雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
南あわじ市の平地でも積雪だ
本日は2018年2月6日 (火曜日) であります。

わが南あわじ市でも大雪だあぁ!

ただし、神戸海洋気象台から大雪注意報がでているわけじゃありません。
南あわじ市エリアでの大雪注意報の発表基準は、24時間の降雪の深さが10センチと見込まれる場合であります。このエリアで、大雪注意報が出たという例はまだないと思います。(確認していませんけど)


朝からわが淡路島南部地域の上で雪雲が湧き立っておりますね! 平野部でも、積雪は少ないですが雪景色です。日本海北部というか秋田沖あたりに、停滞した ポーラーロウ (Polar Low) (寒冷な海域上に発生する小さいが強力な低気圧) があって、これがあるためでしょうか、日本海での等圧線が 「く」 の字に大きく屈曲し、で、西日本じゃ西風優勢となっています。つまり、里雪型です。この状況下では九州や山陰西部でけっこう雪が降り、関門海峡から四国西部に雪雲が流れ込み、わが瀬戸内海南岸エリアでも雪雲が湧き立つことが多いです。わが淡路島南部で雪雲が湧き立つ発生メカニズムは、吾輩が言うても説得力も信憑性もないから神戸海洋気象台に説明してもらうところですが、これから積雪が増えて大混乱に陥ったならば気象台から開析レポートが出るでしょう。(大混乱がなければ気象台のレポートは出ない) ま、経験的に申せば、淡路島南部で降雪がある典型的なパターンですね! 不謹慎なことを申せば大混乱になるほど積雪が増えてほしいものです。つまり、火事と喧嘩は大きいほうがおもしろいということです。今日は、淡路島南部地域の住民は外出禁止です。チェーンとかスタッドレスタイヤの用意がない方は出来るだけ家におりましょう。雪を甘く見ちゃだめですわ。積雪路や凍結路はほんまに恐いものです。



気象庁サイトから レーダー・ナウキャスト の図を2枚借用します。淡路島南部の上で雪雲が湧いています。面白いのは、西風優勢のときは中国山地東部エリアじゃ風裏になってしまい、この状態のときは、関西屈指の豪雪地帯であるハズの兵庫県北部の氷ノ山一帯ではあまり雪が降らないことです。むしろ淡路島で雪が降ってしまいますね。
気象庁  レーダー・ナウキャスト
気象庁  高解像度降水ナウキャスト

衛星可視画像 も1枚借用します。瀬戸内地方の南岸エリアで雲がわいているのが良くわかります。冬の北西季節風が吹き出すといつもこんな感じです。つまり、瀬戸内地方の南岸エリア、とくに東西走向の四国山地の北斜面一帯と、紀伊山地の北斜面一帯は、太平洋側であるものの、若干日本海側のような気候になっています。やや日本海側似であるということなので、積雪は少ないです。ただし、山じゃ結構雪がつもります。たぶん、四国で一番積雪が多くなるのは徳島県矢筈山 (標高1849m) の北側斜面で、登山者らの報告じゃ2mぐらい積もるみたいで、5月まで軽々と残雪が残ります。
衛星可視画像
↑ 北陸地方の福井・石川県境一帯で記録的な降雪量となり、大混乱になっておりますけど、JPCZ (日本海寒帯気団収束帯) に伴う帯状の発達した対流性降雪雲が、長時間にわたって同じところに次々に押し寄せてきていますね! 風向きが変わればJPCZの指向する場所が変わるでしょうけど、風向きが変わらなかったのが不幸の原因でしょうかね? では、風向きが変わらなかった原因は? と考えると、結局なにが原因で何が結果なのか、無限ループの循環になってしまい、ニワトリと卵みたいな話になってしまいますね! こりゃあ、北陸地方の住民のご苦労をお察しすれば、積雪なんて数センチでちょうどいいようですわね。山に雪見に行ってはしゃいでいられるのも数センチだからでしょうね。


やっぱり、消えるのも早いわね!

2月6日11時ちょうどです。わが雑想庵の二階から見た雪景色ですが、2時間前の9時にはかなりしっかりとした雪景色になってまして、淡路県民局 洲本土木事務所の車が警戒に巡視 (?) しているのを見ましたけど、淡い雪です。急速に溶けてしまいました。やはり気温が高いエリアなので雪が積もってもすぐに消えちゃいますね。残念! 
2018年2月6日 雑想庵から見た雪
2018年2月6日 雑想庵から見た雪


【写真6枚追加】

昼の12時半頃に、諭鶴羽ダムへ様子を見に行きましたが、風が吹いてきて雪煙が上がっております。積雪はわずかで、道路の雪はアッという間に溶けてしまったようです。やはり、淡路島じゃ真冬日 (日最高気温が零度未満、一日中氷点下) なんて旧洲本測候所の100年の観測統計でもたった3回しかなく、太陽が射して気温がプラス圏に上がると僅かな積雪など1時間で溶けてしまいますね。残念! 

ところで、あれほど騒がれた地球温暖化はどうなったんやろか? 我輩は気象観測データファンでもありまして、1980年ころから2000年にかけて地球の気温が上がったことは否定しませんけど、いわゆる二酸化炭素地球温暖化説は土台となる気象観測データを恣意的に扱って、かなり誇張しているものと思います。それに温暖化が危機であるというのも疑わしく、二酸化炭素は温暖化の原因ではなく全く逆で、地球が自然現象として温暖化したから膨大な海洋中の二酸化炭素が大気中に放出された、すなわち二酸化炭素は 「原因」 じゃなくて 「結果」 だと思いますね。そもそも、大気中の水蒸気が一番の温室効果ガスなのであって、存在濃度比ではるかに少ない二酸化炭素なんて増えようが減ろうが気温になんの関係もないことは最初からハッキリしています。こんな自明なことを理科系の分野の人々まで信じる (信じているフリをしている) のは正気の沙汰じゃありません。ようするに、自然科学も研究費を出してくれる政治の僕 (しもべ) ということですね! なによりも、ヒートアイランド現象による熱汚染が著しい都市部の観測データではなく、熱汚染の少ない田舎の観測所におけるデータでは、2000年以降ジリジリと気温が下がっているのが開析されていますよね! 小氷期の再来が取りざたされていますし、今後は淡路島南部でも冬には降れば雪になることが常態化するのではないか?


雪煙が上がっています
積雪はわずか
積雪はわずか
積雪はわずか
道路上の雪は融けています


諭鶴羽ダムにおるニホンザルです。数頭の集団でおるようですが、餌付けしているわけじゃないでしょうけど、ミカンを与える人がいるようです。
諭鶴羽ダムにおるニホンザル

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.