雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
錦秋の剣山は、紅葉の発色がさえないけれども見事な雲海だった! (その2)
2016年10月21日、剣山山行写真ギャラリー (その2)



↓ 頂上ヒュッテと遠くに矢筈山です。
頂上ヒュッテと遠くに矢筈山
頂上ヒュッテと矢筈山

↓ 雲海が消えてきました。
雲海が消えてきた

↓ 二ノ森へと行く縦走路から見る次郎笈がいちばん見映えがいいか? 次郎笈を拡大して観察すると、遠目には草原のたおやかな山容でありますが、浸食激しく険しそうです。
一ノ森への縦走路から見る次郎笈
剣山と次郎笈
次郎笈(ジロウギュー)

↓ 剣山の貴重植物のハクサンシャクナゲを見にいきました。中部地方以北の高い山にあるシャクナゲの一種ですが、中部地方から遠く離れた四国にも隔離分布しています。四国では剣山と石鎚山の亜高山帯にあります。剣山のハクサンシャクナゲは樹の下部の枝の枯れあがりが顕著で、群落が衰退しているのかな? とも見えるんですけれども、林床には実生の小さなものが多数みられるから衰退はしていないのかも? 来年咲く花の蕾ができています。
ハクサンシャクナゲ
ハクサンシャクナゲ


すわ、遭難者の救助か?
↓ 倒れた登山者を担架にくくりつけて、ワイヤで吊り挙げています。ゆれて恐いから目をつむっていてね、てな感じです。木道テラスの一般登山者はかたづを飲んで救助を見守っています。無事に遭難者をヘリに収納したら、拍手が起こりました。剣山は登山リフトという安易なものがあるために、体力のない人やヨタヨタした高齢者などでもj簡単に登れてしまいます。そういう意味では登山リフトは害悪であって早く撤去したほうがいいです。で、ときどき動けなくなった登山者を徳島県警の山岳救助隊が救助に出動しています。特に危険なのが行場といわれるキレンゲショウマの自生地周辺です。徳島県警のヘリは無料なのかどうかよく知りませんが、骨折とか持病の発作などで倒れ自力で下山不能の場合に、北アルプス等の事例では民間ヘリが来てくれたケースでは、100万とか200万円の請求がくるらしいです。行方不明の捜索では地元の消防団などが大勢捜索にあたって相当な人件費が要るらしいです。資力の乏しい登山者は山岳保険に入ったほうがいいかも? 昔は山岳会に所属しなければ山岳保険にはいれませんでしたけど、今では個人でも入れます。
ヘリが山頂に飛来
じつは遭難者救助ではなく、山頂に資材を上げていました。けれども、徳島県警のヘリ 「しらさぎ号」 がときどき遭難者救助に出動しているようです。徳島県警の資料によると、平成27年には徳島県内で14件の山岳遭難事故が発生、1人死亡、2人重傷、2人軽傷、11人無事救出、とのことです。 → 徳島県警察 山岳情報 「安全で楽しい登山のために」




こちらは、未確認飛行物体の着陸跡ですね!
↓ 右上の円環の場合は、大きな円の周りに小さな円が3個あります。これはUFOの本体が着陸したところに大きな円環ができ、本体から大小の足がクモみたいに出ていて、その足を地につけたところが小さな円環になったと思われます。剣山には古代にユダヤ人が来たという言い伝えがあり、ソロモン王の秘宝(聖櫃)が隠されていると言われています。(なお証拠なしのヨタ話であるが) このように神秘籠もれる剣山であるから、UFOが飛来しても何らおかしくありません。
笹原に不思議な円環
奇妙な円環
じつは、UFOの着陸跡なんかじゃなくて、ササコナフキツノアブラムシ という名のアブラムシの一種が発生し、ミヤマクマザサの葉の汁を吸って葉を枯らしたものと思われます。今年は夏が高温で降水が少なかったためにアブラムシが大繁殖? 最初にアブラムシが発生した点から、アブラムシが同心円状に外に向かって増殖した結果、円環になるものと思われます。徳島県立博物館年報 第18号 (平成20念年度) の調査研究8頁参照。


それでは、帰ります。
↓ ヒュッテの前を通って下山をはじめましたが、午後遅くなっているのに登山者がまだ登ってきます。小屋泊まりなのかもしれませんし、午後遅くても何とか登ってこようとする弾丸登山かもわかりません。リフト利用で登るのであれば、リフト終了の時刻を間違えないように‥。
帰りの登山道
↓ 800年ほど昔に、安徳天皇が剣山に登る途中で休憩し、刀を引っかけた松 (ヒメコマツだと思われます) だという伝承のある 「刀掛け松」 まで降りてきました。ここで標高は1810m。
刀掛け松
↓ 貞光川の流域の上にまた雲海が出てきました。
また雲海が出てきた
↓ 一番紅葉がましだった場所です。今年は暖かい秋で冷え込みがゆるく、紅葉の発色が全くさえませんでした。
一番紅葉がましだった場所






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.