雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
環境省の調査の網から漏れ落ちたかわいそうな巨木・巨樹たち。    兵庫県南あわじ市編 (その6)
どこを、どう測るのか? それが問題だ。

9月8日付けの拙記事 で、ピンボケ写真のため幹周の数値を示せなかったホルトノキの幹周を測り直してきたので報告します。測り直すにあたり再度よく観察したのですが、根上がりの最上部の上130センチを測るとしましたが、ホルトノキの周囲をよく観察したところ、根上がり最上部を過大に上のほうと判断したのではないか? という気がしてきた。どこまでが幹で、どこからが根 (根上がり) であるのか? 非常に難しいわけです。根とは何か? 幹とはなにか? という議論を始めると収拾がつかなくなりそうです。で、次のように判断しました。
幹と根の境界は?
幹と根の境界は?
幹に沿って上のほうから下に降りてくるとき、滑らかな曲線で富士山のように裾野を引くところ迄はまだ幹であり、曲線の勾配が急激に変化して折れ曲がる変曲点のようなものが観察でき、そこからが根ではないだろうか? という解釈ですが、もっと明快な判定法があるのならばご教示たまわりますれば幸いです。

●そもそも根と茎 (幹) の本質的な違いは何だろうか? 水や無機栄養分の導通をするとか植物体を支えるなどの機能からは大きな違いはないと思われます。教科書的には維管束の配列が違うということはあるでしょうが、いちいち組織を採集して検鏡するわけにもいかないでしょうし、茎からは葉が出るが、根からは葉が出ないというのは古典的な答えかもしれませんが、必ずしもそうじゃないですわね。邪魔になるアカメガシワを掘りとって駆除しても、残った土中の根からじきにシュート (茎と葉をまとめていう用語) が出てきますね。(ただし根から出た茎に葉が着くだけで、根から直接に葉が出ることはないですが) 退治しづらいのがアカメガシワという樹木です。植物の発生の段階で胚軸ができ、 胚軸の両端の分裂組織からシュート系と根系が出来ていくから、その胚軸が根と茎の境界だという答えもあるかもしれませんが、小さな種子から樹齢何百年の大木に生長したものに胚軸なんて残っているんでしょうか? もし胚軸が残っていたり、胚軸が幹や根とともに生長したとしても、芽生えたばかりのエンドウじゃあるまいし、ここが胚軸の部分だとどうやって見分けるのか??? 結局、茎 (幹) と根の境目はどこか分かりません。 なお、引っ張り出した用語は 中山剛先生の植物学テキストでもご覧ください。

●環境省は、「根が地面から上にあがっているときは、露出している根の上端から130cm上を測ります。」 と言っています。根上がりというのは地中にあるべき根が、種々の要因で土の上に露出した状態でしょうが、露出した根の上端から130センチの高さを測れというのならば、そのためにはまず根と幹 (茎) の境目を決める必要があるのは当然です。吾輩には、正直に申してこのホルトノキの大木の根と幹の境界がどこなのかよく分かりませんわ。 幹から根に連続的に移行していて明瞭な境目がないですよね? ま、巨樹巨木の幹周を測るといっても測る高さで数値は大きく変わりますから、簡単なようで非常に難しい問題です。測り方のガイドラインで一応の基準が示されてはいても、巨木の形状は十人十色じゃなく10本10色でケースバイケースです。全ての巨木は個性的で十把ひとからげにはいきません。どこをどう測るか測定者の主観とか恣意が入りそう‥‥。 ここ1カ月ほど剣山に行っていませんが、剣山の手前のつるぎ町 (旧 一宇村) は 巨樹の里 で村興しです。巨樹・巨木林を観光資源にしようとしていますから、そういう場合には村に1本でも多く巨樹があってほしいから、恣意的に幹周の数字を大きくしようとするのではないか? 主観や恣意が入るというのはよろしくないですわね。


なお、巨樹・巨木林データベース で検索しましたら大阪府泉北郡忠岡町のエノキが幹周 (主幹) が910センチで、日本一を標榜している旧 一宇村の赤羽根大師の大エノキの870センチよりも40センチ上回っていますね。これが事実ならば、つるぎ町がいう 「日本一」 は誤りだということになりますね。「日本一」 という文言は油断もスキもありません。いちおう疑ってかかる必要がありそう‥‥。


↓ で、独断と偏見と錯誤をもって、このように測定しました。(もし不適切な測り方ならば、正しい測り方をご教示ください。)
このようにして測った
↓ 反対側。
反対側から見た
幹周は3m80センチです。
3m80センチ



ホルトノキの紅葉は美しい
すくっと立ち上がる幹の先のほうで、一部の枝が紅葉しています。
はるか頭上に紅葉の枝が
ホルトノキの紅葉
ちょっと紅葉が多すぎる感じがします。枝に虫でも入って傷んでいるのかも?
紅葉が多いので枝に虫でも?



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.