FC2ブログ
雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
絶食療法が広まると、製薬メーカーの半分が倒産するのでは?
本日は2017年11月29日(水曜日)であります。 昨日28日の夕刻に日課のダム周遊道路駆け足に来ましたが、いつもよりも時刻がはやかったので、老人がぞろぞろと大勢歩いています。こんなことを申すと怒られますけど、なんだか認知症老人が徘徊しているように見えてしかたがありません。というのは、医者に運動しなさいと脅迫されて仕方がなく歩いているような印象が強いからです。自主的ではなく人に言われてイヤイヤ歩いているわけで、そういう腹というか事情が表情に透けて見えているのです。我輩も老人の仲間入りしたようなものですが、徘徊老人みたいになるのはイヤなので、今日は諭鶴羽山まで駆け足登山です。登り38分、山頂滞在18分、下り30分で1時間半で無事生還しました。下山したころに日が暮れて徘徊老人らは帰っていなくなっていました。で、まだ余裕しゃくしゃくダム周遊道路を3回 (6キロ) の駆け足です。

ところで、医者に言われてイヤイヤ歩いても効果は薄いんじゃないかな? 徘徊老人を観察すると、全体的に運動強度が低いな、という印象がします。もうちょっと早歩きとか、軽いジョギング等で、軽い息切れがし薄らと汗をかく程度の運動強度じゃないと、運動療法による効果が望めないと思いますけど。文献にもそう書いてありますね。たぶん、医者から言われてイヤイヤ運動しているからそうなるんじゃないかな? 人から言われてするのは苦役でしかありません。ならば、そんなイヤイヤ運動療法などやめて、絶食療法をしてみたら? と思います。血圧降下とか血糖値や中性脂肪など改善し、高血圧とか糖尿病などに劇的な効果がありますわ! 本格的な絶食療法は7日やるものですが、3日のプチ絶食でも効果抜群です。腹が減ってつらいのは最初の1日だけです。2日目は不思議に空腹感は消えてしまいます。3日目から体に変化が現れはじめ、たとえば血圧などスーッと下がってきます。淡路島は絶食療法先進地です。生活習慣病に劇的効果がある絶食療法が広まらず、ネガティブな中傷がある理由はハッキリしています。クスリ漬けで利権化している医学界・製薬メーカー・厚労省行政にとって非常に具合が悪いからです。そうとしか考えようがありません。 五色県民健康村健康道場 の笹田信五医師の主宰されている絶食療法は、そのうたい文句にしている効果は本当です。ウソじゃないですわ。我輩が体重を90キロ台から70キロ台に引き下げ、高血圧中症~重症レベルを日本高血圧学会の厳しい基準に合格レベルまで下げているのも、プチ絶食を取り入れている面が大きいでしょう。



神秘的な諭鶴羽ダムです。ここからは海なんて全く見えません。なので、島の中とは思えない幽邃 (ゆうすい) さです。なぜなのか? 観光地じゃないのに、よく他府県ナンバーの車が来ているのを見ますね。
諭鶴羽ダム

諭鶴羽山登山口です。画像に記録されたタイムスタンプによれば、15時48分46秒に出発。
諭鶴羽山登山口

諭鶴羽山山頂です。写真のタイムスタンプによれば、16時27分17秒に到着です。所要時間は、38分31秒であります。標高差430mを登っているから、100mを10分弱で登攀している勘定になります。体重が90キロ台のころは1時間半かかっていましたが、70キロ台まで体重を落とした効果は非常に大きいようです。
諭鶴羽山山頂

落陽秒読みとなった鳴門海峡方面です。秋口には鳴門海峡方向に太陽が沈んでいましたが、徳島・香川県境の阿讃山地を通り過ぎて更に南に太陽が振れています。本日は霞が多いようです。黄砂っぽく見えるかもしれませんが黄砂じゃありません。気象庁の黄砂観測実況図 を見ても11月28日には日本近辺では黄砂観測は全くなしです。夕日方向ではなく逆方向の景色を見れば煙紫色の通常の霞だとすぐに分かります。
鳴門海峡方向
鳴門海峡

北西方向です。南あわじ市の里山で標高は低いのですが、重畳する山々が遠近による濃淡グラデーションがかかって、やや標高の高い山からの眺めみたいな感じになっています。
北西側の山麓

近くに三原平野を俯瞰し、播磨灘が湖みたいに見え、非常に空気が清澄ならば遥か地平の彼方に鳥取県の伯耆大山まで見通すことができます。
三原平野を見下ろす

淡路島北部や神戸市方向です。
神戸市方向

東方向、和歌山市方面ですが霞が多くて見えません。
和歌山市方向

べつに山頂の権現様にお供えしているのではありません。我輩が糖分と水分補給のために喰うわけです。ま、お供えしてもいいですね! いくらお供えしても神仏は絶対に食べません。神仏にお供えしたお供え物を神仏が食べたという事例は存在しません。法事でお仏壇に供えたお供え物は、法事が終わったら下げて、親族で分けたり僧侶に土産として渡したりします。よね? お仏壇の仏様が喰うハズがございません。野外では、お供え物はカラスが来て食い散らして汚しますから、お供えものは感謝拝礼ののち撤饌してヒトが喰うしかないわけです。結局、お供えしようがしまいがヒトが喰うわけです。結果は同じだということ。
山頂権現様にお供えではありません


太陽はどのあたりに沈むのでしょうか?

太陽はどこに沈むのでしょうか?


太陽は雲の中に沈んじゃいましたね!

雲の中に沈んじゃいました!

鳴門海峡 (紀伊水道) の向こう、旧 吉野川の河口付近の上の雲に沈んでいます。もし雲がなければ、矢筈山 (標高1849m) あたりに沈んでいるものと思われます。
雲の中に沈んじゃいました!


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.