FC2ブログ
雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
南あわじ市 雪山ハイク
本日は2018年2月13日 (火曜日) であります。

昨夜から今朝にかけて瀬戸内南岸エリアで降雪があり、たとえば、徳島県では積雪と路面凍結の影響で、スリップ事故や臨時休校が相次ぎ、交通機関のダイヤも乱れたということ (徳島県北部で大雪 交通乱れる 臨時休校も) ですが、先の寒波では徳島自動車道が通行止めになった模様ですが、今日はどうだったんでしょうかね? 愛媛県じゃ大雪警報まで出ていたようです。愛媛県アメダス久万では氷点下の気温の中で48時間降水量が23ミリあり、周辺の観測所じゃ30ミリに達したところもあったから、20~30センチの積雪になったと思われます。強い寒気が南下してきたら、瀬戸内南岸エリアは若干日本海側みたいな様相を帯びてきますね。おそらく、関門海峡から雪雲が瀬戸内海上に進入してくることに加えて、下層寒気が強烈だと瀬戸内海の海水温との温度差が大きくなって、瀬戸内海が水蒸気の補給源になるのかも? 観天望気で観察していると、淡路島の北西にある播磨灘で雪雲が湧いているのを観察することが出来ます。ようするに、日本海側の雪雲が中国山地の谷間からこちらへ流れ込んでくるのではなさそうです。本日はわが南あわじ市でも平野部で薄っすらと積雪がありました。で、昨夕に引き続いて、性懲りもなく朝にも、お山に積雪状態の検分に行ってまいりました。必ずしも積雪が多いとは言えませんけど、久しぶりに里山雪山ハイクを満喫できましたわ!


南あわじ市、里山雪山ハイク! 写真ギャラリー!

今日は南あわじ市の平野部でも積雪がありました。南あわじ市神代浦壁です。
南あわじ市神代浦壁 平野部でも積雪


朝早くから、ゾロゾロと歩いているわ! 雪を見に来たのかも?

諭鶴羽ダムサイトにやってまいりました。朝早くから、ぞろぞろと歩いているご老人がおります。
諭鶴羽ダムサイト

諭鶴羽山の登山口であります。ここで標高180m。07時15分に出発です。
諭鶴羽山の登山口


若干 滑るところがあるので、アイゼンがあったほうがいいかも?

積雪は多いとは言えませんが、地面の様子が隠される程度に積雪の深さがあります。登山道の一部に勾配の強い箇所もあります。アイゼンがなくても雪が柔らかいので大丈夫ですが、あったほうがいい箇所もあります。私はスパイク長靴という特別な長靴を履いています。これは軽アイゼンに匹敵する滑り止め効果があり、凍結した氷上でも滑らずにスイスイ行けますわ!
登山道の様子
登山道の様子
登山道の様子


積雪が地面の浮石等を隠すので、慎重に登ったらけっこう時間がかかる。

08時07分に山頂に到着しました。所要時間は52分もかかっていますが、写真を撮るのに時間がかかったのと、しっかりとした積雪になったので、登山道の浮石など地面の凹凸が分からなくなっているので慎重に登ってきたためです。徒歩でも車でも積雪が深まると地面の様子が隠されてしまいます。慎重に行くのが鉄則です。よね?
08時07分に山頂に到着


山頂の様子、今朝は吾輩が一番乗りみたいだ

山頂の様子
山頂の様子
山頂の様子
山頂の様子
山頂の様子

鳴門海峡方向 (西のほう)
鳴門海峡方向

徳島市の方向 (南西のほう) ですが、木が邪魔してあまり見えません。
徳島市方向

和歌山市方向 (東のほう)
和歌山市方向


おお、シュカブラっぽいものが出来ているじゃねえか!

山登りどもがシュカブラと呼ぶのは、強風で雪面にできる風紋のことです。さざ波みたいなものとか、山脈みたいなものとか、雪の締まり具合や風の強さなどでいろいろなシュカブラができるようです。写真は 「吹き溜まって、盛り上がっているだけじゃねえか」 と言われそうで、あまりシュカブラらしくはありませんけど、いちおうシュカブラと言えば、シュカブラと言えなくもないです。これができると雪山という感じがします。里山の雪山です。
強風でできたシュカブラ
強風でできたシュカブラ

積雪は山頂で10センチ程度で少ない。
積雪は山頂で10センチ程度

08時13分に、気温は山頂で-3.7度。同じころの08時にアメダス南淡で+19.度です。つまり5.6度低いことになります。
08時13分に、気温は-3.7度


ゆっくりと登り、往復1時間34分の素敵な里山雪山ハイクでした!

山頂には7分滞在しましたが、風が強く寒いので長くはおれません。
08時14分に下山開始。08時49分に無事に生還できました。往復の所要時間は1時間34分でした。

下山します。08時14分に下山開始
08時49分に無事に生還



カッキーさんから頂いたコメント

ニアミス その②
昨晩に引き続き今朝も行ってきました
写真の時間を見ると7時15分に登山口を通ってます まさに1分位のニアミス
1台🚙が停まってた様な「あぁ早くから登ってる人が居てるんやなぁ」と思いました
公園で持参したサンドイッチを食べ仕事に間に合うように8時15分には帰途に就きました
下山されて最後の写真の車の轍はボクのです(^-^)

カッキーさん撮影、雪景色を愛でながら朝食のサンドイッチが美味い!



山のキノコの返信

コメントありがとうございます。1分のニアミスですかあぁ!
次は正面衝突で木っ端みじん? その節はよろしく!
でも、もしかしたら既にお目にかかっているかも?

淡路島南部にもかなり里山の雪山ファンがいるみたいですね!
こりゃあ、地元で山に雪を見に行く会が作れそうです。
その会の会長は、もちろん諭鶴羽山の山頂にこしらえた雪だるまさんです。
さしずめ、カッキーさんは副会長でしょうかね?
私は記録係をしたいと存じます。お山に雪が積もっていないか、
足しげく確認して、拙い阿呆なブログに記録をしますね!

阿呆なようですが、これを500年続けると、気候変動を記録する大変な資料になります。
温暖化したら降るものが雨になる率が多く、寒冷化したら降るものが雪になる率が高くなります。
500年後に、古気候を調べる資料となるよう、長生きしようと思います。



スポンサーサイト
コメント
コメント
ニアミス その②
ニアミス その②
昨晩に引き続き今朝も行ってきました
写真の時間を見ると7時15分に登山口を通ってます まさに1分位のニアミス
1台🚙が停まってた様な「あぁ早くから登ってる人が居てるんやなぁ」と思いました
公園で持参したサンドイッチを食べ仕事に間に合うように8時15分には帰途に就きました
下山されて最後の写真の車の轍はボクのです(^-^)
https://plus.google.com/photos/photo/103070779508097951936/6521939113122319170
2018/02/13(火) 22:52:25 | URL | カッキー #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.