FC2ブログ
雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
剣山は西日本屈指の雲海スポットかも?
剣山地の主稜線の北側に層積雲が広がるが‥ 雲海は?

また、剣山です。性懲りもなく剣山であります。四国東部に山は沢山ありますが、剣山地では標高の順に高い所はミヤマクマザサ、中ぐらいの所はスズタケ、低い所はネザサがはびこり、登山道を両側から覆いかぶさっていることが多いです。で、朝早いと夜露で下半身が濡れてしまいます。これがイヤなわけです。その点、剣山では登山道が幅広くて足が濡れる心配がないわけです。我輩は田舎出身であり、て言うか県教育委員会のお墨付き僻地出身なのでヤブ漕ぎは得意でありまして、ジャケツイバラの藪以外は漕ぎ分けて突破しますが、ただしそれは乾燥している場合であって、夜露にぬれたササ藪漕ぎは敬遠しますね。これが登山道の幅広い剣山ばかり来る大きな理由です。

今日 (2017年9月23日) はうっかりと寝過ごしたので朝淡路島の雑想庵を出発したのは05時34分であります。大鳴門橋 ~ 徳島自動車道を突っ走って美馬インターに06時44分に到着、1時間10分です。昔と比べると随分と早く来れるようになりました。橋も高速道路もない昔はこの辺りまで来るだけで半日がかりでした。吉野川を渡り、旧 貞光町 (現 つるぎ町) の道の駅 貞光ゆうゆう館で小休止。また大潔斎の置き土産(?) 貞光の町の中心部には珍しい 二重うだつ というものがあり見どころのひとつです。しかしながら、見方をかえれば、「うだつがあがらないと言って馬鹿にするな!」 ということでして、経済的にうだつを造れる裕福な家と造れない貧乏な家とがあるわけで、住人同士の間に階層分断が生じるのではないか? 単純に文化財だの観光資源だの言えない面がありはしないか? てなことをつい考えてしまいますね。

さて、貞光ゆうゆう館の横の歩道橋から、お山の方向を見ると剣山も手前の丸笹山も雲に隠れてみえません。一面に対流圏下層の層積雲が覆っています。しかし雲は薄く、ところどころ切れ間があり上空の青空が覗いています。対流圏の中層や上層は雲があまりないようです。雲底高度は山々の高さから判定すると1100mです。この状況は、剣山の山頂では雲海が見られる可能性大なりと見ます。

貞光の街並み
貞光ゆうゆう館

漆ノ瀬の電光標識のところ、一番最初のチェーン着脱場ですが、07時33分に到着。ちょうど今、500hPa高度の気温で-20度以下の初冬の寒気が北陸辺りまで南下しそうな気配となっています。500hPa高層天気図 を参照。かつての剣山測候所の観測データでは初雪の最早記録が10月6日(1952年)です。これは北海道最北旧測候所の稚内と同日です。通行注意の文字がチェーン必携と変わるのはもうすぐです。季節の進みはあっという間ですわ! べつに吾輩は剣山ファンクラブの会員じゃありませんけど、頻繁にこの地に来るからには、11月に入れば北海道最北部なみに早期に夏タイヤからスタッドレスに交換します。
漆野瀬に07時33分


剣山の周辺にはヤマブドウとサルナシが非常に多い!

登山車道を登る道すがら、標高1000m前後から上にスギ植林中にヤマブドウがたくさん自生しています。剣山地の高い所にはヤマブドウが非常に多いです。個体数は非常に多いのですが、なぜか実をつける個体があまりありません。自生ヤマブドウ10本のうち実をつけるのは2本程度ではないか? ちょうど道端に沢山実をつける個体を見つけました。こんなもの採っても誰も何も言わないから、少々いただきです。でバケツに一杯ヤマブドウの実を頂戴しました。甕に実を入れてすりこ木で潰し、ランクルさんから頂いて大切に保存していたニホンミツバチの蜂蜜を添加、そこに魔法の粉を振りかけてしばらく寝かせておくとぶくぶくと泡がでてきて、芳醇で酸味の利いたジュースが出来ます!

