雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
環境省の調査の網から漏れ落ちたかわいそうな巨木・巨樹たち。    兵庫県南あわじ市編 (その4)
環境省の調査の網から漏れ落ちたかわいそうな巨木・巨樹たち ファイル4
ホルトノキ科 ホルトノキ 幹周3m61cm
↓ 南あわじ市神代国衙城家にあります。国土地理院地図上ではここ (+マークの所) ですが国道28号線沿いのコメリ国衙店の近くです。コメリの駐車場の一角からよく見えています。これは個人所有の巨木ですので、観察したい場合には節度と礼儀を失することがないように。それにしても個人所有でこれほどの巨木があるとは驚きです。何代にもわたってこの木を護ってきたのだと思います。普通は個人所有の木は大きくなると邪魔だとか、大量の落葉ででトユが詰まるなどで 「伐ってしまえ!」 となりがちです。大きくなったら困るぞ、まだ小さいうちに伐れというのが普通です。そうせずに代々この木を護り抜いたことに敬意を表したいと思います。それにしても個人所有でこれほどの大木があるなんて素敵ですわね。この木は主幹も大枝も全く損傷がなく健康な樹です。まだまだ大きくなるでしょう。
ホルトノキの大木 国衙コメリの近く
もこもこと入道雲 (雄大積雲) みたいな樹形です。たとえは不適切ですが御嶽山からわき上がる噴煙みたいにみえますわね。スレート葺きの倉庫の屋根の上に覆い被さるような迫力があります。 幹は非常に太いのですが、全く根上がりが見られません。ということは幹周3mを超える巨木であるのに、まだまだ生長が盛んな若木なのかもしれません。それにしても、このあたりは諭鶴羽山おろしの風が強いところです。独立した1本の巨樹なので風当りは強いハズですし、室戸台風や第二室戸台風の洗礼を受けているハズです。それどころか樹齢200年と仮定したならば、室戸台風を超える暴風に見舞われているのではないか? 三原町には独立1本立ちのホルトノキの巨木・準巨木が多いです。ホルトノキは風に強い樹木であると言えるのではないか?
幹は非常に太い
幹周は3m61センチです。
幹周は3m61センチ


環境省の調査の網から漏れ落ちたかわいそうな巨木・巨樹たち ファイル5
ホルトノキ科 ホルトノキ 幹周3m53cm
南あわじ市神代経所にあります。国土地理院地図上ではここ (+マークの所) です。墓地の敷地の中にあります。墓地に木を植えるのは良くないといわれますが、この木が植えられたのはおそらく200年前かそれ以上前のはずです。(樹齢がそれぐらいでしょうから) あちこちのお墓に大木があるのをよく見かけますが、大木であればその木が植えられたのは相当に昔のはずです。だとしますと 「墓地に木を植えるのはよくない」 などと言うのは最近のハナシかも? てなことを考えるわけですが、どうなんでしょうか?
墓地にあるホルトノキの大木
注目すべき点は野中の1本立ちであります。完璧に独立樹です。互いに日陰にしたり、土壌の養分を奪い合う競争相手がいません。この状態ならば、その木の四方八方から陽光があたります。日蔭になる木の北側でも、直射日光は当らなくても、大空全体からの散乱光は良く当たります。これが、奥山の原生林に意外に巨樹・巨木が少なく、人里に巨木が多い理由でしょう。とくに格別に大きい巨木 (スーパー巨木とでも言おうか) は原生林にはなく人里にしかまずありません。原生林の中では樹木同士ごたがいに日蔭を作ります。樹木は密集して生えているのだから、そうなるのは無理もありません。ご互いに密集して生えていたら日照不足でモヤシ状態になってしまいます。一方、里で樹木がある程度大きくなったら注連縄を張って大事にしてくれます。これが里にスーパー巨樹がある要因ではないか?
根元は太い
根元は非常に太く、枝葉は密生して茂っています。観察していると本降りの雨になりましたが、この巨樹の下にはしずくが落ちてきません。雨宿りの巨木といえましょう。
少々の雨では滴も落ちない茂りよう
幹周は3m53センチです。
3m53センチ



環境省の調査の網から漏れ落ちたかわいそうな巨木・巨樹たち ファイル6
ホルトノキ科 ホルトノキ 幹周3m24cm 2006年伐採
この切り株は南あわじ市(旧三原町)神代国衙国上にある久度神社の社叢林にあります。国土地理院地図ではここ (+マークの所) ですが、残念なことには2006年11月に伐採されてしまいました。大枝が枯れて腐朽しいつ落下するかわからない状態で、樹勢も衰えていましたが、2000年の時点ではまだ生存して葉をつけていました。なので、環境省の巨樹・巨木林の調査から漏れ落ちた巨木と言えましょう。
2006年に伐採されたホルトノキ
伐採される前には、このホルトノキは社叢林の林冠の上に頭ひとつ突き出してもこもこと茂っていました。
 
幹周3m24センチです。
幹周3m24センチ



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.