雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
また日最高気温の記録更新ラッシュだ! 
また日最高気温の記録更新ラッシュだ! 温暖化論者は大騒ぎしなければいけません。

本日は2016年10月2日であります。 

●昨日と今日は、季節外れの猛暑であります。10月になったというのに、真夏に逆戻りであります。私事でありますが、吾輩は今日はよそに手伝いに行ってきました。暑いことは想定済みで夏衣裳で行ってまいりましたが、汗だくです。戸外である行事を行いましたが、熱中症で倒れるかもしれないという危惧さえしました。でも、毎日ダム湖の周囲2000mを最低でも3周、調子が良い日は5周も6周も駆け足して心肺機能を高めていたのが効果が出てきたのか、お陰さまで倒れませんでした。しかしまあ、なんでこんなに暑いのだろうか? 帰宅してから忙しくて数日間見ていなかった高層天気図を閲覧してビックリ、太平洋高気圧に日本列島南部がすっぽりと覆われているではないか! こりゃあ、真夏の天気図です。しかしながら、バイカル湖の南東、アムール川中流域の上空で-32.1度という観測値が見えているように、北の方ではシッカリと冬の気温となっています。北極圏の寒気がなかなか降りてこれないようです。



気象庁サイト 船舶向け天気図 (画種別) ページ から、500hPa高度・気温 の図を抜粋トリミングかつ最低限の着色をして借用します。なお、リンクは最新図しか表示されません。図で、5880mの等圧線 (正確には等高度線) に囲まれた範囲が太平洋高気圧のエリアとされています。
2016年10月2日09時 500hPa高度・気温薄いピンク色で着色した部分が太平洋高気圧の圏内ですが、地上天気図では分かりにくいのが高層天気図では明瞭にわかります。


気象庁サイト 気温の状況 から借用しました。さすがに10月なので35度超の猛暑日を記録したところはありませんが、昨日10月1日の最高気温全国トップは鹿児島県アメダス肝付前田の34.1度、今日10月2日のそれは佐賀県佐賀地方気象台の33.6度であります。
2016年10月2日 日最高気温分布


↓ 10月1日に、10月としての最高気温の更新をした地点
10月1日の、10月の最高気温記録更新地点

↓ 10月2日に、10月としての最高気温の更新をした地点
10月2日の、10月の最高気温記録更新地点

上掲の表は、気象庁サイト 観測史上1位の値 更新状況 から借用しました。ただしできるだけ数を増やさないようにと、タイ記録は除外しました。また、観測統計期間が30年に満たない短いものも除外しました。また、2日連続で記録更新した地点が3か所出ましたが、10月2日の分のみ残しました。それでもこの2日間で記録破りの地点が70地点も出現したのがいかに物凄い10月の暑さであったかを物語っています。

なお、全国に気温を測っている気象庁の観測所は約840か所でありますが、この2日間で10月の最高気温の記録を更新した地点は101か所にのぼります。(タイ記録・統計期間の長短は問わず) 約12パーセントもの観測所で10月の暑さの記録を破ったといえましょう。これは物凄いことであります。


ここは、地球温暖化利権者どもは、気合いをいれて 「大変なことになるぞ」 と大騒ぎしなければなりません。



↓ 【追加分】 10月3日に、10月としての最高気温の更新をした地点
10月3日の、10月の最高気温記録更新地点
島根県瑞穂は10月2日に続いて連続で記録更新した。

↓ 【追加分】 10月4日に、10月としての最高気温の更新をした地点
10月4日に、10月としての最高気温の更新をした地点
熊本県水俣は10月1日に続いて記録更新した。

↓ 【追加分】 10月5日に、10月としての最高気温の更新をした地点
10月5日の10月の最高気温の記録更新は、北陸地方・中国地方西部の日本海側・四国瀬戸内側で、日本海の台風に吹き込む風が脊梁山地を越えるさいに、強いフェーン現象を起こしたためです。
10月5日の、10月の最高気温記録更新地点
愛媛県大三島は10月2日に続いて記録更新した。

↓ 【追加分】 10月6日に、10月としての最高気温の更新をした地点
10月6日に、10月の最高気温記録を更新した地点
千葉県牛久・千葉県館山を除いて各地点連続の記録更新。

↓ 【追加分】 10月7日に、10月としての最高気温の更新をした地点
10月7日に、10月の最高気温記録を更新した地点

↓ 【追加分】 10月8日に、10月としての最高気温の更新をした地点
10月8日に、10月の最高気温記録を更新した地点

↓ 【追加分】 10月10日に、10月としての最高気温の更新をした地点
父島が連日記録更新
父島が何べんも記録更新していますが、本土から南へ約1000キロ、冬でも希にしか10度以下にならない亜熱帯気候区のところで、10月といっても夏の続きでありましょう。また、真夏でも最高気温記録が34.1度と本土では考えられないほど低く抑えられています。周囲の膨大な海洋の気温に及ぼす影響が窺えます。ま、特殊なところでありましょう。本土じゃ春夏秋冬と言うところ、春夏夏夏ってな感じ。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.