ヤマブドウを珍重するのは岩手県とか山形県とか北の方ですよね! 畑で栽培もしているようですね。四国でもブナ帯にはヤマブドウが沢山自生しているのに、だれも見向きもしません。ていうか、ヤマブドウってことを知らないみたいです。でもヤマブドウは日本列島の第一級の野生フルーツです。果実は栽培葡萄みたいに甘くなく、酸味があるし、実が小さく種が大きく果汁もすくないですが、なぜか不思議な魅力がある野生フルーツです。我輩は9月~10月に剣山地の山を登るさいには登山道にいくらでもあるヤマブドウの実を食べています。栽培葡萄は甘すぎてのどが渇くのであまり好きではないのですが、このヤマブドウの酸味が魅力的なのではないかと思います。汗だくになって登る登山の疲労を吹き飛ばしてくれるので、何らかの健康増進作用があるのではないか? そういうさわやかな酸味です。東北地方北部じゃ自生ヤマブドウのなかから酸味が少なく甘く実が大きい優良系統が選抜されているようですが、もっか吾輩も剣山ヤマブドウ優良系統 (剣山1号という名称になると思われます) を調査中。とは申すものの毎日来れるわけじゃないから調査はなかなか進みません。

ヤマブドウ
ヤマブドウ
ヤマブドウ

こちらはサルナシです。これの太いカズラは有名なカズラ橋の材料です。実はキウイ似の果実ですが果長2~3センチの小さいものです。サル(猿)の好物と言われ、猿が木のウロにサルナシの実を蓄えたものが自然発酵したものを猿酒と呼びますわね! 剣山地ではサルナシも個体数は非常に多いものも、果実を着ける個体は極めて少ないです。
これはサルナシ
サルナシの葉

野生果実を観察しすこし頂戴していたから時間をくってしまいました。見ノ越到着は08時57分になってしまいました。
08時57分に見ノ越に着く

見ノ越で持参の朝用弁当を食べたり、支度に手間取って登山開始がちょうど10時00分です。登山リフトが稼働していますが誰も乗っていません。登山者やアウトドアズマンたる者、こんなものに乗るのは退廃的堕落であります。が、しかし、日本100名山を弾丸登山している人にはいいのかもしれません。体力のない方でも山頂に立てるから、一概にダメだとも言い切れません。とあまりええように書かないのは、何べんも怒られたからです。
登山リフト稼働中

見ノ越10時00分に出発、剣山頂上ヒュッテに10時45分に到着。所要時間は45分です。2年前ならば途中でへたり込んで何べんでも休憩、2時間以上かかっていました。今日は別に駆け足で急いだわけではないのに1時間を大きく切っています。登る登山道で先行登山者を50人ぐらいお先に失礼! と声をかけて追い越しています。体力とか心肺機能とかが20~30年前に戻った感じ。悪徳算術バンブーN医師からのクスリ漬けにしてやろうという陰謀圧力に、敢然と立ち向かって、運動療法生活改善でクスリ漬けから脱却すべく、また若いころ陸上競技をやったこともあり、元陸上競技部員の沽券にかけて、1年3か月執念で続けた毎日10キロ駆け足の効果は絶大なようです。このあいだ受けた健康診断の結果を見ると、以前は多数の項目が問題ありだったのですが全て正常圏に回帰、やはり生活習慣病だという意味が身をもってよく分かりました。以前に、悪徳算術バンブーN医師に吾輩が自嘲的に言ったところ、N医師の返事にビックリ。

「先生よ、体重が増えすぎてマズイんで、痩せようと努力しているつもりなんですが、なかなかですわ」
「そない痩せらんでエエわ! 無理して痩せよったら、かえってへたばるさかいな」

