雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
諭鶴羽山系のツツジ属(その4)「シロバナウンゼンツツジ」
●シロバナウンゼンツツジであります。略してシロバナウンゼン。漢字で書けば「白花雲仙躑躅」であります。ウンゼンツツジの花は淡いピンク色でありますが、本種の花の色は白です。『日本の野生植物』によれば、ウンゼンツツジの単なる白花品ではなさそうです。花色以外にも違いがあって、花がなくても区別ができるから、ウンゼンツツジの変種がシロバナウンゼンであります。しかし、ウンゼンツツジの単なる白花品のシロウンゼンというものがあるので、ちょっと、ややこしいです。そこで整理して記述します。

ウンゼンツツジ……(基本種)花は淡いピンク色である。春葉の大きさ
          は5~10ミリ。春葉・夏葉の大きさの差は少ない

シロウンゼン………(基本種の品種)花が白いだけで、他は基本種と同
          じ。つまり単なる白花品である。

シロバナウンゼン…(基本種の変種)花は白。春葉の大きさは8~20ミ
          リで、夏葉より著しく大きい。基本種とは花だけ
          でなく他にも相違点がある。つまり、単なる白花
          品ではない。

●ウンゼンツツジとシロバナウンゼンは、その分布域も異にしています。両者には、生息地分割としての棲み分けが明瞭に認められます。

ウンゼンツツジの分布は、伊豆半島・紀伊半島南部・四国太平洋側・九州南部大隅半島で、襲速紀要素(そはやきようそ) の分布を示しています。

シロバナウンゼンツツジの分布は、山口県東部・広島県・岡山県・兵庫県・大阪府・和歌山県北部・徳島県北部・香川県・愛媛県東部で、これは瀬戸内要素の分布を示しています。

シロバナウンゼンツツジ
↑シロバナウンゼンツツジです。鮎屋水系源頭尾根にて5月7日に撮った。既に花はほとんど終わっていました。例年花期は4月中旬~下旬ぐらいです。僅かに2個花が残っていたのを撮りました。“表年” の満開のピークに行けば、枝の上に雪が積もっているように見えて壮観です。上品でとても美しい可憐なツツジです。諭鶴羽山系全体に自生するのではなく、主に、猪鼻川水系と鮎屋川水系の流域に見られます。

シロバナウンゼンの小さな株
↑これはシロバナウンゼンで、高さはわずか10センチほどしかありません。しかし、相当年数の古い株であります。横倒しになっている指の太さの幹があるのですが、これは枯れています。しかし根際が生き残って、ひこばえ状に新梢がたくさん出て盆栽のようになっています。小さくても樹齢は10年とか20年になるハズです。付近にはこのようなものが無数にあります。シロバナウンゼンツツジは生長が非常に遅いツツジであります。成木になっても1mかせいぜい1.5mで、針金のような細い枝が密に茂ります。

●さて、島内の山野草愛好家たちが、本種を「コメツツジ」などと呼んでいますが、誤称であります。シロバナウンゼンと呼びましょう。
「コメツツジ」は温帯上部から亜高山帯にかけて分布するツツジです。西日本では普通1500mを越えるような高所に行かないと見ることができません。コメツツジの分布は北海道から九州にまで及んでいるのですが、主に太平洋側の高い山の尾根などの “風衝地” に自生しています。西日本では大峰連山の山頂部のたとえば釈迦ヶ岳(1800m)・四国の剣山(1954m)~石鎚山(1981m)の脊梁山地の稜線・九州祖母山(1756m)傾山(1602m)などで、そんな高い山は淡路島にはありませんよ…。

★徳島県の三嶺(さんれい・1893m)は、国の天然記念物に指定されたコメツツジ群落に出会える山として、関西の岳人によく知られています。 三嶺・天狗塚のミヤマクマザサ及びコメツツジ群落

【両種の違い】
コメツツジ……枝先に1~3個の花が着く。花の径は0.8~1㎝。
シロバナウンゼン……枝先に1個の花が着く。花の径は1.3~1.6㎝。

【誤称の原因は2つ考えられます】
1、ツツジ類の園芸品種が沢山作出された江戸時代後期には、ウンゼンツツジはコメツツジと称されていたが、明治中期にウンゼンツツジを和名に採用しました。それで江戸時代の言い方がいまだに残っている。

2、だれかが植物図鑑などで名前をしらべて間違ってコメツツジだと同定してしまった。その誤称が島の山野草愛好家たちの間で流布してしまった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
シロバナウンゼンツツジ!
わたし家の近くの里山には、昔はシロバナウンゼンが、群生しており・・。
コゴメツツジと、呼んでおりました。

成人し登山するようになり・・コゴメツツジが三嶺に咲くと知り、確認してからは・・・誤称であった事が、分かりました。

今ではシロバナウンゼンと呼んでおります。 

我里山では、個体数がずいぶん減ってしまい・・近場ではみる事が出来なくなっていますので、 さみしい事です。
2015/05/20(水) 13:44:29 | URL | ちごゆり嘉子 #h/LGstSw [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.