FC2ブログ
雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
剣山でも春の雪
剣山の標高1300m以上で積雪、山頂付近で積雪20cm程度

本日は2018年3月22日(木曜日)であります。

ここ数日は、春雨前線が本州南岸にあって天気が悪かったわけですが、四国や本州南岸に沿って東進した低気圧で意外に雨量が増えました。場所によっては48時間雨量が100ミリを超えたところもありました。また、関東地方の山沿いでは、低気圧に吹き込む北東気流が北からの下層寒気を引きずり込んで、積雪を観測したところもあったようです。富士山の北側の河口湖特別地域気象観測所で、22日02時に積雪33センチを観測していますね。

西日本では、低気圧前面で暖気が這い上がってきて、ほとんどのところが雨でありまして、わずかに中国山地東部の山で積雪を観測しただけです。岡山県アメダス上長田で21日07時に5センチの積雪、兵庫県アメダス兎和野高原で21日08時に7センチの積雪でした。それから22日になってから鳥取県アメダス大山で17時に24センチの積雪ですが、前からの残雪が6cmあったので今回の積雪は18センチであろうかと思います。それから広島県アメダス八幡で22日の14時に6センチ。気象庁の観測所で西日本でこの一両日で積雪が観測されたのは以上の4か所だけです。では、剣山ではどうか? なんといっても西日本第二の標高を誇る亜高山です。高層天気図の気温分布や、地上気温の分布、それから低気圧に吹き込む気流の向きなど子細にチェックし、登山口の見ノ越から上で雪であろうと予想、性懲りもなく、急遽確認するために剣山に登ってまいりました。で、ほぼ予想した通りでした。証拠写真を陳列します。



剣山スキー場あたりから積雪がみられた。

剣山スキー場

これは植栽品と思われますがツクシシャクナゲです。
これはツクシシャクナゲ


国道438号線です。四国でも標高が高いと4月でも積雪があります。

これだから、まだスタッドレスを履いていますね。もうしばらく夏タイヤに履き替えられません。
国道438号線
国道438号線


夫婦池界隈。ここで標高1450m。

夫婦池

ラ・フォーレつるぎさんは冬眠中です。
ラ・フォーレつるぎさん

これも植栽品だと思われますがホンシャクナゲです。
これはホンシャクナゲ

丸笹雨量観測所です。この2日間で降水量は65ミリに達しています。もし、気温がもう少し低かったならば。積雪は60センチとか70センチになっていたでしょう。今回は寒気が弱すぎました。
丸笹雨量観測所

ツガの上に雪です。ホワイトクリスマスのツリーみたいね。
ツガの上に雪


見ノ越の民宿街もリフトも、まだ深い冬眠中です。

夫婦池から少し標高が下がり、見ノ越は標高1400mです。
見ノ越
見ノ越の民宿街は冬眠中
リフトも冬眠中


それでは、標高差555mを気合を入れて登ります!

今日は来るのが遅かったので午後2時ちょうどに登山開始。どこまで行くかは積雪しだいです。もし、積雪が増えてラッセル状態になるようだったならば、引き返します。
午後2時ちょうどに登山開始

標高1600mの標柱。このあたりから 「つらら」 が見られました。
標高1600m
つらら


標高1700mあたりから積雪が増えてきた。

標高1700m
標高1700m

ミヤマクマザサの上に積雪がモコモコ。
もこもこ


登山リフト山上側の西島駅

ここで標高は1720mぐらい。積雪は15~20センチぐらい。
西島駅
西島駅
西島駅


刀掛けの松、ここで標高1810m

登山道には残雪があって上に新雪が乗っています。踏み抜かないように登山道の両脇のササの所を歩きます。
刀掛け松
登山道は残雪の上に新雪が乗る


標高1900m辺りの状況

山頂近くになると霧氷の花が咲いています。通常の夏道を覗くと状況があまり良いとは言えません。べつに、雪庇が出来ているとか、新雪が吹き溜まって雪崩になりそうだとか、冬山じゃないからそういう危険性はないのですが、残雪が多くて踏み抜いたら腰までズボッとはまりそうな状況です。で、梯子階段ルートを進みます。
霧氷が出てきた
夏道を避けて梯子階段ルートを行く

鳥居まできたらあともう少しです。ここも、残雪が多く、新雪が吹き溜まっています。で、ステップを切りながら進みます。
鳥居が見えたらあともう少し


1時間半ほどかけてゆっくりと登ってきました。

結局、ラッセル状態になるほど積雪が増えなかったため、山頂まで来てしまいました。せいぜい積雪は20センチか25センチ程度です。ただし、風に吹きさらされるところでは雪は吹き飛ばされています。吹き溜まったところでは膝上まであります。頂上ヒュッテの入り口にかけてある寒暖計は、15時44分に-1.5度を指しています。気温はあまり低くありません。気象庁検定合格の精度が確保された温度計じゃないので、誤差が1度か2度あると思われます。周囲の霧氷やつららがある状況から、-2度か-3度くらいかも?
頂上ヒュッテ
入り口に寒暖計がかけてある
-1度ほど

剣山の山頂部です。平家の馬場とよばれる隆起準平原であります。小低木 (ニシキウツギか?) に霧氷の花が咲いています。
剣山んぽ山頂、平家の馬場
霧氷の花が咲く
霧氷の花が咲く


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.