なんという返事か! 「おまはん、良い所に気がついた、頑張って痩せなさい」 とでも言うのかと思いましたが、やせるなという返事です。悪徳算術バンブーN医師の腹は、たぶん、患者が減量とか生活改善に努力して健康を回復したらもう当院に来んようになる、商売ができなくなる、クスリが売れなくなる、それは困るのだ! ということなんでしょう。医師といえども患者という客がドンドンと来てくれて成り立つ商売です。患者が健康になっては困るという意識がありはしないか? そのときは腹が立って、大きな不信感を持ちましたが、クスリ漬けから脱出するきっかけとなったわけで、今ではN先生に感謝しています。恨みは消えています。

とはいうものの、まだまだ体重を引き下げ途上であります。更にあと10キロ引き下げる予定。で、今日は山小屋の前を素通りするつもりでしたが、小屋に着いたときに、ちょうど小屋から3代目のおかみさんが出てきました。吾輩の顔を見ると 「おはようございます!」 顔を覚えられているだけでなく以前に名前を聞かれています。こうなると素通りはマズイかも? あの人、また来ているのに店に寄ってくれないのか? ということになります。で、しかたがないので山頂一帯を逍遥したのちにワカメうどん (600円) とホットココア (400円) を喰った。西日本で一番高所での昼食であります。ところで、うどんのお味は? ここは日本百名山の一つです。百名山に味を問うてはいけませんよね。でも、ココアは美味いです。

頂上ヒュッテに10時45分
朝の気温は11.5度だったらしい
西日本一高所での昼飯

今日は連休です。秋分の日です。頂上ヒュッテの隣の神社も賑わっています。社殿背後にある、地質的には層状チャートからなる巨石が御神体だと思われます。この神社 (剣山本宮) は神社本庁傘下でしょうかね? 

ところで、最近、保守反動極右の政治活動に余念がない神社本庁の評判が極めて悪いです。憲法破壊の旗振り役をしていますね! 要するにアメリカ属国、戦争をやりたい、戦前の軍国主義回帰という安倍政権の手下となっているのが神社本庁です。宗教が権力者の手下をするのは間違っています。公明党もそうですが、母体の創価学会の会員はほとんどがしがない民衆です。神社にお参りする氏子や崇敬者もほとんどが民衆です。宗教が民衆の立場に立たないで、民衆を抑圧する権力者側に回ってどうするのだ! そんなことをしていたら、おそらく宗教が民衆から見捨てられるときが来るのではないか? さらに申せば、昨年のお盆のころに今上陛下のビデオメッセージがありましたが、今上陛下は現行憲法を護れ! と明らかに仰っています。自民党の改憲草案では天皇を国家の元首とすると謳っています。天皇を祀り上げています。ならば、今上陛下の護憲の思し召しが示された以上、憲法改悪は陛下の思し召しに反します。ここに大きな矛盾があるわけです! つまり天皇陛下万歳を叫ぶ極右の連中がいちばん陛下に背いていて、天皇陛下を政治利用しているだけです! 憲法改悪をもくろむ安倍政権・極右の連中に現行憲法を絶対に触らせたらいけないと、私は思います。 私も含めて世の大部分の国民はしがない民衆です。権力側ではありません。国民主権・基本的人権・平和主義を基本理念とする現行憲法の否定が、われわれ民衆にとって得なのか損なのかよく考えることです。10月22日に総選挙の可能性が高まっていますが、現行の平和憲法は “権力者の暴力から、立場の弱い我々民衆を護ってくれる、国民からの権力者に対する命令書″ であることをよく考えて投票しましょう! 安倍晋三や日本会議や神社本庁がいう改憲とは “権力者が国民を支配するための、権力者からの国民に対する命令書″ に書き換えようとしているわけです。

