FC2ブログ
雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
2017年10月5日、剣山サルナシ観察行 (その2)
2017年10月5日、剣山サルナシ観察行 (その2)

拙駄文のタイトルにサルナシとあるのに、サルナシではない写真を陳列するのは羊頭狗肉でありますが、サルナシの写真は次回ということで。それから、剣山地のサルナシを観察したら絶対に外せないのが祖谷のかずら橋です。今回、久しぶりにかずら橋を渡ったら、かずら橋のとんでもない秘密を見てしまいました。写真を発表していいのかどうか? 場合によっては吾輩は剣山および旧東祖谷山村への立ち入りを禁止されるかもしれません。


発生場所と名称のために損をしていたハタケシメジが、第一級の食菌として評価されだした!

とにかく、発生場所は畑とか庭先とか身近なところです。廃木材などが地中に埋まっているところに発生します。で、ハタケシメジ などという標準和名になりましたが、この名前で随分と損しているキノコです。キノコは、マッタケ山という言葉もあるように山に生えるものがキノコ狩りの対象です。海岸のクロマツ林にもショウロとかキシメジなど上等なキノコが発生してキノコ狩りの対象ですが、海岸のクロマツ林は特別な場所で身近なところではありません。秋のキノコ狩りは普通は山とか特別な森林にいくもので、身近な畑や庭先でキノコ狩りをしないわけです。ということで、ハタケシメジは身近なところに発生するがゆえにキノコ狩りの対象ではなく、一顧だにされませんでした。ところが、ハタケシメジはしゃきしゃきと歯ごたえ食感がよく、形態も最高級キノコのホンシメジそっくりで、なかなか美味いキノコであります。人によってはホンシメジに全く遜色はないと言う人もいます。キノコを食用価値からABCとランク付けしたならば、ハタケシメジは間違いなくAランクの第一級のキノコです。
ハタケシメジの栽培が急速に拡大して、市場で流通するようになってまいりました。


↓ 剣山スキー場から標高差で200mぐらい降りたところでハタケシメジを見つけました。国道438号線ぞいの小さな空き地ですが、たぶん、伐採して不要になった木を埋めたのありましょう。身近なところに発生するハタケシメジですが、分布は広く、平地でも山でもどこにでも生える可能性があります。とにかく地面の下に材木を埋めたようなところを捜します
ハタケシメジ
ハタケシメジ
ハタケシメジ

ハタケシメジは本当に身近なところに発生するキノコで、30年近く前ですが、京都近辺に在住するキノコの分類学専攻の専門家らが主催するキノコの会に入会しまして、毎月のキノコ観察会に参加したり、キノコの文献を集めたりして、キノコについて学び始めたころですが、ハタケシメジというものを知って、淡路島内にもあるのかどうか探しました。島内のあっちこっち探し回ったあげく、結局、なんと吾輩が管理している民間系公益法人の裏庭にたくさん出ているではないか! ビックリ仰天です。やはり身近なところに発生するのがハタケシメジであります。その時は、ちょうど採り頃の大きなものが数十も出ていて壮観でしたが、あとにもさきにも最初に見つけたものが一番見事なハタケシメジでした。

その民間系公益法人というのは吾輩が出資したわけではなく、単に管理をおおせつかっているだけで、早く言えば吾輩のものではありません。ちょうど13人おる役員が来ていたときでして、役員らに声をかけました。吾輩の所有物ではないので、役員らに採集の許可をいただくという意味もありますが、たくさん出ているので皆で山分けということです。

「裏に、ハタケシメジという美味いキノコがたくさんでていますわ!」

13人をハタケシメジが出ている場所につれていきました。見事なハタケシメジの大群生なのに、

「おまはん、そんなもん喰いよったら、名前が変わるぞ!」 (中毒死して戒名になるという意味)

結局、13人の役員らは、気味悪がって誰一人ハタケシメジに手を出しません。
ということで、そのハタケシメジは全部吾輩の当たりとなりましたね!


↓ すこし戴き。ていうか、出ていたのは全部でこれだけ。このキノコはもっと一面にたくさん出てもいいのですが、シカが食べたのかも? シカの食害跡がありました。
ハタケシメジの収穫

↓ 畑占地御飯にして喰いました。美味いキノコです! 材料はハタケシメジ・にんじん・エビ。出しは瀬戸内伊吹島のイリコ・鳴門海峡産のコンブ・対馬産のスルメ・徳島産干シイタケです。鳴門海峡産コンブだって? と思われるかもしれませんが、コンブ養殖をやっています。瀬戸内海といえども冬季から春先に海水温が10度以下に下がりますから、コンブ養殖が可能なんですわ。北のほうのコンブは品質優良で放射能汚染はないとは思いますけど、その懸念が全くゼロとは言い切れないので避けています。
ハタケシメジご飯


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.