雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
シャクナゲのお花見が行われた
2017年5月7日、本日淡路島南部の山でシャクナゲのお花見会を行いました。

↓ 山紫水明のとても美しいダム湖です。この新緑が目にまぶしい幽邃(ゆうすい) な景色の奥のほうがシャクナゲ自生地です。残念ながら、ここがどこか? はシャクナゲ盗掘防止の観点から明かすことができませんが、小さな島の中にもこんな綺麗な景色のところがあるのは驚きです。なお、この写真は本日ではなく5月4日の写真であります。
シャクナゲ自生の山

↓ こちらは本日5月7日です。この尾根の中腹から上にシャクナゲが自生しています。この尾根をよじ登りますが、最初のとりつきがやや厳しく、岩石累々のややアルペン的な雰囲気が漂っています。しかしながら、最初のとりつきを越えれば後は楽です。それほど急傾斜ではなく、森林浴でリフレッシュできる良い散策ルートです。20年ぐらい前まではコシダやウラジロ等のシダ植物が生え茂って一部ヤブ漕ぎもしたのですが、近年は柏原ー諭鶴羽山系全体が遷移が進んで下草がほとんど消えてしまいました。そのために、ハッキリした登山道があるわけではないのですが尾根伝いを歩きやすくなりました。ま、同時に陽生の低木や草本が消えつつあるのは残念ですが‥。この一帯で昔あったベニヤマシャクヤクやチョウジソウが淡路島から絶滅し、あれほど沢山あったツツジ類、葉や花が小さいコバノミツバツツジ、葉や花が大きいトサノミツバツツジ、葉や花が粘るモチツツジ、花が朱色のヤマツツジ、花が美しい桃色のミヤコツツジ、花が純白無垢のシロバナウンゼンツツジがほとんど消えてしまいました。
シャクナゲ自生の山

↓ なんと総勢15名ものシャクナゲお花見客であります。それではシャクナゲのお花見にまいります。大勢ご参加をたまわりまして、ありがとうございました。ま、これくらいの人数がちょうどいいですね。 というのは、あまり人数が多くなるとイベントというふうに見做されて、いろいろな問題が生じてきます。行事催行計画を練って、登山届に類する書類を作成し、安全対策とか何か事故が起こったときにどう対応するのか?  場合によっては少額の掛け捨ての保険にも入り、警察署の指導も仰いで行事催行届もきちんと提出し‥、というふうになってまいりますわ。そういうことをやっていないと、万一にも事故があった場合には大変です。
なんと総勢15名のシャクナゲお花見客

遷移 (生態遷移) が進んですでに 「陽樹 → 陰樹」 へと樹種転換が起こっている段階です。林床に下草がなくなったので、とても歩きやすいです。少しこむずかしいことを申せば、いま歩いている尾根は硬葉樹のウバメガシが土地的極相林を形成する寸前です。少雨地帯の淡路島で乾燥する尾根筋では、シイが育ちにくく乾燥にめっぽう強いウバメガシが極相林をつくります。乾燥する尾根はウバメガシの一人勝ちというか天下であります。ウバメガシはわが淡路島のシンボルツリーであります。標高400mあたりから上では、暖候期には紀伊水道を吹きあがる暖湿気のためにガスがかかり雲霧帯となり、尾根筋でも比較的にしっとりしています。そのために、諭鶴羽山の社叢に見られるようなアカガシの木が見られます。淡路島南部の山で標高400m以上はアカガシが極相林をつくる樹種であります。
林床には下草がない


写真家おたけさんの作品

今年はベテラン写真家のおたけさんや、淡路ネイチャーフォトクラブの会員の方の参加をたまわりました。もう一人、事実上の朝日新聞淡路版の専属写真家の方も参加予定でしたが、御親族の人が急逝され来られなくなりました。そのため、残念ながら、このお花見会の新聞記事はありません。以下、3枚の写真はおたけさんの写真です。おたけさんには写真のご提供ありがとうございました。 おたけさんのサイト → 魚釣りのホームページ、 なんでも散歩写真です これが淡路島に自生するシャクナゲ (ホンシャクナゲ) です。 「深山の麗花」 とか 「花木の女王」 などと称されるだけあってとても美しい花です。お花見会に参加をたまわったお姉さん方から一斉に 「可愛いなあ!」 と、シャクナゲの花に魅了される声があがっていました。
おたけさんの写真
おたけさんの写真
おたけさんの写真


なぜ淡路島のシャクナゲ群落では、実生の幼株がないのか?

