雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
雪は、あったわ。 徳島県吉野川市 高越山 (1133m)
本日は2016年1月27日 (水曜日) であります。

●この間の寒波で、徳島県西部では山間部人里で20センチぐらい、登山者たちの情報では山の上では40~50センチの積雪があったようです。降雪から3日経っていますが、一番徳島市寄りの 高越山 (+マークのところが山川少年自然の家) に積雪状態を見分に行ってきました。ただし、午後2時から行ったので、サッと見て、ただちにとんぼ返りです。一切寄り道をせずに素っ飛ばしていくと、2時00分に雑草庵を出て板野インターには2時35分、高越山の登山口 (ふいご温泉のあるところ) になんと3時15分に着いたではないか! 寄り道さえしなければ意外に近いことが判明しました。淡路島から日本海側に雪を見にいくのは一日がかりですが、1時間ちょっとで日本海側同然のところがあるのは嬉しいものです。




動画の最後のカーブで滑ったわ。それスコップだ! ていうかジョレンで除雪です。この程度の積雪ならば、ジョレンで車の幅だけ除雪して突破するのも手です。町の人らはジョレンなどと言うてもどんなものか分らんでしょうから こういうもの であります。雪かき専用道具 (スノーダンプなど) の代用品として農業・土木実用品が意外に役にたちます。わざわざ買わなくても田舎の家にはどこにでもあるし。これは押すのではなく引くので作業がやりやすく、車のわだちの部分だけ雪を除ければ突破できます。 で、突破したかと言うと、ここで引き返しましたわ。午後遅いですし、ここから船越つつじ公園駐車場まで (標高差で300m上まで) の間に方向転換する場所がほとんどありません。


路肩の雪山が日本海側みたいでいい感じです。
↓ 山の麓から積雪があったようですが、路面はすでに溶けています。除雪が行われたのか、道路の端のいたるところに除雪でできた雪山があります。この雪山を見ると、日本海側に来たような錯覚がしますね。 
トンネルのあたりから雪がある
除雪の雪山

↓ 登るにつれて路面は完全に雪に覆われます。
路面が雪に覆われた
完全に雪道となった
↓ 雪見客の車が大勢来て、圧雪してくれています。
雪見客の車が来て圧雪してくれてます

徳島県立山川少年自然の家 (閉鎖中) に到着
↓ 山の斜面がややゆるくなって、高原の雰囲気のある良いところですが、閉鎖されてもう10年ぐらいでしょうか? 各地にあるこういう研修施設が次々に閉鎖されていくのは、結局行政と建設業界が結託した箱物づくりだったということでしょうかね?? 
徳島県立山川少年自然の家に到着
↓ 徳島県立山川少年自然の家と、むこうの山が高越山です。ここからは山頂は標高差で400mほど上になります。
徳島県立山川少年自然の家
徳島県立山川少年自然の家と高越山
↓ 高越山の山頂を仰ぐと、雪が多そうな感じです。30センチぐらいか?
高越山の山頂を仰ぐ

積雪の深さは20センチぐらい
↓ 雪原というには積雪がすこし不足です。もう何回か寒波の吹き出しを期待したい。
雪原というには積雪が不足
↓ 積雪は20センチ程度ですが、降った直後はもっとあったか? 時間と共に雪の自重で縮むはずです。溶けたり、昇華 (蒸発) もするでしょうし。
積雪は20センチ
↓ もこもこ。 降りたてはスギの樹にミニモンスターが見られたかも? ただし、荒れている降雪時には来ないのが鉄則です。この山で一昨年の12月に高越寺の住職さんと寺男の2人が遭難死されました。全国ニュースになったのは、まだ記憶に新しいところです。安全第一だと肝に銘じたい。
もこもこ



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.