雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
なんと南あわじ市で雪が降ったわ!
●本日は2016年1月19日でありますが、今冬最強の寒波が西日本まで南下してきました。850hPa高度 (約1500m上空) で-12度の等温線が山陰地方までやってきています。-12度線がやってくると、降水があれば確実に雪となり、それもサラサラの非常に積もりやすい雪です。広島県の アメダス高野 (タカノ)午後7時現在76センチの積雪になっているようです。愛媛県の アメダス久万 (クマ) では積雪観測はされていませんが、昨夜22時に気温が氷点下になり、今日一日氷点下の気温で午後7時までに降水が50ミリを観測しています。推定で積雪50センチになっているハズです。鳴門海峡をはさんで四国本島を眺めていると、徳島県と香川県の県境にある阿讃山地の上に一日中降雪雲がかかっていました。雲の輪郭がボケていますが、雲の周囲に強風で雪が舞い散っているためです。いよいよ待望の四国山地へ雪見に行くことができそうです。

↓ 2016年1月19日15時14分、南あわじ市福良から鳴門市方向を見る。

阿讃山地に降雪雲がかかる

今日は瀬戸内海にも雪雲が侵入してきて寒い一日でしたが、とうとう夕方になって夕立のような雪が来ました。時間的には30分程度だったので沢山積もることはありませんでしたが、薄らと雪化粧です。短いとはいえかなり激しい降り方で、これが雨ならばまさにザアーと来る夕立です。

↓ 2016年1月19日17時20分、南あわじ市神代諭鶴羽ダムにて。

諭鶴羽ダムにて



気象庁サイトの 高解像度降水ナウキャスト を見ると、南あわじ市の上空で突如として雪雲が湧きたったようであります。つまり、日本海側から流れ込んだ雪雲ではなく、瀬戸内海上で湧き立ったものです。
南あわじ市の上で雪雲が湧いた



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.