雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
推計はあくまでも推計であって、実際の観測ではない。
本日は2017年2月5日(日曜日)であります。

●目下、二つ玉低気圧が西日本を横断中であります。本日05日09時の地上天気図では南側の低気圧の所在は瀬戸内海西部に解析され、北側の低気圧は日本海南西部の竹島付近に解析されています。残念ながら南岸低気圧となりませんでした。山で雪になるのを期待したのでありますが、当て外れであります。竹島付近の北側低気圧が北方からの寒気の南下をブロックしています。さらに、南側低気圧が前面に暖気が呼び込んでいます。これは四国山地のかなり標高が高いところでも雨となってしまう最悪のパターンです。 2月はしばらく商売がヒマになるので、四国の山へ雪見にいこうと昨夜から情報収集しておりましたが、こりゃあ、ダメだわ。本日は雪になるのは信州の標高の高いところぐらいのものでしょうかね? ただし、信州でも降り始めは雪であっても、じきに雨に変わるのじゃあねえかな?


●以下の2枚の図は、気象庁サイトの 推計気象分布:徳島県 というページであります。1キロメッシュごとの気温分布や天気分布であります。コンピューターで自動計算して表示しているみたいですが、もちろんアメダスでの観測データを基準にして計算しているのでしょうけど、わたしはこの図はあまり信用していません。まったくの門外漢が天下の国家組織の気象庁の作成図に疑問を呈しても説得力がないし、おまえは国家に歯向かう非国民だとみられる危険性があります。ですが、あえて申せば、この図はメッシュごとの標高が異なるので、その標高に応じて周辺アメダス観測値から推計しているように見えます。100mあたり0.6度気温が下がるという気温減率で単純に推計しているだけではないか? という気がしてなりません。なんとも胡散臭い図であります。別に、吾輩が講釈しなくても、気温減率なんてその時の気象状況で非常に大きくなったり、小さくなったり、大きく変動しますよね! 逆転層が出来て上空のほうが気温が高くなることもありますし! ときには、冷え込みで地表付近に放射性逆転層(接地逆転層)ができて、その接地逆転が解消されないうちに温暖前線が接近して上空に前線性逆転層が発生、つまり二重に逆転層ができることさえありますよね! 上空の気温変化はそう単純じゃないですよね。そういうことまで加味して作成している図にはとても見えません。

●山にたくさん観測所があるのならば、実際の観測値で推計もできるのでしょうけど、残念ながら観測所は人里にしかないのが弱点でしょうか? 例外は、富士山で、低気圧前面などで南からの暖気が吹きあがり気温減率が小さくなる時には、周囲のはるかに低い山のほうが気温が低く表示されるという変な矛盾が発生しますね。これは、富士山頂には観測所があって実際の気温が測られそれに基づいて表示されても、周辺の低い山では実際の気温は全く不明です。で、ふもとのアメダス観測値を基準にして標高に応じた気温逓減分を単純に引くだけ、これが矛盾の理由なのでは? ま、そこらへんのところは、気象庁もちゃんと 「なお、個々の観測地点における観測データとは必ずしも一致しない場合があります」 と言っています。この意味を僭越ながら翻訳すると 「この図は実際と合わないことがあるから、それを踏まえて利用するように」


2017年2月5日12時の推計気温分布

推計気象分布はあまりアテにならない。
●日中12時でも四国山地の標高1400m以上では雪との表示です。朝の時間帯の表示では標高1000m以上は雪で降雪分布はもっと拡大していました。ところが、高層気象観測データでは、今朝9時の850hPa高度 (1460mぐらい) の気温は西日本の観測所はすべてプラス圏であります。福岡4.8度、松江2.4度、潮岬5.0度であります。これが約1500m上空の実測値です。地上と上空の気温差が非常に小さくなっています。これでは、剣山登山口の見ノ越でも冷たい雨だ。剣山の山頂でわずかに雪かみぞれか? ということで、本日の四国山地への雪見は断念です。

2017年2月5日12時の推計天気分布


【付記】 大阪府や京都府と同列に淡路島があるではないか?
なんと、人口が数百万人もいる大阪府や兵庫県や京都府などと同列に淡路島というのがあります。淡路島が一つの県なみの扱いを受けていますね。ま、面積が592平方キロの小さな島ですが、むかし律令時代には淡路国ということで一つの国の地位でありました! 阿波国・讃岐国・土佐国・伊予国・紀伊国・淡路国の6つを合わせて南海道と称する古代の広域行政区画でしたね! なお、余談ながら 「北海道」 というのは明治になってできた名称であって、わが 「南海道」 のパクリです。そもそも北海道は 「蝦夷地」 あるいは 「蝦夷が島」 と言っていました。地名は歴史的な背景がある “歴史の化石” でありまして、みだりに変えるべきではありません。 → 推計気象分布:淡路島

淡路島は一つの県の扱い?



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.