ついでに申せば、保守反動極右の連中は、「現行憲法はアメリカからの押し付け憲法だから、自主憲法を創る必要があるのだ!」 と勇ましく言います。ところが、日本列島には敗戦後も占領軍がいまだに居座っています。東京の横田空域は占領軍が制空権を持っていて日本の航空機は入れません。日本の政策は実際には米軍幹部と省庁幹部が月2回開く日米合同委員会で暗然と決めています。国会が決めるのじゃなくてただ形式的に承認するだけです。実際的にはこの国はアメリカの植民地同然です。極右の連中はこの点に対して全く口をつぐんでいますね! 知ってはいけない──隠された日本支配の構造 矢部宏治氏の著作が分かりやすく解き明かしています。自主憲法などと叫ぶのであれば、アメリカからの完全独立をしよう! と叫ばなければいけないのに、極右の連中は全くアメリカ隷属なんです。ここにとんでもない欺瞞・矛盾があるわけです! つまり、ハッキリ言って安倍晋三も日本会議もただの商売右翼・インチキ右翼なんですわ! 自分たちの立場や権益のためにそうしているだけなんです。ま、吾輩が言わなくても国民の多くが見抜いていると思いますが、この点もよく考えて投票しましょう!

剣山本宮宝蔵石神社
背後の宝蔵石がご神体
宝蔵石
宝蔵石

剣山の山頂一帯は平家の馬場と呼ばれ、起伏の少ないなだらかな隆起準平原であります。
平家の馬場

左の建物が阿波エコトイレで、いま登山界では日本一綺麗な山の美トイレだと評判です。右の建物は剣山測候所跡です。
阿波エコトイレと剣山測候所跡

剣山の山頂に設けられた木道がだいぶん経年劣化して、いつ踏み抜いて怪我をするだろうか? と思っていましたが、木道再生工事をやっています。山頂ピークへ行く木道のルートは3つありますが、真ん中のルートの木道の再生工事をしています。
木道再生中
木道再生中

山頂ピークの注連縄です。
山頂ピーク


剣山は西日本屈指の雲海スポットかも?

秋から初冬にかけて、気圧配置が太平洋側に低気圧があり大陸側に高気圧で、つまり北西風場にあるとき、高い可能性で雲海が見られるように思います。雲海を形成する雲は雲形10種で申せば層積雲であります。層積雲は対流圏下層の雲ですが、雲底高度が1000mで雲頂高度が1500mぐらいのときが見事な雲海が見られます。でも、雲頂高度が高いと剣山の山頂自体が雲の中に入りガスってしまいます。剣山は標高が低いので、富士山のような対流圏中層まで高く突き出た山と比べると、雲海が見られる頻度はどうしても低くなると思われます。で、やっぱり運しだい? しかしながら登山日程が自由に取れるならば、気象条件をチェックすればかなりのところまで雲海を狙うことは可能です。

青い屋根は剣山頂上ヒュッテであります。
青い屋根は剣山頂上ヒュッテ
青い屋根は剣山頂上ヒュッテ

東テラスから徳島市方向 (東あるいは北東方向) ですが、この方向が雲海を見る一番のアングルではないかと思います。この方向に見える山々は標高が低いので、運が良いと一面に広がる雲の大海原が見られるかも?
東テラスから徳島市方向
東テラスから徳島市方向
東テラスから徳島市方向

東テラスから太平洋方向です。テラスは雲上のお昼寝場であります。登山で疲れた人がよく寝ています。写真でも向こうの端で一人寝ています。
東テラスから太平洋方向

東テラスから見る次郎ギュー。剣山の南側は雲が少ないです。
東テラスから見る次郎ギュー

貞光方面 (ほぼ北) は雲が多いです。
貞光方向

見ノ越を見下ろしましたが、山上から下界を見下ろす写真は難しいです。高度感を写真でうまく表現するには、どういう技法を凝らすんでしょうか?
見ノ越しを見下ろす

山頂ピークから眺めた次郎ギューですが印象的な山容です。剣山に登った登山者の多くが次郎ギューへの縦走路を歩きます。関東から見えた登山者がこの眺望を 「丹沢山地に似ているね」 と言うてはりましたけど、どうなんでしょう? 吾輩は丹沢なんて行ったことがないから、ほんまに似ているかどうかわかりませんけど。
山頂ピークから次郎ギュー

高知県の最高峰の三嶺 (さんれい・1894m) 方向です。空気が清澄ならば遠く石鎚連峰が望見できるところですが、今日は雲があるしダメ。
三嶺方向


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.