雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
鳴門海峡に沈む夕日
2017年6月13日、鳴門海峡に沈む夕日!

本日は大潮でありました。で、午前中に仕事を片付けて磯にやってまいりました。磯の生物の観察や、海食・波食による海岸地形の観察などをしまして、お土産もどっさり。太陽が西の空に傾き、夕方が近づいて潮が満ちてきましたが、今日は綺麗な夕日がみられそうな感じです。で、日没まで海岸におりました。場所は、淡路島最南部の南あわじ市阿万丸田の海岸。南あわじ市が経営するババタレ風車の下あたりです。

少し余談でありますが、ババタレ風車はもとは南淡町がこしらえたものですが、平成の町村大合併で自動的に所管が南あわじ市となりました。この風車はハッキリ言って地元のゼネコンが工事をしたかっただけじゃねえのか? という疑念がぬぐえません。当初の計画じゃ3本も立てるハナシもあったようです。風車の建築費込みのお値段は約4億円でしたが、自治体が建てる場合は国からの補助金は約半分でした。(民間が建てる場合の補助金は3分の1) ところが、イニシャルコストの半分も国からもらっているのに、保守点検等のランニングコストが意外にかかり、また風況が少々良くても施設稼働率は低く、結局毎年1千万円近くの大赤字垂れ流しでした。風車の法定償却年数はたしか17年らしいのですが、減価償却が終わるころには耐用年数が来ちゃいますわね! ぼちぼち日本全国でダメになる風車が出始めましたね。風車は本当にエネルギーを産み出しているのか、すなわち投入エネルギーよりも産出エネルギーの収支がほんまに1より大きいのか? 大きな疑義がありますが、それは別として経営的には全くダメなものであることを、この南あわじ市の風車が証明しています。この海岸は鳴門海峡に面していて強風地帯であります。風車の周りの樹木、たとえばハマヒサカキなどを観察すると見事に扁形しています! つまり風況が非常にいいのに、経営が成り立たなかったわけです。いったい、だれが責任をとるのでしょうかね? それにしても建ったのが1本だけだったのが、まだ不幸中の幸いです。3本も建ってたら目も当てられません。


ばばたれ風車


たそがれどきの鳴門海峡です。穏やかな一日でした。
2017年6月13日 鳴門海峡に沈む夕日

すこし拡大。鳴門海峡に太陽が沈みそうな感じです。
2017年6月13日 鳴門海峡に沈む夕日

やはり、太陽は鳴門海峡に落ちそうです。
2017年6月13日 鳴門海峡に沈む夕日

ありゃあ! 雲が出てきました。こりゃあ、ダメだ。
2017年6月13日 鳴門海峡に沈む夕日

いよいよ、ダメかなあ?
2017年6月13日 鳴門海峡に沈む夕日


2017年6月13日、大鳴門橋の橋桁の下に沈む夕日!

でもまあ雲の切れ間から、太陽の全形がほぼ分かります。太陽が大鳴門橋の橋桁のほぼ下にきました。
2017年6月13日、大鳴門橋の橋桁の下に沈む夕日

午後7時10分です。雲がなかったらいいのに‥、残念!
2017年6月13日、大鳴門橋の橋桁の下に沈む夕日

あともうちょっと、日没まで秒読み開始。日没は定義上は太陽の縁が水平線(地平線)に完全に没した時点とされます。
2017年6月13日、大鳴門橋の橋桁の下に沈む夕日

太陽の上縁がほぼ没しました。午後7時13分ごろです。水平線に沈んだといえるかどうか、微妙なところです。
2017年6月13日、大鳴門橋の橋桁の下に沈む夕日


おたけさんのコメント
いいですね夕日
予定した位置に雲に隠れることなく日が落ちていってくれると、いい写真が取れるのですが、
13日は夕焼けがとてもきれいに焼けましたね、田んぼに水を入れてたのですが夕日に見とれていました。
面白いのが田植えなんかした水田に夕日が反射して2つの夕日がカメラに収まる時間帯があるのですが、
2つの夕日は色が同じでは無い時があります。
夕日は面白いけど難しいですね。

おたけさんの 「なんでも散歩写真です」



山のキノコの返信
おたけさん、こんばんは。
ここ、しばらくは大陸育ちの冷涼な乾燥気団に覆われて、朝晩は寒いぐらいですね。
空気も比較的に澄んでいて、秋みたいに見通しが利く日が続いていますね。
夕日が綺麗に焼ける気象条件になっているようです。
あとは、大気中に浮かぶ微粒子の大きさや、雲があるなし次第でしょうか。
拙写真の大鳴門橋の下にある山(徳島県側に見える山)は、じつは小豆島の山ですわ。
小豆島を動物の形に見立てた場合、後ろ足の先端部分にある白浜山(標高300m)という山です。
波打ち際にしゃがんで写真を撮ったので、50キロ先の小豆島も、標高150m以下の部分は水平線の下です。
海面ギリギリの高さから遠くの水平線を眺めたら、地球が意外に丸いものだなあと実感します。
田んぼに映る夕日もいいですねえ。少し風があって、田んぼの水にさざ波が立って、
映る夕日がゆらゆらと波打っているなんてのも、いいかも?
タマネギの収穫がほぼおわり、田植えが始まって、三原平野は一年で一番忙しいときですね。



スポンサーサイト
コメント
コメント
いいですね夕日
予定した位置に雲に隠れることなく日が落ちていってくれると、いい写真が取れるのですが、13日は夕焼けがとてもきれいに焼けましたね、田んぼに水を入れてたのですが夕日に見とれていました。
面白いのが田植えなんかした水田に夕日が反射して2つの夕日がカメラに収まる時間帯があるのですが、2つの夕日は色が同じでは無い時があります。
夕日は面白いけど難しいですね。
2017/06/14(水) 23:06:18 | URL | おたけ #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.