雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
自給自足を目指す菜園日誌  ピーマンの初成り
自給自足を目指すなどと言っても、目指すことと、実現することとは必ずしも同義ではありません。どうしても乖離があるのはしかたがありません。 

●安倍ジョンイルも、「目指す」 という言葉が大好きなようであります。 安倍ジョンイルの政策パンフレット をチェックすると、「目指す」 という言葉がやたらに目立ちます。たとえば大見出しを見ると、「GDP600兆円の実現を目指します」 とか、「地方創生の実現を目指します」 など。これはかなりズルイ表現ですが、実際はとてもじゃないけど出来ませんと言っているも同然です。力強く 「実現する!」 と宣言した場合、もし実現できなければ責任をとらなければなりません。ところが、「実現を目指す」 と言った場合、実現できなくても 「目指したんだけどね、諸般の事情や、情勢の変化なんかで実現はムリでしたわ、はははは、けどね、頑張って目指したんだよ」 と逃げ口上で誤魔化せます。国民有権者はとっくに気付いていると思うけど、安倍ジョンイルは 「絶対に失敗を認めない」 「絶対に責任をとらない」 男なんです。そういうズルさが表現の端々にチラチラと透けて見えていますね! この国は、今、民主主義が殺されるか、首の皮一枚でつながるかの岐路に立っています! 戦後最大の危機的状況ですが、7月10日の参議院選挙では安倍ジョンイルの二枚舌にだまされないように!

●つい余談に力が入るのですが、元にもどって、自給自足を目指すのはもちろん放射能汚染から身を守るためです。原子力ムラに牛耳られている政府は原発再稼働・原子炉輸出にやっきになっていますから、この国にはフクイチによる晩発性放射線障害がないことになっています。食品もまったく汚染されていないことになっています。「ことになっている」 というのはもちろん建前です。ハラの中じゃヤバイかなと思っているハズなんですが、「ことになっている」 ために見て見ぬふりです。だから、食品の放射能検査もかなり杜撰なことがひそかに噂されていますし、汚染食品の流通もささやかれています。たとえば、フクシマ沖で獲った魚をわざわざ静岡の港から水揚げすりゃ静岡県産に化けます。そういう国になっていますから、自分の身は自分で守るしかありません。 それから、よしんば放射能汚染がないとしても農薬汚染や、あまりにも沢山認可しすぎる食品添加物や、遺伝子組み換え食品の問題など、店頭で買う食品には危惧がつきまといます。そういうことからも究極の自衛策は自給自足ということであります。



ピーマン (品種不明) の初成り
たしか4月末ごろに苗を植えて、ようやく初成りです。これで草捜し (山菜採り) は終了です。ビタミン源を求めて、淡路島はもちろん四国山地にまで草捜しをしましたが、これから夏場のビタミン源はピーマンに依存します。
山の畑で栽培しているピーマン
化学肥料は金輪際やりません。有機肥料ならばやります。草木灰はドラム缶を半分に切ったもので、落葉・落枝を燃やしてこしらえます。草木灰は実が成る野菜や果樹にはとても良い肥料です。果樹・果菜以外でも、たとえばネギに草木灰をやると風で折れにくい黒々とした濃緑の良いネギになります。
化学肥料は絶対にやらない
徹底的な落葉マルチ栽培で、落葉はやがて良い腐葉土になります。腐葉土層が厚くなるとミミズが沢山棲息して土を掘り返します。つまりミミズは天然の生物耕耘機です。ミミズを大量に湧かすのが完全不耕起栽培のポイントです。冬にミミズが死滅すると上等な窒素肥料です。自然の生態系・節理は上手くできています。
落葉マルチ栽培
ホオズキカメムシ が来ています。ピーマンなどナス科の野菜やスイカやキュウリなどにも来る害虫です。自給栽培ではホオズキカメムシは見つけしだい捕まえてひねり潰します。農薬は絶対にかけません。 農薬をかけたら自給栽培する意味がありません。8本ピーマンを植えていますが、この本数ならば手で害虫を捕まえてひねりつぶすのは簡単です。

ちなみに、市場に出荷する農家ならば何百、何千本と植えるのだから、いちいち手で害虫を捕殺するなど絶対に不可能です。で、たとえば住友化学の殺虫剤の アディオン乳剤 の2000倍液とか マラソン乳剤 の1000倍液などをたんまりと散布しますね。いちおう農薬の扱いのガイドラインや使用回数規制がありますが、害虫が多いと守りきれないですね! なお、日本経団連の前の会長の米倉弘昌氏の出身は住友化学ですが、経団連はTPP推進です。アメリカ側でTPP推進の黒幕の一つは悪名高いモンサント社ですが、住友化学と世界征服をたくらむモンサント社は除草剤などの関連でそれなりの繋がりがありますよね! 彼我の大企業も政策も見えにくい水面下でつながっていますね!

初成りだ
↓ 本日 (6月14日) の収穫です。
本日の初収穫


スモモ (大石早生) の収穫
3月26日にスモモの花の写真をとりましたが、2か月半で実が熟しました。大石早生は、いま時分に店頭で並ぶ早生スモモの主力品種です。果実の大きさはスモモの中では中ぐらいですが、熟すと赤から赤紫色になります。味は比較的いいほうです。花粉のよく出る受粉樹を植えていなかったのが失敗で、着果数は少ないのですが、まあ味見をする程度ならばなんとか‥。
スモモの花
スモモ(大石早生)の収穫



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.