雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
お盆に咲く花2種
タカサゴユリ? あるいはシンテッポウユリ?
●日本はユリの国だといわれて、沢山の種類の自生種が各地にあるのですけれども、淡路島南部には真の自生種はササユリしか分布していないです。諭鶴羽山系で見られるオニユリは 史前帰化植物 とされていて大昔にユリ根の食用のために中国から持ち込まれたのではないか?とする説が有力みたいであります。

●一方、写真のタカサゴユリ? もしかしたらシンテッポウユリ? は明らかに新帰化植物であります。戦後になって急速に広がったようです。江戸時代後期から以降は貿易が盛んになって(江戸期でもたとえば薩摩藩などは琉球国を通じて中国と盛んに交易していた)外国の植物がたくさん我が国に侵入してきました。江戸後期以降に侵入してきたものは新帰化植物と言っているようですが、それ以前のものは旧帰化植物と区別しています。侵入した時期により、史前帰化植物・旧帰化植物・新帰化植物と分けられています。

タカサゴユリ
↑この花の説明は拙稿 お盆のお供え花に重宝な「雑草ユリ」 参照。本日、ご先祖様のお墓詣りに行ったのですが、霊前に手向ける花を調達するためにスーパーに寄ったところ売り切れ! で、なんにもありません。しかたがないから、この雑草ユリと次のハマナデシコの枝をお墓に立てました。やはり、このタカサゴユリ? あるいはシンテッポウユリ? は重宝しますね…。なんといってもタダです。消費税が上がって可処分所得が少なくなった庶民大衆は、お墓の花はこれで上等です。節約をして生活を防衛しましょう!! でも、日本経済が崩壊するかも??

テッポウユリ ………… 琉球諸島原産のユリ
タカサゴユリ ………… 台湾原産のユリ
シンテッポウユリ …… 上の両者の園芸交雑種

鑑賞用に戦前に導入されたタカサゴユリが野生化した可能性もありえるでしょうし、品種改良のためにテッポウユリとタカサゴユリとを交配したものが野生化した可能性もありえるでしょう。どちらであるか決めるのは、染色体を調べたり、DNA解析なのでしょうかねえ??


    *************************

ハマナデシコあるいはフジナデシコ
ハマナデシコ(フジナデシコ)
↑南あわじ市灘土生(なだはぶ)です。本日8月14日に撮ったのですが、花期は長く6月ごろから秋まで何カ月も花が見られます。海岸県道の法面の落石防止金網の間から茎を伸ばしています。法面はコンクリートの吹き付けをしていますから、僅かの割れ目に生えたのでしょう。劣悪環境でも逞しく育つ丈夫な植物のようであります。海岸を美しく飾る観賞価値の高い野草であります。

●ハマナデシコという標準和名は、あきらかに浜(海岸)に生ずるナデシコという意味だと思いますが、別名のフジナデシコという名称の意味は、花の色が藤色を帯びた桃色であることから言うのでしょう。明らかに富士ナデシコではない筈です。なぜならば、富士山周辺にのみ分布するフジアザミなどと違い、フジナデシコの分布は本州から琉球に至るまで分布が広いからです。

ハマナデシコの花
↑分かりやすく言えば、野生のカーネーションの一種です。母の日の贈り物にするカーネーションと同じナデシコ科ナデシコ属の植物です。が、花は小さいです。花は花弁(花びら)は5枚あり、その花びらの先のほうはギザギザになっています。

●本種はナデシコ属の海岸型で、海岸の潮風や乾燥や強光などの環境に適応して進化したのでしょうが、葉がとても厚くボタッとしていますし、テカテカと光沢がある照葉です。諭鶴羽山系の内陸部に見られるカワラナデシコは茎が細くてひょろひょろと華奢な感じですが、ハマナデシコは海岸の強い潮風に耐える為に茎は太くガッチリしています。ま、いわば骨太のナデシコと言えましょう…。

ハマナデシコの花
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/06(木) 09:32:06 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.