雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
2017.2.15 剣山雪見写真ギャラリー (その3)
冬の装いの剣山と次郎ギュー
左側が剣山ですが別名は太郎笈 (たろうぎゅー・標高1955m)、右側が次郎笈 (じろうぎゅー・標高1930m) であります。
左が剣山、右が次郎ギュー
剣山をすこし拡大。
剣山拡大
剣山をさらに拡大。
剣山さらに拡大
剣山頂上ヒュッテの別館 雲海荘が見えてきました。
雲海荘が見えます
↓ 次郎笈を拡大、山頂付近は樹木がなく笹原なのでより白く見えます。
次郎ギュー
左側の山は三嶺 (標高1894m) 高知県の最高峰ですが徳島県との県境の山です。高知県側では 「さんれい」、徳島県側では 「みうね」 と呼んでいるようです。右側の山は塔丸 (とうのまる・標高1713m) であります。
左三嶺、右塔丸


剣山登山口の見ノ越に到着
見ノ越に滞在した1時間ほどに、6台の車を見ました。1台は越冬者の車なので、実際は5台です。人影はないので剣山に冬山登山したのがこの5台で来た人らでしょうか? 帰りがけに2人の登山者が山から降りてくるのを見ました。それにしても冬山に入る人は少ないですわね。夏山の1パーセントでしょうか? 吾輩ももちろん冬山には入りません。雪を見にくるだけです。
冬山登山客の車か?
逆方向から見たところ。
P2151279_convert_20170218140003.jpg
積雪はあまり多くはありません。
積雪は必ずしも多くはない
雪が多い年はこの高さ制限バーが埋っています。
雪が多い年はこの高さ制限バーが埋まる
酷道438号線は夜間通行止であります。けれどもバリケードがあるわけでもないし、見張りがいるわけでもありません。そこは自己責任でということか? 夜間は危険性が高まるでしょうから、もし何かあっても行政としては通行禁止措置をちゃんととってあると言うためか?
酷道438号線は夜間通行止め


見ノ越銀座はもっか冬眠中
冬場は民宿街はひっそり閑としています。誰もいません。ただし、神社の守をする人が越冬しているようであります。寒波襲来時にはここは-10度にも-15度にもなるところです。シベリアとか満州ほどではないにしても越冬は大変ですわね。
ひっそり閑
ひっそり閑
積もった雪が垂れ幕みたいにベローと垂れ下がっています。落ちてきたら怪我をしそうです。あまり下を通らないように。
P2151299_convert_20170218141037.jpg
P2151300_convert_20170218141143.jpg
地学 (雪氷学は地学の一分野) の教科書によると、雪氷は高温の物質です。われわれ人間の日常感覚では冷たい物質のハズで、??ですが、そうではなく、溶解する寸前の高温物質です。つまり鉄が溶けたり、岩石が溶けて溶岩になったりする寸前と同じだというのです。で、溶解寸前のため雪氷は奇妙な性質をあらわします。粘土の粒子が焼き物で固くなるのとおなじ 焼結作用、地球上で一番滑りやすい物質、なんにでもくっつく、飴のように流動性がある、などが高温物質としての雪氷の性質です。ただし、これらの性質も-50度以下の低温になると大幅に消えるらしい。ベローと垂れ下がる流動性などを実地で観察すると、教科書の教えることがよく理解できます。
P2151295_convert_20170218141227.jpg


駐車場も除雪されている!
まだ積雪がすくないので、駐車場まで除雪されています。雪が多い年にはここまで入ってこれません。
駐車場も除雪されています!
駐車場は、おそらくロータリー除雪車ではなく、ホイールローダーで除雪したのだと思われます。堆雪の山ができています。
除雪による堆雪
トイレは閉鎖されています。でも、昔の人は上手く言うたもので、男子いたるところに雉場 (きじば) あり と申しまして大丈夫です。じゃあ、女子はどうするんでしょう? 携帯トイレ?
トイレは閉鎖
いちおうメジャーを差し込んで測りましたが、積雪は不明です。多い少ないのムラが極端にあります。
積雪は不明


登山リフトも冬眠中であります
冬場はここの人らはだれもいません。無人です。ときどき見回りにはきているでしょうけど。去年は2回怒られたなあ。べつに悪いことをしているわけじゃないのに、ここの人らはよう怒りますね。で、たぶん顔を覚えられているみたいで、「あの神戸の人また来とるわ」 ってな顔でジロリと一瞥されます。吾輩は神戸じゃありません。淡路島です。江戸時代は徳島県 (阿波藩) ですわ。冬場は鬼がいないので何をしても安心です。
P2151285_convert_20170218140336.jpg
P2151286_convert_20170218140419.jpg
P2151287_convert_20170218140503.jpg
この剣山自然情報センターってのは、むかし夫婦池の横にあった小さな博物館がここへ移転したもの? まったく別のものでしょうかね? そういえば良く分かりません。長年しょっちゅう来ているのに、何も観察していないようです。案外ヒトの目は節穴で、目の前のものでも見ていないわけです。
P2151288_convert_20170218140548.jpg


見ノ越トンネルも通行止め
美馬市木屋平の方へは降りていけません。トンネルは補修工事がされたのでツララが出来なくなりました。以前は壁から染み出す水が氷って巨大なツララができていました。
見ノ越トンネルは通行止め
高城山 (標高1632m) が見えています。
高城山が見える
これは赤帽子山です。標高はおおよそ1620mぐらいですが、山頂に三角点および標高点がないため詳しい標高は分かりません。
赤帽子山

登山者のラッセル跡でしょうかね? もちろん神社の越冬者の足跡もありましょう。厳冬期には登る人は少ないようです。
登山者のラッセル跡?
登山者のラッセル跡か?




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.