FC2ブログ
雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
台風から離れたところで暴風!
日本三大悪風のひとつ、広戸風 (ひろどかぜ) が発生!

やはり台風21号 (T1721・ラン) は日本駐留のアメリカ軍とCIAが仕掛けた気象兵器だったと言わざるを得ない状況です。日米合同委員会などを通して日本を実効支配しているアメリカ帝国としましては、どうしても自民党を勝たせないと困るわけです。植民地の提督、安倍デンデンは忠犬ポチのごとくよく言うことを聞くので、よしよし、これからもしっかりとご主人様の言うことを聞いてもらうぜよということです。で、自民党が大勝して日本列島に日の丸のお花畑が咲くようにと、投票率をウーンと下げまして、ヤリが降ろうが、火の粉が降ろうが、這ってでも選挙に行く組織票がものをいうように、気象兵器が使用されたようであります。じつは、米軍は日本気象庁の向こうを張ってタイフーンの進路予想もやっているわけですが、つまり、気象というのは戦時中は軍事機密だったことを見ても分かるとおり、軍事作戦というのは気象状況で変わるわけです。で、軍隊は専門の気象技官を置いて気象研究をやるわけです。ひそかに言われているのは、気象をコントロールする技術を既に開発していて、ここぞというところで気象兵器を使うわけです。今回は、米国が日本を支配し続けられるように台風兵器 (typhoon weapon) が使われた模様ですね。米軍は地震兵器というのも開発済みらしいのですが、これら分野の研究は日本はハッキリ言って遅れています。そんなのオカルトじゃねえか、と一笑に付すのが日本側の反応ですが、アメリカ軍は大まじめに念力兵器やテレパシー兵器なども研究しているらしいです。これでは日本が勝てるハズがありません。こりゃあ、この国の独立は100年後か? 200年後か?


10月22日、日最大瞬間風速の全国ランキングトップに岡山県アメダス奈義が躍り出る!

紀伊半島沖を台風21号が北東進しました。通常ならば、最大瞬間風速のランキングトップにはたいてい室戸岬です。上位群には潮岬とか紀伊水道沿岸観測所などが常連ででてきます。今回はやや様子が違います。台風からかなり遠く離れた岡山県アメダス奈義がトップに躍り出ました。なんでやろか? と不思議に思うところですが、日本三大悪風のひとつである広戸風が発生した模様です。これは地形が関係した局地風です。津山市の北東に那岐山(1255m)という山があるのですが、その山の 「おろし」 です。 奈義山の南麓、日本原高原と呼ばれるあたり です。神戸市の背後にある六甲山 (931m) の六甲おろしも発生して神戸海洋気象台とアメダス神戸空港も暴風全国ランキングに登場しましたね。ランキングにはいつもと違う地点が沢山登場しています。
岡山県アメダス奈義が全国ランキングのトップ

岡山地方気象台 「広戸風について」

那岐山山頂における観測からみたおろし風(広戸風)の発生条件


↓ 淡路島南部から遠望した那岐山です。淡路島の諭鶴羽山と那岐山の直線距離は119kmであります。那岐山は中国地方の脊梁山地にあり、分水嶺でもあります。那岐山は空気が清澄であるならば日本海と瀬戸内海を見渡せる山で、吾輩の母方の出身地近くなので若いころに登ったり、周辺を歩き回りました。しかしながら、親族が次第におらんようになって那岐山とも縁が薄らいでしまいました。条件がいいと那岐山は淡路島南部からよく見えます。日本三大悪風の広戸風は那岐山 (広戸山) の南側で山から吹き降ろしてくる暴風であります。
中国地方の脊梁山地が見えた


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.