雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
島の中の低山なのに、けっこう他府県からもお客様がきますね!
南あわじ毎週登山第4回目、2016年11月3日(木曜日)

↓ また諭鶴羽池にやってきました。小さな島でありますが、海岸から離れて山間部まできますと海は見えないし、幽邃 (ゆうすい) な山と神秘的な池であります。11月に突入したものの秋色はまだ薄く、コナラやハゼノキの紅葉は見られません。常緑樹が多い照葉樹林では12月に真っ赤に燃えるハゼノキが紅葉のみどころですが、まだ1ヶ月先であります。
諭鶴羽池
幽邃な山と神秘的な池

島の中の低山なのに、島外からの登山者がけっこう来るね!
↓ 諭鶴羽池のダム堰堤に駐車している車は香川ナンバーであります。また登山口には徳島ナンバーも駐車しています。吾輩が停めたところにも3台あって全部で10台、神戸ナンバーが8台ですが、ほんまの神戸からの来訪者も半分あるハズです。淡路島は神戸ナンバーになるので、ナンバープレートを見ただけでは島内の者なのか、兵庫県本土側からの来訪者なのか見分けがつきませんが、祭日には島外者が結構来ているのは間違いないところです。10年ほど前だったかご当地ナンバーというのが解禁されて年数が経っていますが、「淡路島ナンバー」 というのを認可せよという運動をしたら、どうだろうか? そうすれば観光客か島民か見分けがつくので観光客相手の商売がしやすいのではないか? なお、「淡路」 ではなく 「淡路島」 とするのは 大阪市東淀川区淡路 と区別するためです。 鳴門海峡は世界遺産の可能性はゼロですが、淡路島ナンバーならば可能性はありますね!
香川ナンバーの車が
徳島ナンバーの車も

↓ 12時31分に登山口を出発、山頂に13時08分に到着しました。所要時間は37分。東の方向に、画面の中央に墓石が並んでいるように見えるものは和歌山市の市街地です。
和歌山市が見える
↓ 今日はカスミが多く眺望はいまひとつですが、北西方向に、ばばたれウィンドファームが薄らと見えています。北海道根室に本社がある悪名高い風車専業会社が設置したものですが、久しぶりにその会社のホームページを覗いたら、ここ4、5年の間、新しい情報が全くアップされていないではないか! もしかして活動停止状態にあるのでしょうかね? この会社、各地でトラブルを起こし、住民から激しい反対運動が展開されてましたけど、最近は話題にもならなくなりましたね。つまり風前の灯でしょうか? 結局、風任せの不安定・制御できないクズ電力の風車など消えさる運命とみられます。それにしても環境派を自認する人々のお花畑は救いようがありません‥。(なお、これは評論)
ばばたれウィンドファーム


ウリハダカエデの紅葉が見頃!
↓ 山頂にある ウリハダカエデ がいよいよ紅葉してきました。見頃を迎えています。ウリハダカエデの紅葉をご覧になりたい方 (地元の方) はお急ぎくださいませ。他樹と見分けるために、少し観察をしました。島外の方はわざわざ淡路島にウリハダカエデを見に来る意味はありません。北海道にはないようですが、本州・四国・九州ならばどこにでもあります。やや標高の高いところ、暖帯上部 ~ ブナ帯が分布の中心のようです。
ウリハダカエデの紅葉
ウリハダカエデの紅葉
ウリハダカエデの観察
ウリハダカエデの分布

↓ 山頂に10分滞在し、30分で下山。山頂までの往復だけならば少し急げば1時間あれば可能そうです。この所要時間ならば、ダム周遊道路ジョギングを登山ジョギングに切り替えることはできそうな感じです。下山するとほとんど皆帰ったあとでした。 (吾輩が登る道すがら大勢の下山者とすれ違った) 1台残る徳島ナンバーのジムニーは、たぶん、山頂直下の無線中継所の敷地内で野外料理をしていた一家。 登山者は喰うものを持参で来るから、島内にあまりカネを落とさない‥。
下山すると皆帰ったあと


紅葉(黄葉)は樹種により、早晩が極端にある。
↓ 紅葉 (黄葉) といっても樹種により早い遅いが極端です。写真の冬枯れた林はニワウルシです。中国東北部あたりが原産地の外来樹木です。もとは街路樹用として北日本に導入されたようですが、あっというまに各地にはびこりました。原産地の短い夏が終わると落葉する遺伝的性質を引き継いでいるのでしょうかね? 落葉が早いです。9月終り頃に黄葉し落ちてしまいました。
道路斜面のニワウルシ
9月頃に落葉していた




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.