雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
剣山雪見登山写真ギャラリー、2018年4月8日 (その1)
陳列している写真は2018年4月8日に撮影

06時15分です。旧一宇村漆野瀬の電光標識、ここで標高520m。このあたりから木々の上に薄っすらと雪があります。標識の文言ではチェーン規制はかかっていません。4月1日からチェーン規制は解除です。現実には規制の有無に関係なくドライバーの自主的対応が必要です。
旧一宇村漆野瀬の電光標識、ここで標高520m

旧一宇村桑平、標高620m付近の人家です。人家は標高800m近くまであります。4月でもこんな光景があるから、この辺りの住民の意識は太平洋側じゃないでしょうね。たぶん、おそらく、日本海側か寒冷地の意識じゃないかと想像します。ま、夏は涼しくていいでしょうね!
旧一宇村桑平、標高620m付近の人家

サクラの花の上に積雪どころか、葉桜の上に積雪です。
サクラの花の上に積雪どころか、葉桜の上に積雪

第一ヘアピンカーブ、ここで標高750m。この辺りではまだ路面には雪がありません。路面に雪が出てきたのは標高1000mより上です。
第一ヘアピンカーブ、ここで標高750m

06時54分です。休業中とされる剣山スキー場ですが、実質的には廃業だと思います。施設は閉鎖されています。冬季にゲレンデに来て勝手に滑るのは可能。ただしリフトは動かないので徒歩で山上に登るのが大変です。滑り降りるのはアッという間。登る労力が過酷なんで何べんも滑れるものじゃありません。徳島県のスキー場として開発されたのですが、徳島県 → 一宇村 → 平成大合併でつるぎ町へと次々に移管されました。つるぎ町の議事録を閲覧したら、スキー場の再開が議論されたようですが施設が老朽しているので再開はもはや無理のようです。地元の人に聞いたら、廃止とか倒産とか言わないのは、スキー場を廃止したらゲレンデを植林などして自然状態に復帰しなきゃいけないからで、それにはかなりのお金が要るとか、言っていました。ここで標高1360m。標高が高いので、雪質がいいと評判でしたけど残念ですね! たとえスキーをしなくても昼飯を喰う所として貴重な存在でした。
剣山スキー場、標高1360m

国道 (酷道とも言われる) 438号線、標高の高い部分では路面に積雪があります。積雪は少ないが路面がパリパリに氷っています。夏タイヤじゃ無理です。ここでは、4月中旬でもあり得る光景です。4月の雪は毎年見られます。これが、吾輩が冬タイヤから夏タイヤに履き替える時期を4月20日頃にしている理由です。
国道 (酷道とも言われる) 438号線、標高の高い部分には積雪
国道 (酷道とも言われる) 438号線、標高の高い部分には積雪
国道 (酷道とも言われる) 438号線、標高の高い部分には積雪
国道 (酷道とも言われる) 438号線、標高の高い部分には積雪
国道 (酷道とも言われる) 438号線、標高の高い部分には積雪

夫婦池の深いほうの池、くぼ地になっています。この地形は石灰岩地形で見られるドリーネ(くぼ地)?? 周辺には石灰岩が全く見られないので違うと思いますけど、いったい何でしょうかね? 不思議なくぼ地です。
夫婦池の深いほうの池

夫婦池の浅いほうの池
夫婦池の浅いほうの池

ラ・フォーレつるぎさんの植栽シャクナゲです。花着きはいかに? まもなくシャクナゲお花見シーズンです! ここは標高1450mで夏緑樹林帯です。考えたらシャクナゲのような常緑照葉樹 (紛れもなく照葉樹です!) がこんな高標高に自生し植栽されているのは奇妙です。で、そこは高標高の厳しい寒冷に対処するために葉を丸めてしのいでいます。樹が痛んでいるのではありません。暖かい日には葉が平らに戻ります。
ラ・フォーレつるぎさんの植栽シャクナゲ

剣山が見えてきました
剣山が見えてきました

左が三嶺、右が塔丸
左が三嶺、右が塔丸

高知県最高峰の三嶺 (さんれい、標高1894m) ですが、山頂は高知・徳島県境にあります。徳島県側では 「みうね」 と言っていますね。山の南側と北側で呼び名が異なっています。ここに我輩が最後に登ったのが20年前ですが、体重の増加に反比例して体力・持久力が低下して登れなくなっていましたけど、最近急激に体力が回復しました。で、たぶん今では登れるでしょう。そろそろ‥。三嶺は四国離れして絶景の山です。山頂付近は疑似的高山帯と言えるかも?
高知県最高峰の三嶺

07時26分、見ノ越に到着しました。朝、淡路島を02時30分に出発していますけど、5時間もかかっています。じつは、寝不足なんかじゃないのに道中にコンビニで車中仮眠を2時間。もしかしたら、ネジが緩んできたのかも?
見ノ越に到着

