雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
本当の世論は、“原発再稼働反対” の人が90パーセントだろう。
●原発の再稼働・原発の温存によって膨大な権益を得る連中はたくさんいます。日立・東芝・三菱等の原子炉メーカーたち。沖縄電力をのぞく国内9電力会社。原子力工学科を擁する大学の御用学者たち。原子力政策を進める経済産業省や政府に出向する官僚たち。日本の核武装を主張する軍事オタク政治家、また原子力関連会社の労働組合から票をもらうひも付きの族議員たち。そして何よりも、自分の言葉で語るのではなく、現 財務事務次官・勝栄二郎なのか?現 在日アメリカ大使 ジョン・ルースなのか? は想像するしかないが、明らかに誰かに操られている傀儡政権の豚型ロボット首相の野田佳彦…。こういった連中が強固な官民連携原発コングロマリットを築きあげ、おぞましい「原子力村」を形成していることは今さらしつこく言うまでもありません。

●また、時事通信社・共同通信社はもちろんのこと、電通など広告代理店も、大手5大新聞・テレビのマスメディアや、一部の出版社、インターネットの大手ポータルサイトも、およそこの国の言論機関は全てといっていいほど、「原子力村」の下部構造として、言論統制・言論弾圧・世論操作・マインドコントロールの実働機関に組み込まれています。この国には、もはや報道機関独自の自主的な取材にもとづいた自由な報道など全く存在しません。そこにあるのは報道機関が政府や原子力村の意向を忖度し迎合したキャンペーンでしかありません。早い話が報道機関はもはや政府や原子力村の「広報機関」だということであります。

●しかしながら、原子力村がいかにキャンペーンを張ろうとも、安全神話の復活をもくろんでも、原発の必要性を訴求しようとも、また電力不足を演出して停電の危機で脅迫しようとも、もはや国民・有権者は原子力村のやつらが言うことなど全く信用しないのです。マスゴミ自体が行う世論調査には、まったく信頼性がありません。政府の手下であるマスゴミには中立・公正・政治的不偏性がないので、信頼性がないのです。ここでもし全く不偏中立の立場の組織が世論調査をやったならば、原発再稼働反対の人が90パーセントの比率になるでしょう…。

原発が安いって? アホなことを言うな。電気代に直接反映させないけれども陰から税金等を流し込んでいる費用負担があるじゃあないか。諸々のバックエンドの費用には十分な手当ての積めていないものがあるじゃないか。何万年もの管理が必要な高レベル放射性廃棄物の処理にかかる費用などは、いったいいくら要るのかその費用見積もりもできないじゃあないか。そもそも、原発はすさまじい利権の巣窟じゃろが! だいいち、安全性の議論以前の深刻な人権問題として、原発稼働には被曝を余儀なくされる原発労働者の存在があります。原発労働者は使い捨てにされているだけでなく、その人集めが暴力団フロント会社のビジネスとなっていることはよく知られています。原発にはあまりにもダーティな暗黒部分が多すぎます…。が、それは広く知られてきました。もはや、マスゴミを通して行われる原子力村のゴミのようなキャンペーンなど信用する国民はいないのです…。

●政府や原子力村の言うことなど、もはや、国民は信用していないので、大勢の国民が首相官邸に押し掛けて抗議のシュプレヒコールを上げています。大規模な抗議デモが起こっているというのに、マスゴミはほとんど報道しません。偏向・政府広報の大新聞や、低俗ゴミ番組ばかり放送するテレビは、一体どっちの味方なのだろうか?

YouTubeには原発再稼働反対の動画であふれかえっています。

2012.6.15 首相官邸前 原発再稼働反対デモ 参加者数11000人

大飯原発再稼動ダメっ20120615官邸前.MOV

3 首相官邸前 揺れ動く大飯原発再稼動に抗議
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.