雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
暖かいことは良いことなのに、警戒しなければいけないのか?
異常天候早期警戒情報って、なんなんだろう?

●朗報ですね。四国、九州、近畿ではポカポカの暖かいお正月になりそうな予測です。ぜひとも、当ってほしいと思います。吾輩はお正月には薄くて寒い衣装で過ごさなければならない特別な事情があるので、去年みたいな寒いお正月は嫌だなあと思っておったんですが、これはとても嬉しい警戒情報です。暖かい異常なる天候をシッカリと警戒してお正月を乗り切りたいと思います。

●数値予報天気図を見ると、初期値21日21時で6日後の27日21時の計算では、850hPa高度 (約1500m上空) で-6度の等温線が西日本太平洋側まで南下、-9度線が瀬戸内北岸までやってくる予想です。また四国山地で降雪の可能性が非常に高く、今度の雪は多くなるかも? 30センチか40センチ? 矢筈山では50センチ以上? と期待できます。性懲りもなく都合がつけばまた雪見に行きたいところ‥。旧 三加茂町の桟敷峠 (1020mぐらい) か、ちょっと遠いですが四国88か所巡礼の最高標高の雲辺寺 (928m) なんかもいいかも?

ところが寒波襲来は一両日だけで、対象期間のうち年末から正月にかけて異常な高温だというのです。とてもありがたいハナシです。山の上に雪を見にいくのは面白いのですが、寒いのはまっぴらごめんで暖かいのは天国なのです。ぜひ当ってほしいものです。異常天候早期警戒情報の当たる率ですが、7日間平均気温が 「かなり高い」 の適中率は約63%、 「かなり低い」 の適中率は約49%、当るも八卦当たらぬも八卦よりはマシ程度。

●さて、ここで大いに疑問なのは暖かいのは警戒することなのか? です。暖かいといっても、その予報区全体で7日平均気温がたいていは平年値から2度程度上がるだけです。地点により日によっては、日平均気温が平年値よりも10度も高い天国みたいな暖かい日があるかもしれませんが、そんなのが連日続くハズがなく、そういう1日か2日飛びぬけて暖かい日があることが7日平均気温を押し上げる面が大きいのじゃなかろうか? ともかく冬が夏になるほど暖かいのならば問題も起こるでしょうが、少しぐらい暖かいのをなんで警戒せにゃならんのだろうか?



気象庁ホームページ 異常天候早期警戒情報 から、くだんの図を借用します。
異常天候早期警戒情報


「かなり高い」 の意味は? 引用します。
階級区分値
ということです。


“暖かいこと” はとてもいいことなんです。
けっして、警戒すべきことなどではありません。


●ようするに、30個の標本があって、上位3個に入れば 「かなり高い」 ということのようです。もし、それが正規分布する現象であるならば、せいぜい標準偏差の2倍程度偏差すればいいわけです。あるいは10年に1回の頻度で起こればいいわけです。そもそも 「異常」 なる言葉の定義はあいまいで、その判定基準もハッキリしないようですが、ま、だいたい統計的には、標準偏差の2倍 (±2σ) かたよるか、30年に1回の頻度で起こる程度、とされていますよね。そんなの普通に起こることであります。むしろ、起こるのが当たり前なのであって、起こらないほうが 「異常」 なのです。で、 「警戒しなさい」 などと言うほどのことなのか? という疑問があります。ていうか、警戒の大安売り、またオオカミが来るぞ! になってしまいそう‥。 

そもそも警戒などという言葉は、大きな気象災害の危険が迫り、何も対策をしなければ大変な人的被害や経済的損失が起こりそうなときに、その被害や損失の最小化を図るために、前もって注意や対策をしなさいと呼びかける言葉です。 たとえば、室戸台風 (上陸時に911.6hPa) の再来だ、風速70mだ! 厳重に警戒しなさい! とか、富士山が300年の沈黙を破って噴火するぞ! 大江戸の町は火山灰で大混乱だ、警戒しなさい! など、そういう時に使う言葉なのです。気象庁は年がら年じゅう、異常天候早期警戒情報を出しています。もちろん、本当に警戒せねばならない気象現象・気象災害は時々ありますが、警戒などという言葉は (異常という言葉も) そう年中 気易く言う言葉じゃないですわ。警戒じゃなくて注意 (異常天候早期注意情報) ぐらいでもいいのではないか?