駐車場は積雪は少ないけどパリパリに凍結しています。
駐車場は積雪は少ないけどパリパリに凍結

駐車場二階は一面の雪原、積雪は8センチ。
駐車場二階は一面の雪原、積雪は8センチ

登山リフトは冬眠中です。
登山リフトは冬眠中

雪原にワダチのシュプール! リフトにまだ鬼が来ていないので大丈夫ですが、鬼がいたら怒られるところです。何べん怒られたことか。 ここの人らはよく怒りますね。こっちだって土産物を買うし昼飯も喰っているのに、ここの人らは接客態度が良くありません。山村僻地の人らは観光業に向いていないようです。ここは日本百名山の一つです。日本全国からお客様が見えます。素敵な景色と、爽やかな接客ならばどんなに遠くても、いつかまた来てくださいます。もう少し接客技術を磨くほうがよろしそうで‥。
雪原にワダチのシュプール!

スキーよろしく4つ輪の箱で滑り降ります。箱スキーであります。今季最後の滑りかも? でも、可能性としては4月20日までは積雪を見る可能性はまだ残っています。もうしばらく、高層天気図から目が離せません。
滑り降ります。今季最後の滑りかも?

08時18分です。劔神社 (標高1420m) の物置に掛けてある温度計は-5度を指しています。
劔神社(標高1420m)の物置に掛けてある温度計

08時44分、登山リフト山上駅 (西島駅) です。見ノ越の民宿街の下のほうの駐車場 (標高1390m) に車を停めて08時15分ちょうどに登山開始しました。ここまで所要時間は29分。一般登山者のやや早めのペースです。もっと急ぎたいところですが、雪があるため急ぐのは危険です。
登山リフト山上駅(西島駅)
登山リフト
登山リフト
登山リフト

じつは、山を破壊しているのは山を護ろうと言っている山岳観光業者だ!

よく怒られるので腹いせを半分含めて言うのですが、この登山リフトが霊峰剣山の癌でありましょう。安易に登れるので、こよなく自然を愛し山を愛する人ではないところの物見遊山客までが大挙して押し寄せます。で、山頂の平家の馬場が荒れて醜悪な木道が要るようになるわけです。日本百名山で山頂が一番醜悪なのが剣山かもしれません。本当に 「美しい山をいつまでも」 と言うのであれば、簡単に登れなくすることです。実は、山を擦り崩して自然を破壊しているのは、登山者ではなく山岳観光業者なのであります。山岳観光業者は山をダシにして金儲けをたくらんでいるだけであって、自然を護っているわけじゃありません。ちなみに、富士山は8号目から上は富士浅間神社の社有地です。(国と裁判で争っていたようですが) むかし、富士山の山頂までロープウェイを掛けようとする計画が持ち上がりましたが、浅間神社は固く拒否しました。富士山にロープウェイを架ければ大量の観光客が誘致できるのは間違いないところでしょうが、敢然と反対した浅間神社の宮司はとても立派です。最近の神社業界は極右団体の日本会議と表裏一体となって、この国の民主主義を破壊し、明治期の大日本帝国軍国主義を復活させ、国家神道の復活をたくらんでいる保守反動のトンデモない悪徳業界に成り下がっていますけど、山を護ろうという姿勢に関しては評価できます。山にある神社も広い意味では山岳観光業者と言えそうですけど、世の中、必ずしも山を破壊する業者ばかりじゃないようです。

薄っすらと石鎚山が見えています。それにしても素敵な眺望です。これこそが山登り冥利というものでしょう。
薄っすらと石鎚山が見えています。

08時54分、刀掛松です。むかし、安徳天皇が剣山に登る際に刀をひょいと松に掛けたのだとか‥。800年ほど前なので真偽のほどは如何に? ま、だいたいこの辺りにある松はクロマツじゃなくてヒメコマツです。剣山の南東斜面の保護林に幹径1mのヒメコマツがありますけど、年輪の幅が2ミリとしても樹齢500年です。3ミリでは樹齢330年。そう考えると、800年前のヒメコマツはありません。ま、3代目か4代目の樹と考えるのが妥当でしょう。
刀掛松

登山道の様子です。残雪のうえに新雪が積もって道が分からなくなった所もあります。コメツツジの霧氷が綺麗です。
登山道の様子
登山道の様子
登山道の様子
登山道の様子
登山道の様子

09時8分に頂上ヒュッテに到着。ヒュッテの入り口横の温度計は-5度を示しています。
頂上ヒュッテに到着
頂上ヒュッテに到着
-5度を示しています


カッキーさんから頂いたコメント

徳島のへそ
こんばんは! 行ってきました、雪見に。徳島のへそですけど。
できれば高城山に登りたかったのですが、スタッドレスと言えども2駆なんで諦めました。
へそで日の出時刻に-5℃、積雪2~3センチでした。ファガスの森の裏から剣山が綺麗に見えました。
帰りに大中尾でミツマタの群生も見てきました。


