雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
四国の山で、春の雪!
四国の山で、“春の雪” が降った!

本日は2017年4月1日であります。

『春の雪』 と申せば、三島由紀夫の全4巻からなる長編小説 『豊饒の海』 の第1巻めのタイトルであります。三島文学は独自の美学を持ち華麗な文体ですが、かなり難解なところがあり、また面白みに全く欠けるのが三島文学の特徴のひとつで、よくわからん文学であります。大昔に読んだ記憶では、主人公が、春の雪が降る中禁断の恋人に会おうとしたのは2月26日だったか? 226事件の日という物語の設定なので読者の記憶に残る工夫がしてありました。2月26日に降る雪が “春の雪” などといえるのは、関東以西の平地の話であります。北日本とか標高の高い山であれば、“春の雪” などと称することができるのは4月の雪ではないだろうか?

さて、高越山でその “春の雪” が積もりました。3月31日~4月1日にかけて愛媛県東部 ~ 徳島県西部の山々でかなり積雪があった模様であります。各地のライブカメラを閲覧してチェックしましたところ、そんなに標高がない低い山でも積雪があったようです。標高が高いところでは気温が氷点下だったと思われ、推定積雪は20~30センチぐらいと思われます。多い所では40センチに達したのではないか? 石鎚山のアメダス成就社で昨日の降水量は38ミリです。これが氷点下の温度帯で降れば40センチの積雪です。 本日は朝のお勤めをサッサと片付けて、午前11時半に淡路島南部の雑想庵を出発、高越山(標高1133m)の尾根にある船窪高原 に積雪状況を検分に行ってまいりました。やはり、ここが南淡路から雪を見に来るには最短の場所であります。



四国の公式積雪データがないのに、かなりの積雪と言う根拠
↓ これは 気象庁サイト から借用。南岸低気圧が四国沖を東進するさいに、北東気流が瀬戸内海中央部に寒気を引き込みました。愛媛県東部~徳島県西部で2度とか3度となっています。この気温じゃ平地でも雪交じりの雨だった所もあったかも? 山じゃ文句なしに雪です。
アメダス気温分布
↓ これも 気象庁サイト から借用。3月31日07時~4月2日06時までの48時間積算降水量の分布であります。48時間雨量ですが、実際は31日夕方から1日未明に降った降水量です。四国東部よりも四国西部のほうが降水量はやや多くなっています。高越山のすぐ西側の麓にあるアメダス穴吹では22ミリの降水量でした。船窪ツツジ公園で20センチの積雪だったのですが、降水量と積雪が符合しています。ただし高越山の20センチの積雪は降水量としては30ミリぐらいあったのかも? というのはサラサラの乾雪ではなく、やや湿り雪だったので。
降水量分布



2017年4月1日、高越山 “春の雪” 写真ギャラリー

麓から高越山を見上げたら、中腹より上に雪が積もっています。徳島県立 山川少年自然の家 (閉鎖中) の屋根に雪が積もっているのが見えています。
山川少年の家が見えています

山川少年自然の家まで登ってまいりました。ここで標高700mぐらい。標高500mぐらいから道路の路肩に積雪がありました。
山川少年の家までやってきました

これがあるから、雪山に来るときはスコップに加えてノコギリが要るわけです。でもまあ、チェーンソーまでは要りません。チェーンソーが要るほどの大きな倒木ならば、断念して引き返しますね。
倒木を除けるのにノコギリ必携

船窪オンツツジ公園の駐車場です。普通ならば、雪見の車が阿波踊りの情熱で走り回ってメタメタになっているのに、今日は1台もこなかったようです。
船窪オンツツジ公園駐車場

ここからは一段と雪が深くなっています。坂になっているので中途で停車したらマズイです。再発進できなくなる可能性があります。で、低速ギアで一定のアクセルワークを保ちながらそろそろと‥。それにしても、吾輩が本日の高越山雪道走向の一番乗りのようです。土曜日なのに、麓の徳島平野に50万人以上住んでいるのに、どうしたんでしょうかね? 雪が積もったのに気づかなかったんでしょうかね?
ここから雪が深い

船窪オンツツジ公園にやってきました。13時40分です。積雪は20センチ程度です。この程度ならば吾輩の車でも来れます。これ以上積雪が増えると、前のバンパーで除雪することになるので亀になって動けませんわね。積雪が30とか40センチになったらスノーアタック専用車じゃないと無理ですわね。
船窪つつじ公園に到着
船窪つつじ公園に到着
船窪つつじ公園に到着
積雪は20センチ程度

船窪つつじ公園に到着しました。公園に隣接する小さな駐車場です。ここは剣山や矢筈山を眺める展望所ですが、今日は剣山は見えません。雲がかかっています。雲底高度は1300mぐらい。剣山のすぐ手前の丸笹山の裾あたりが見えています。
船窪つつじ公園隣接のの小さな駐車場
剣山は見えない
丸笹山の裾あたり

つつじ公園の様子ですが、こりゃあ4月とは思えない光景です。これではまだ2月中の光景です。4月の声を聞くと、ツツジ公園の林床ではカタクリとかニリンソウなどのスプリング・エフェメラル (春のはかない妖精たち) の花が咲き始めるのに、こりゃあ、地球寒冷化かも?
ツツジ公園の様子
ツツジ公園の様子
ツツジ公園の様子

14時15分です。それでは帰ります。吾輩が通った跡に道ができます。
吾輩が通った跡に道ができる

雪まくりがたくさんできています。
雪まくり

もこもこ。朝早くに来ていたら木々には綿帽子で綺麗だったと思われます。
もこもこ

国指定天然記念物のオンツツジ群落の上に、高越山のピークが見えます。
ツツジ群落の上に高越山のピーク

駐車場まで降りてきましたが、向こうに剣山スーパー林道が見えています。雲早山から上勝町に行く尾根伝いの部分が見えます。見えているのは標高1200~1300mぐらい。相当な積雪のようです。
スーパー林道が見えている

駐車場から標高差で200mぐらい降りたら放牧場みたいな開けたところがあります。徳島平野を俯瞰し、はるかに淡路島も見えています。すぐそこ、指呼の間に淡路島が見えるけど遠いです。すっ飛んできても1時間40~50分ぐらいかかります。
帰ります
淡路島が見えています



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.