雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
5月29日午後5時、南あわじ市で強烈な雷雨があった。
5月29日午後5時前後に、わが淡路島で強烈な雷雨がありました。 午後4時半ごろ、俄かに空がかき曇り、日没までにまだ2時間以上あるのに、辺りは夕闇が迫ったかのように暗くなりました。道路を行く自動車はヘッドライトを点け、街灯が点灯しました。雷鳴が轟くと同時に、北西の突風が吹きだして激しい雨が降りました。ただし30分か40分で終わったです。雹がみられるか?と思ったのですが、見られませんでした。
灘土生で、17時00分から17時10分のあいだの10分間に、25㎜の降雨を国土交通省が観測しました。各地でごく短い時間でしたが、10分間雨量で10~15ミリを記録しました。

008_convert_20120529190106[1]
↑ 気象庁HP から。5月29日16時50分のレーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)の画像です。わが淡路島の南あわじ市に降雨強度80ミリ/時の赤いエコーが生じています。

010_convert_20120529190146[1]
↑雷雨の前の14時には、南あわじ市阿万塩屋にある(国立淡路青年の家の入り口付近)アメダス南淡の気温は、25.2度でありました。13時20分には本日の最高気温27.7度をつけています。

011_convert_20120529190227[1]
↑雷雨が発生しましたら気温が急降下です。17時正時には画像の通り17.7℃であります。17時29分には17.3度まで下がっています。雷雨の前後で気温が7~8度下がりました。風は16時53分に北北西の最大瞬間風速13.8メートルを記録しています。雨量は17ミリでした。

013_convert_20120529190344[1]
↑500hPa面の高層天気図です。28日21時の天気図です。この時期としては強い寒気が日本列島の上空に侵入しています。鹿児島で-16.3度(平年比-8.0度)です。

012_convert_20120529190307[1]
↑こちらは29日09時の高層天気図です。潮岬で-16.7度(平年比-6.5度)です。八丈島で-16.9度(平年比-7.3度)です。西日本上空にも平年比で6℃~8度低い寒気が侵入して大気が不安定になったようであります。日中地表付近の気温が上昇し、上空500hPa面との気温差が40度をかなり越えた模様です。
次の上空の寒気がバイカル湖付近から、日本を虎視眈々と狙っています。今年は雷雨の当たり年かも??
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.