雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
ホンシャクナゲの開花が進行中!
シャクナゲの開花状態を下見に行きました。 なんと、既に開花が始まっていました。今年の冬から3月には、厳冬(寒冬)でシャクナゲの開花は相当に遅れるだろうと予想していましたが、4月になって気温が平年値を上回るまで回復しました。5月13日にシャクナゲの観察会を企画しておりますが、ひょっとすると数日遅すぎるかもわかりません。ま、しかしまだ堅い蕾が残っているので、13日でも全く花がないなどということはなさそうです…。

以下に掲示した写真は、全て昨日の5月7日に撮ったものです。場所は観察会を予定している場所とは全く違うところで、諭鶴羽山と柏原山とのほぼ中間地点です。海抜は250mで、ごく低いところです。じつはこの場所が簡単に行ける自生地なのですが、鉢植えに出来るような幼木が沢山あるところなので、残念ながら、ここがどこなのか公開できません。公開しても盗る人がないようなマナーの良い時代がくればいいなあと願っています…。
今年は裏年なので、花が少ない
↑表年には枝先という枝先に花が着き、樹冠を埋め尽くすのですが、本年はチラホラとしか花がありません。
枝先に10花前後が付く

シャクナゲの蕾

ここの自生地には、背丈が50cm程度の幼木がありますから盗掘に遭わないよう保全する必要があります。
シャクナゲの幼木

シャクナゲの幼木

シャクナゲの稚樹
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.