雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
観測統計では黄砂観測日数は増えていない
観測統計を見れば、黄砂観測日数は全く増えていない!

本日は2018年4月16日(月曜日)であります。 本日はわが淡路島南部でも明瞭な黄砂が観測されました。(吾輩が観測したということであります) 先月からすでに何回も黄砂を観測しておりますけど、今日は視程がとても悪く、近景も中景も遠景も黄土色にボヤンとかすんでいます。遠くの山の見え具合で視程は10キロあるかなしかであります。今日は黄砂が顕著だったので写真を撮りましたけど、視程が5キロとか10キロある状態では、北京みたいな昼間でも夕暮れみたいな派手な黄砂写真は撮れません。西日本の薄い黄砂など写真に収めるほどのものじゃないのかも? やはり、昼なお暗く、道行く人々がマスクをするぐらいじゃないと報道的なニュース性もなさそう。つまり、ニュース性とは、「こりゃあ、大変なことだわ!」 と危機感を煽り立てることができるぐらいじゃないとダメなんだわね! 要するに、マスゴミが持つ煽り体質というのは当たり前といえば当たり前なんですね。「今日は、穏やかな良い一日でした」 がニュースになるのは正月元旦だけです。事件や事故が大きいほどニュース性が高いわけで、ニュースを過剰に大袈裟に深刻に報じるのがマスゴミどもの性(さが)なんですわ!

危機感を煽り立てるということでは、かつての二酸化炭素地球温暖化説のプロパガンダ・報道はひどいものでした。じつは、地球が温暖化するのは気候が穏やかになるのでとてもイイことなのに、つまり低緯度と高緯度の温度差が縮小し、上空の偏西風の蛇行が弱まり、温帯低気圧が猛烈に発達することがなくなります。(温帯低気圧は暖気と寒気のぶつかり合いで特に発達する) そのため荒れた天気が減るということで穏やかになるのに、温暖化で不当に金儲けをしたり地位を得たい連中が 「温暖化で大変なことになる」 と煽りまくりましたね。何でもかんでも温暖化と無理やり牽強付会して、温暖化で黄砂が増えてえらいこっちゃだ、などとアホみたいなことを言っていました。ところが、観測統計をキチンと見ればそんなことは全く起こっていませんわ。最近では政府も環境省も気象庁もマスゴミどもも、温暖化利権でメシを喰う連中も、温暖化をあまり言わなくなってしまいました。偽装や隠蔽も発覚し、不都合な観測データがいろいろと出てきて、「マズイことになった」 というふうな動揺さえ見られます。もうそろそろ温暖化利権者どもは年貢の納め時が来たようですが、温暖化利権に乗っかって税金をかすめ取った責任を取らせるべきです。それにしても、この国の納税者はおとなしくて、心が広く、寛大なことにはビックリします。安部デンデン内閣をまだ30%近くの者が支持しているというのは信じがたい。マスゴミのいう支持率がインチキ調査である可能性がありますが、もし、ほんまに3割近くの者が、民主主義を破壊し独裁者への道を歩む安倍デンデン内閣を支持しているんなら、この国の将来は絶望的だ。



黄砂で山が黄土色にかすむ


気象庁 「黄砂観測実況図」 を1枚借用します。モンゴル南部と中国 内モンゴル自治区に横たわる ゴビ砂漠 で13日ごろ砂嵐があったようで、2日とか3日かかって西日本まで黄砂が飛来してきました。西日本に到達するまでに粒子の大きな砂は重力で落ちたり、あるいは雨で吸着されてふるい落とされ、西日本に来るころには粒子の非常に小さな砂が残るだけで、北京のように昼なお暗いような状態じゃありません。別に、何も起こっていないからガタガタと騒いではいけないわけです。観測統計を見れば、温暖化で黄砂が増えるなどと言っていた妄言は、全くのでまかせであり嘘ッパチであります。

2018年4月16日、西日本の黄砂実況図


地球温暖化と黄砂観測日数との間に、相関関係も因果関係もあるようには見えない! 黄砂観測日数の長期的な変動は全く不明であります。そもそも、黄砂は年ごとの変動が非常に大きいようで、これを気候変動に関する何らかの指標にするのは無理でありましょう。ただ、黄砂の季節変動は明瞭で、春3月~5月に多く夏7月~9月にはめったに起ころませんね。何でもかんでも地球温暖化に絡めて結論ありきの報告や論文が多すぎますけど、たぶん、そうすれば研究費の助成を得やすいからでしょうね! 偉い先生が研究したら何々が分った、なんていう話は信用したらダメだということです。
1967年から2017年までの黄砂観測日数


気象庁サイトから 1967年から2017年までの黄砂観測日数表 を借用します。
1967年から2017年までの黄砂観測日数表

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.