雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
タコは塩もみではなく、米ヌカをまぶしてもむと簡単にヌメリが取れる!
本日は2017年12月22日(金曜日)であります。

本日の未明に、草木も眠るウシミツ時に、夜の磯にいってまいりました。紀伊水道など太平洋沿岸部じゃ冬の磯は深夜帯に海面が非常にさがります。同じ淡路島沿岸であっても、干潮の時間帯は場所によって変化します。早い話が鳴門海峡を見ればすぐにわかります。大潮のときには、太平洋側と播磨灘の潮位の高低差は最大で2mほどあります。この潮位の高低差が時速20キロに達する早い潮流のできる要因ですが、太平洋側(紀伊水道側)が干潮のとき播磨灘側(瀬戸内海側)は満潮です。逆に、太平洋側が満潮のときには播磨灘側は干潮です。ということなので、冬の大潮のときの磯は深夜に海面が非常に下がるというハナシは、狭い淡路島であっても太平洋側 (註) に関して申しております。 播磨灘側は別です。ところで、ここしばらく、天文潮位よりも実測潮位が20センチとか時には30センチ低い状態がしばらく続いております。こういうときは、磯に潮干狩りに行くチャンスであります。 海面が下がっている要因は複合的でしょうが、黒潮の流路が四国沖あたりから大蛇行 して、岸線からの離岸距離が大きいのと、ここしばらく気圧が高い(1030hPa近く)のが主たる要因ではないか? 急激な気温低下により海水の熱収縮も貢献しているかも?


(註) 淡路島が太平洋に面しているかどうかは大いに議論の分かれるところです。気象庁の用語では淡路島の南の海上はたいてい紀伊水道と表現しています。海上保安庁の定義では、徳島県蒲生田岬から和歌山県日ノ御崎を結ぶ線まで、つまり淡路島から40キロ近く沖まで瀬戸内海です。法的にはこれが瀬戸内海の範囲ですが、Wikipedia 瀬戸内海 が要領よくまとめています。兵庫県では、「兵庫県は、北は日本海から南は瀬戸内海、太平洋までの広い地域を持ち」 などと言うてはりますので、淡路島は太平洋に面している認識のようです。兵庫県が法律とは異なる認識であるのは、兵庫県が日本海と太平洋に面している唯一の立派な県だと主張したい意図があるものと思われます。同じ政府傘下の組織でも言葉の使い方は不統一でまちまちであります。法的なことはさておき、一般の常識的にはどうなんでしょうかね? 淡路島民を対象にして、「淡路島は太平洋に面しているかどうか」 をアンケート調査をしてみるとどういう結果になるでしょうかね?

むかしは、深夜といえども、土地のおっさんやおばちゃん連中が大勢磯に繰り出したものですが、近年は、そのおっさんやおばちゃんが高齢化し、あるいはこの世を去ってしまいました。で、冬の深夜の磯に行く人はめっぽう少なくなりました。最近の若い人々は磯に行く人なんかいないようですね。タイドプール(潮溜まり)での海生生物の観察など大変面白いものですし、晩のおかずの材料の調達にもなるし、磯ほどワクワクする面白いものはないのに、若い人らは、そもそも自然にはあまり興味はないみたい‥。いぜんとしてアウトドアブームは続いておりますが、彼らをよく観察すると、アウトドアグッズを使った単なるファッションみたいなものであって、自然観察とか自然に親しむなどとはかけ離れたもののように思います。アウトドアグッズを売って金儲けをたくらむ企業の宣伝に乗せられているだけではないか? というふうに年寄りには見えますね。

気象庁ホームページから 気象庁の潮位観測情報、徳島県小松島(紀伊水道側) の図を借用します。

実測潮位が低い状態が続く


久しぶりにタコが獲れた!

深夜なのでタコの生態写真は撮れませんので、ゆであがったタコの写真であります。タコを調理するさいは生タコのヌメリは塩づりして取るものとされますが、塩でヌメリを取るのはなかなかです。裏技はコメヌカで取ますね! どんな頑固なタコのヌメリでもアッというまに簡単に取れますわ! ただし、タコは塩味がついてこそ美味いわけで、米糠でヌメリを取った場合にはタコを湯がくときに、海水程度の塩分濃度になるよう湯に塩を投入します。さもなくば気の抜けたビールのような、クリープを入れないコーヒーなんてみたいな、腑抜けな味になってしまいます。


↓ 塩でタコのヌメリを取るのは大変です。簡単じゃありません。塩では何べんやってもヌメリがしぶとく残り、ヌメリを完全に取りさるのはなかなかです。でも、米糠じゃアッいうまにヌメリを完全除去ですわ。使用したヌカは庭木の肥料にすればいいでしょう。タコに付着したヌカは水洗いしたら簡単に取れます。ヌカは田舎じゃコイン精米所でもらってきます。(失敬する) ま、買っても安いもんです。店に糠漬用の炒ヌカを売っていますが値段は塩よりも安いです。
タコのヌメリは米ヌカで取る


↓ ヌカはこういうコイン精米所でもらってきます。ヌカハウスのドアに 「ヌカはご自由にお持ち帰りください」 と書いてあります。コイン精米所の利用者はという主語(主部)がない表現で、常識的には精米所の利用者に限る話と思われますが、非利用者がヌカをいただいても怒られたことは1回もありません。ただし、管理者らしき人がいたら 「ヌカもろていいかな?」 と声をかけてからです。返事は 「いいよ」 です。ヌカがあふれかえって精米所の管理に困るのだろうと思われます。なお、ヌカはヌカ漬とか、手が荒れたときにはヌカ床で手になすりつけるとヌカの油やビタミン類が手の肌に良い効果があるなど、色々の用途があり重宝します。ヌカを保存する場合にはじきに虫がわくので、炒って熱処理します。
ヌカはコイン精米所でもらってくる


↓ お皿に乗せて写真に撮ってみたけど、あまり美味そうには見えません。
見事に茹で上がったタコ

お皿などバックを飛ばした写真にしたほうが、美味そうにみえます。
見事に茹で上がったタコ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.