山のキノコの返信

大バチが当たりましたわ!
徳島のヘソは、標高1495mぐらいですね。(1490mと1500mの等高線の間にあります)
見ノ越よりも若干高いですね。徳島県では日の出写真の最高の撮影スポットですね。
いつ行っても三脚にセットした一眼レフが林立して、コンデジなんて出しづらいところがあります。
ところで、写真はないのですか? もしよろしければ、ここに陳列しますわ。
私は、帰りは、中尾山グラススキー場へ回っていきましたら、大バチが当たりました。
タイヤがパンク! 久しぶりに大バチですが、谷に転落したわけじゃないから、小難で済んだ?
いろいろあって、淡路に舞い戻ったのは夜8時過ぎです。朝は2時半出発。



剣山から眺めた高城山

旧 木屋平村の深い谷の南側が高城山であります。
旧 木屋平村の深い谷の南側が高城山

剣山から見た高城山です。ほぼ東方向。
剣山から見た高城山

高城山の周辺の山座同定です。これで間違いないと思います。
高城山の周辺の山座同定

見ノ越から木屋平へ降りて行く途中に、中尾山へ至る林道があります。その林道に侵入し、標高1150mあたりから見た高城山です。
ここから見ると、穴吹川の谷底からの比高が大きく、けっこう男性的な荒々しい山脈に見えます。

中尾山へ至る林道から見た高城山


中尾山高原グラススキー場で大バチが当たった!

中尾山高原グラススキー場 というところに回ってきました。ここは丸笹山から東に延びる緩やかで長大な尾根にあります。傾斜が緩やかで高原状になっています。眺望もよく、とても素敵なところです。ほんまの雪のスキー場は冬に滑るものですが、グラススキーというのはどんなものか? よう知りませんけど、営業は夏場 (4月~11月) のようです。であるので、冬は雪の上を滑り、夏は草の上を滑れば年中滑れますわね! 吾輩は近畿圏じゃ有名な黒岩水仙郷のごく近くの出身でありまして、子供のころスイセン (水仙) の自生群落の上をミカン箱にのって滑りましたわ! 名付けてスイセンスキー! スイセンの葉はつるつるしていて良く滑るんですわ。出身地じゃ子供たちはそうして遊んだのですが、スイセンは冬の切り花として貴重な売り物です。当然に大人たちから大目玉です。 さて、しばらく付近を散策して帰ろうとしたら、ポンコツ車の足回りから異音です、調べたらタイヤがパンクしています。バチが当たったようです。スペアタイヤと交換すべく、素手でジャッキを取り出そうとしたら手に怪我です。バチの上に更にバチの上塗り。ま、穴吹川の谷に転落したんじゃないから、大難ではなく小難で済んだということで有り難いことです。考えようによってはバチが当たっても有り難い。

宿泊施設の平成荘、食事もできるらしい。この辺りを拠点にして、赤帽子山(1620m)や丸笹山(1712m)の登山してもいいわけだ。ここで標高1060mか1070mです。丸笹山との標高差は650mほど。
宿泊施設

グラススキー場であります。
グラススキー場

ゲレンデから剣山がチラと見えます。
ゲレンデから剣山がチラと見える

こちらは子供用のゲレンデらしい。
こちらは子供用のゲレンデ

スポンサーサイト
コメント
コメント
じゃいつものグーグルプラスで送ります
これっちゅう写真をまとめてアルバムにしました
ご自由にお使い下さい。余り良いのは無いですが
ただ、ミツマタの群生地は山の妖精が居るような雰囲気でした
https://plus.google.com/u/0/photos/103070779508097951936/album/6543348023568037361?authkey=CLHvqriJgung4gE
2018/04/12(木) 09:50:29 | URL | カッキー #- [ 編集 ]
ええと思います。
見ノ越から木屋平へ降りる途中から、中尾山へ行く林道が長いこと工事中で行けませんでしたが、ようやく開通したので中尾山へ行きました。
2018/04/11(水) 23:36:58 | URL | 山のキノコ #aaRR2/q6 [ 編集 ]
写真データはどのようにして?従来のグーグルプラスでええんですか? 帰りに中尾山に行かれたんですね。僕も1年ほど前に星撮りに行きました
当時は見ノ越方面の道は通行止めやったです
2018/04/11(水) 23:26:52 | URL | カッキー #- [ 編集 ]
徳島のへそ
こんばんは!行ってきました雪見に 徳島のへそですけど。できれば高城山に登りたかったのですがスタッドレスと言えども2駆なんで諦めましたへそで日の出時刻に-5℃積雪2~3センチでした。ファガスの森の裏から剣山が綺麗に見えました。帰りに大中尾でミツマタの群生も見てきました
2018/04/11(水) 19:22:41 | URL | カッキー #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.