雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
台風は西日本襲来か?
台風11号は、西日本のどこにアタックするのか?

●本日は2015年7月14日 (火曜日) であります。 台風11号 (T1511) が西日本へアタックする公算が大きくなってきましたね。日本気象庁の台風予想進路 と、アメリカ軍 (JTWC) の予想進路 とがほぼ一致しました。両者ともに国家の威信をかけて台風の進路を予想しているハズです。インターネット時代になっていますから、われわれ普通の庶民が日本気象庁の予想もアメリカの予想もかたずをのんで見守っているわけです。予想をハズしたほうは国家の沽券にかかわります。で、国家の威信をかけて予想した結果がほぼ一致したというのは誠に深刻で、西日本にアタックするのはもはや避けられないでしょう。あとは自分の地方から少しでも離れてくれと願うのみですが、西日本の太平洋沿岸に住む住人は、どうか自分の所だけは来るなよと皆同じように思っているわけです。けれども、どこかに上陸するわけで、それはしかたがありません。 台風が来るのは止めることができませんが、まあ、放射能が来るよりましだと考えましょう! 台風ならば1日か2日で収束しますが、たとえ自分の家が全半壊するほどの被害があったとしても、翌日から復興に頑張ればいいわけです。放射能とちがって遠くに移住を余儀なくされるということはありません。そう考えたら、まだマシかなと思います。

●解析天気図を観察すると、台風11号の大きさは小振りかなと思いますが、小振りであるからかえって中心近くで気圧傾度が非常に大きくなっているという印象がします。だとしたら、西日本の太平洋沿岸のどこかにアタックしても、自分の地方が台風の中心から200キロ離れていたらたいしたことはないかな? と吾輩は予想します。どうか200キロ離れてくれよと願っています。本日は吾輩が自給自足をしている山中の畑へ行ってピーマンの支柱の補強をしました。もちろん強風で倒されないようにするためです。ピーマンは夏のビタミン源として重要な野菜です。瀬戸内地方平地では夏の高温乾燥でキャベツが栽培できません。で、店頭には東国のキャベツが山のように売られていますが、吾輩は食べないスね。東国の高原キャベツ畑の周辺の山菜から高ベクレルのものが沢山検出されているわけです。山菜から高ベクレルが検出されているのに、隣接するキャベツ畑が全く大丈夫っていうのは不自然じゃないですかね? おかしくありませんか? で、吾輩は野菜が大好きでキャベツも食べたいのですが、夏のビタミン補給にはキャベツは辛抱して、そのかわりに自給自足のピーマンですわ。


  ↓ 米軍予想を14日23時に閲覧し、借用しました。
米軍の台風予想進路


淡路島南部の海岸に押し寄せるうねり (7月14日16時頃)
淡路島南部海岸に押し寄せるうねり
淡路島南部海岸に押し寄せるうねり
淡路島南部海岸に押し寄せるうねり

↓ 波はまだそれほど大きくありません。
波はまだ大きくはない

↓ 海岸は潮煙で湯気が立っているみたいです。もうもうとしています。もし雨が降らなければ塩害の発生が懸念されます。
海岸は潮煙でもうもう


南あかじ市阿万吹上浜の様子(2015年7月14日15時頃)
南あかじ市阿万吹上浜 です。東西1.5キロの小さな砂浜ですが意外に風向明媚ですわね。山は山でいいのですが、海辺はまた別の良さがありますね。写真は吹上浜の西の部分。遥かに見えている陸地は四国本島です。わが淡路島の島民は本州を 「本土」 と言う (沖縄みたいね、沖縄じゃ内地か?) のですが、なぜか四国は本土とは言わないです。 島内の 行政も本土という言葉 をハッキリ使っていますよね。

吹上浜の西の部分

↓ こちらは吹上浜の東の部分です。向こうに見えている岬のようなところは淡路島の最南端です。そこの住民が言えば自画自賛になってしまいますが、美しい海岸です。日本中どこでも美しい景色がいたるところにあって、この国は大変美しい国ですね。ところが、この国で一番美しくないものは、第一次内閣のときに 「美しい国」 をキャッチフレーズとしていた宰相の醜悪な心の中ではないのか? 自分は戦場に行くことはけっしてない高みから、若者に向かって 「戦争に行きなさい」 と命令するだけです。これでは全く美しくありません。
吹上浜の東の部分

↓ 海の向こうはるかに剣山 (1955m) や丸笹山 (1712m) がうっすらと見えています。何か忘れていたのでありますが、剣山のハクサンシャクナゲを忘れていました。山頂直下の北東斜面や南斜面に個体数はわずかですが自生していますね。中部山岳から遥かに離れて剣山と石鎚山にハクサンシャクナゲがありますが、隔離分布の典型例です。もう花期は終っているかもしれませんが葉だけでも見に行きたいところ。
剣山を遠望する




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.