●それから、夏の高温期には熱中症で犠牲者が結構でるから、夏には平均気温がかなり高いのは警戒しろというのは分るんですが、寒い時期に気温が高いというのはポカポカと暖かいことです。これはとてもいいことなんです。警戒すべきことなどではなく、歓迎すべき好ましいことなんです。春みたいにポカポカと暖かいから警戒しろというのはおかしくないか? 警戒すべきであると言うからには、ポカポカ陽気で死者が出たり経済的被害が出なければなりません。ポカポカ陽気で死者が出たなんて寡聞にしてまだ聞いたことがありません。ポカポカ陽気で経済的損失を受けるのはスキー場ぐらいでしょうか? 除雪が冬の収入源になる建設会社なんかも? 灯油の需要が減るスタンドも? それから防寒着など冬物商戦の不振で商売人も? ま、そのかわりにポカポカ陽気が利益になる業種もありそうな感じがします。暖房費や服飾費が節約できた分のお金を、消費者は別のところで使いそう! スキー場がダメだったら、別の所に行って遊ぶと思うけど‥。とにかく大部分の業界も人々もポカポカ陽気で困ることなどありません。ポカポカ陽気で沈むところ浮かぶところ様々あるかもしれませんが、でもまあ経済全体では別にそれで不況になるわけでもなし‥。なんで暖かいのを警戒しなきゃならんのやろか?。


なお、「異常天候早期警戒情報」 が全く意味がない、などと申しているのではありません。豪雪地帯じゃ春先のポカポカ陽気で山の融雪が一挙にすすみ、川の増水や、ときには融雪洪水というふうなことがあるかもしれないし、そういう面での警戒は要るでしょうし役立つものと思われます。農業で西日本でも内陸部で4月に晩霜でけっこう被害が出ることがあります。そういうときにもこの情報は役立つはずです。拙稿は四国・九州・近畿での冬のポカポカ陽気が本当に警戒するべきことなのか? という点について疑問を呈するものです。


       ***********************************


おたけさんのコメント
>ポカポカ陽気で経済的損失を受けるのはスキー場ぐらいでしょうか?

こんばんわ

農家も寒くならないと野菜が予定した収穫時期に取れなくなり、収穫がずいぶん早くなってしまい、野菜があふれて価格は暴落します。市場価格に依存しているので、漁師や農家は買ってくれる仲買人に価格設定されているのが現実ですね。 11月からずっと安値が続いてます。

農家のおっさんがボヤく言葉に「高いのは血圧と気温だけじゃ」(^^;
どう返事してよいのか分からないですね。



山のキノコの返信

おたけさん、今晩は。せんどぶりです。

そうですね、いま野菜の生産者価格は安いですね。わたしも自分の仕事で管内を細々と巡回 (?) していると、あちこちで野菜を農家の人から頂戴しています。白菜をいっぱいもらっても食べきれないので、たるで漬物にしています。ま、野菜を頂戴するのは安いからで、出荷価格が高いときはなかなかくれませんね‥。

農家側の生産者価格が安いからといって、都会の消費者側が安くて嬉しいかといえば、そうでもないところが難しいところです。中間で口銭がいかに取られているのか? あるいは価格暴落を少しでも防ぐために出荷調整がされているのか? 本当は農業は市場経済ではなく計画経済でやらなきゃならない分野でしょうね。米でも野菜でも一人が食べる分量はおのずと決まっていて、収入が倍になったから2倍の米や野菜を食べるわけじゃないし、収入が半減したから食べるのも半分に減らすというわけにもいきません。結局、社会全体での需要はほぼ一定で、そこにちょっとポカポカ陽気で生産過剰になれば価格暴落、逆に寒波が続いて生産不足となれば価格は暴騰ですわね。暴騰しても、出荷する品物がない‥。農家の人が言ってましたね。 「バクチをしよるみたいなもんじゃ」

経済学で言うところの、“価格弾力性が低い” 典型例が農産物ですね。値段が上がろうが下がろうが、需要はほとんど変わらない‥。逆に、需要はほぼ一定だから僅かの需給バランスの変動で、価格は激しく乱高下です。ま、野菜の値が高くて、「植えてある野菜が500円玉に見えてくるわ」 なんて言って笑顔がほころぶときもたまにはあるから、良しとするしかないですね。

実は、ポカポカ陽気で困る業種に野菜農家の事例を書きかけたのですが、やめました。野菜の安値を喜ぶ消費者のほうが人口比率では圧倒的多数で、生産者と消費者は利益相反関係であるので、消費者的にはポカポカ陽気は悪いハナシではないですし、私も農村のなかで農家の人々と付き合いがあるので、「あんた野菜が安値で大変でしょ」 みたいな余計なお節介を言わない方が無難ですし、気象台が早期警戒情報を出したところで、天候次第のことなのでどうにもならんし、色々書きかけたら次から次へとハナシが拡散して、あれもこれもで収拾がつかなくなるから、見て見ぬフリです。




スポンサーサイト
コメント
コメント
>ポカポカ陽気で経済的損失を受けるのはスキー場ぐらいでしょうか?
こんばんわ
農家も寒くならないと野菜が予定した収穫時期に取れなくなり収穫がずいぶん早くなってしまい
野菜があふれて価格は暴落します、市場価格に依存しているので漁師や農家は買ってくれる仲買人に価格設定されているのが現実ですね。
11月からずっと安値が続いてます。
農家のおっさんがボヤく言葉に「高いのは血圧と気温だけじゃ」(^^;
どう返事してよいのか分からないですね。
2015/12/24(木) 00:17:27 | URL | おたけ #oKUqqsRc [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.