************************

物事の一面だけ切取り、都合良く編集するテレビ
フジテレビをキー局とするFNNニュースが投稿されていましたが、早晩に、著作権侵害だとイチャモンをつけて削除されるかもわかりません。で、このYou Tube投稿が何時まで見られるかわかりませんが、先にあげた一般の人の撮影したものとは異様なほど異なります。唖然とするほどの落差があり、テレビというものは、ここまで編集をするのか?と驚かされます…。

民主党代表選 野田・赤松・鹿野3氏が街頭演説(FNN)

怒号も、罵声も、シュプレヒコールも、集まった人々の渾身の叫びも、きれいに消されています。全く何事もなかったかのようです。テレビの取材陣たちも聴衆の側から取材しているハズなのに、聴衆のヤジや怒号が一切入っていないのは、よほど高性能の非常に集音レンジの狭い指向性マイクを使って野田佳彦氏の声だけを拾い、さらに編集段階でヤジの声を消しているのでしょうかねえ?

怒号やヤジが完全に消し切れていないので、かすかに聞こえています。街頭演説が行われたというニュースであるのに、聴衆の姿とか、街の様子(道を行く人が立ち止まって聞く姿とか)が一切写されないのもおかしいです。聴衆や街の様子を写さないと、本当に街頭なのか? 首相官邸の中庭でやっているのじゃねえのか? という疑惑さえ出てきます。そう考えると、やはり聴衆や街の様子は写さなければ「意図的な情報隠し=怒号隠し」だと言われてもしかたないでしょう。

●街頭演説会を行ったというニュースであるからには、演説用の街宣車の上だけを撮影したのでは物事の一面しか伝えていません。演説者と聴衆とは1つの対をなすセットであって、片一方だけでは演説会は成立しません。聴衆の反応を伝えるのもニュースであるハズです。なのに、聴衆を一切写さないのは作為的であります。このFNNニュースを見る限りでは、野田佳彦氏は聴衆に語りかけているのではなく、壁に向かってしゃべっているように見えます。結局、野田佳彦氏の演説の要点を字幕にしてまで、耳で聞き、目で見て、印象的に記憶に残るように工夫して、野出佳彦氏の広報活動をテレビがしているのです

●これが、もし、小泉純一郎氏が登場したときのように、聴衆が万雷の拍手と「純ちゃ~ん」という黄色い声で拍手喝采・大歓迎されたふうであれば、聴衆を写して放映したでしょう。けれども、国民は怒っているということが知られたくないという、テレビ会社の意図がありありと透けて見えています…。

    *************************

おそらく、次の選挙で民主党は消滅に向かうのではなかろうか? 野田佳彦氏の選挙区で落選運動が起きています。ひょっとすると、野田氏自身が国会に帰ってこれないかも?
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.