雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
神山町裏山の尾根一帯にもシャクナゲの花は皆無!
本日は2015年5月22日 (金曜日) であります。

●週2回、徳島大学病院に通院することになったのですが、本日行ってきました。朝早くに治療してもらったので9時半に終った。このまま真っ直ぐに淡路島に帰るのはモッタイナイ。そこで、神山町の役場の裏山のシャクナゲの開花状態を見に行きましたわ。シャクナゲは1個の花もなく前代未聞の花の不作であります。役場の裏山といっても里山ではなく、海抜1200~1300mの尾根が東西に続いていて、そこは剣山スーパー林道のルートでもあり、眺望は絶佳で山の上から淡路島が指呼の間に見えます。


↓ 神山町役場まで来ました。画面中央にそびえる山は焼山寺山です。国土地理院の地形図では、神山町役場は、 この場所 (+マークのところ) です。役場から西へ300mのところに野間殿林道の入り口がありますが、それを登ります。
神山町役場

↓ 小一時間登ると柴小屋駐車場に来ました。ここはアケボノツツジの名所として有名な薬研谷への登山口ですが、場所はここ です。海抜は1150mです。
柴小屋駐車場に到着

柴小屋をはじめ剣山スーパー林道からの眺望
↓ 柴小屋から徳島市方面を俯瞰した。
徳島市方面を俯瞰する

↓ 拡大すると淡路島の南部の山々が見えています。徳島市の中心部は眉山に隠されて見えませんワ。
望遠すると淡路島が見える

↓ 剣山スパー林道の途中から神山町の街並を見降ろしました。谷底から尾根までの比高が正味1000m少し越えているので登高感がある眺望です。
神山町の街並が谷底に見える

↓ このあいだ登った高越山 (1133m) がすぐそこに見えます。
高越山も見える

↓ はるかに矢筈山 (1849m) も遠望できます。
遥かに矢筈山も

↓ 砥石権現 (1375m) や西砥石権現 (1457m) も見えています。はるかに剣山 (1955m) や丸笹山 (1712m) の山頂付近が手前の山の間から僅かに頭を出しています。
砥石権現も見えている


秘密のシャクナゲ自生地に、花は1個もない!
ようやく秘密のシャクナゲ自生地にたどり着きましたが、ほんとに花が全くありません。こんなに花がない年ははじめてです。前例がありませんわね。ここのシャクナゲには葉の裏面に赤褐色の毛がびっしりとあります。よってホンシャクナゲというよりも、分類母種のツクシシャクナゲと解するべきです。
シャクナゲに花はなし

葉の裏面に赤褐色の毛がびっしり


ここのオンツツジは今咲いている
065_convert_20150522233431.jpg

066_convert_20150522233529.jpg

069_convert_20150522233642.jpg


本日の植物観察
サトイモ科テンナンショウ属のムサシアブミであります。この付近の山々には付属体が真っ白なお餅みたいなユキモチソウが多いことで知られていますが、ちょっと変わったテンナンショウ属のムサシアブミがあったので写真を並べます。スギ植林地の中に見られ、大きい個体や小さい個体などけっこう個体数は多かったのですが、1つだけ巨大なものがありました。ムサシアブミは葉が2枚あり、それぞれ小葉が3枚づつで構成されています。1枚の小葉で長さなんと40センチ超です。ビックリの大きさです。

012_convert_20150522232511.jpg

017_convert_20150522232623.jpg

006_convert_20150522232301.jpg

007_convert_20150522232402.jpg



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.