樹高4mぐらい幹周が大柄の人の腕ぐらいの立派な成木のシャクナゲがたくさんあって、まとまりのあるシャクナゲ群落が形成されています。なかなか大きなシャクナゲ群落です。群落そのものは徳島県の剣山地のそれよりも立派なぐらいです。けれども、シャクナゲ群落の将来をになう後継樹がほとんど見られません。林床に実生の幼木がほとんど見られないのが徳島県の山と相違する点です。このシャクナゲ群落がこれからも続いていくかどうか? ちょっと危惧されます。
シャクナゲの古木が多い

この実生株がどうなるのか? モニタリングしよう!

ひとつだけあった実生の跡継ぎ。O君 (おおくん) が見つけました。これで実生3年生ぐらいです。シャクナゲの種子はケシのように小さく、初期の生長が非常に緩慢です。こういう実生の跡継ぎが沢山ないと将来にわたって群落が続きません。
シャクナゲの子生え

なぜ淡路島のシャクナゲ群落では後継樹が育たないのか? いろいろと推論を立ててみました。推論はいろいろできますが、あくまでも頭の中での妄想の類です。何が原因なのか? よく調べないとハッキリしません。まず、見つけたこの実生株のその後がどうなるのか? もし消えるとしたならば如何なる理由で消えるのか? 経年的なモニタリングを行えば、その理由が見えてくるかも?

推論はあくまでも推論、妄想のたぐい
①、自生地の乾燥化が影響している?
   これは大いにあり得るかも? 雨量が同じだったとしても、森林の鬱蒼化しています。
   で、地表に滴下する雨量は減っている可能性はありそう?

②、森林の鬱蒼化による光環境の悪化?
   よそのシャクナゲ産地を見ると、かなり薄暗い林床に実生が見られるから、考えにくい。
   実生の幼株は耐陰性が非常に強い。

③、酸性雨などによる環境変化?
   かつて盛んに言われたが、なぜか近年は誰も言わなくなったけど、何でやろか??

④、訪花昆虫の激減のために種子の生産が減った?
   というのは観測されていないようだけど?

⑤、何らかの要因により種子の発芽能力が喪失?
   むしろ逆では? 老木ほど子孫を残そうとして良い種子を大量に生産するんじゃない?

⑥、実生苗をはぐくむ苔が生育しない?
   苔はシャクナゲ実生の育つゆりかごで、各地のシャクナゲ群落が山地雲霧帯に多い理由の一つがこれ。
   じゃあ、苔が減ったとするならば、その要因は何?

⑦、シカ (鹿) にみな喰われている? 
   シャクナゲなどツツジ属は有毒植物で、シカの不嗜好植物なので考えにくい。

⑧、ヒト (人間) が採ってしまう?
   ここはアクセスが簡単ではない場所で、訪問する人はまずいないところ。


淡路島は瀬戸内式気候の支配下であります。台風がこないかぎり盛夏の降水はほとんどありません。真夏の2か月間にほとんど雨がふらない年がよくあります。淡路島では本土導水が実現するまでは真夏の断水がしばしばありました。歴史上干ばつによる飢饉も発生しています。このように夏が非常に乾燥する気候特性であり、これはシャクナゲの実生苗には厳しい環境です。このカラカラに乾く真夏の干ばつに幼株が枯れてしまうことは考えられます。

淡路島の夏の降水量


シロバナウンゼンツツジ (白花雲仙躑躅) の花が残っていた!

何べんも申すのですが、これはコメツツジではありません。コメツツジは西日本では大峰や四国山地や九州山地のブナ帯上部~亜高山帯にかけて見られるもので、淡路島のような丘陵帯の低い山には分布していないです。淡路島の柏原ー諭鶴羽山系で見られる白い小さなツツジは、シロバナウンゼンツツジであります。花期はおおむね4月中旬~下旬くらい。
シロバナウンゼンツツジ

枝の先に花が1個しかつきません。これがコメツツジと見分けるポイントです。
シロバナウンゼンツツジ

検索表的な相違点
コメツツジ…………枝先に1~3個の花が着く。花の径は0.8~1㎝。

ウンゼンツツジ……枝先に1個の花が着く。花の径は1.3~1.6㎝。
              花は淡いピンク色である。春葉の大きはは5~10ミリ。
              春葉・夏葉の大きさの差は少ない
    シロウンゼン………ウンゼンツツジの品種。花が白いだけで、他はウンゼンツツジと同じ。
                 つまり単なる白花品である。
    シロバナウンゼン…ウンゼンツツジの変種。花は白。春葉の大きさは8~20ミリで、夏葉より著しく大きい。
                 基本種とは花色だけでなく葉にも相違点がある。
                 つまり、単なる白花品ではない。



↓ これがコメツツジです。2016年7月14日剣山の標高1900m地点にて撮影。枝の先に花が2個~3個つきます。淡路島にあるシロバナウンゼンツツジと比べると、花は小さく、葉は大きいです。見た感じも全然違いますわ。花期はおおむね6月中旬~7月上旬ぐらい。
コメツツジ
コメツツジ




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.