雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
徳島県高越山 (海抜1133m) 遭難事故は何故起きたのか?(その9) 参考サイトを見る 「西日本最高所にある小学校 その2」
天空の学校、標高の高い順の全国ランキングは?

●前エントリーで、有名な四国カルスト西端の高原酪農地にある、愛媛県西予市立 大野ヶ原小学校が、西日本で抜きんでて海抜高度の高いところにある学校ということが判明しました。また、そこは氷点下10度はあたりまえ、積雪も少ないときで50センチ、多い年では2m、かつて区内観測所があったのか? 1962年ー1963年のいわゆる38豪雪では、3m近い積雪記録が残っているそうです。ネット掲示板などで北日本の方が四国は南国だというけれども、四国でも内陸の山間部では標高が高いこともあって、とても寒いし、けっこう雪が降ることが明らかになりました。その証拠の一つが雲の上の天空の小学校 「大野ヶ原小学校」 です。 さて、では、雲の上の天空の学校ですが、日本全国でのランキングはどうなんでしょうか? 

●拙連載記事のテーマは、2014年12月5日に徳島県 高越山 (1133m) の山頂付近で発生した遭難事故の原因は何であったのか? その真相を解明して、吾輩を含めて第二の遭難事故を起こさないためにはどうしたらいいのか? を考えることです。その趣旨から逸脱してきたので、独立した別個の記事とすべきところなんですが、ある意味ではイベント業である吾輩の仕事の関係で、3月8日に大きな行事を控えているので、なかなか再調査に行けないという事情があります。3月1日には小さなヤボ行事が4つも舞い込み日曜が完全に潰れました。むかしから忙中閑ありというように、何とか時間を捻出して、平日でもいいから3月8日までに再度高越山に登りたいところ…。先日から気温が上がっているので高越山の雪は半減していると思いますが、できれば新雪が20~30センチ積もったところを高越寺参詣林道を徒歩で歩いてみて、駐車場にたどりついて雪中に倒れてみて (倒れるのは演技ですが) 検証したいところであります。


雲の上の天空の学校、全国ランキング!
やはり、予想通り、日本のハイランドにある学校が並びますね。中央高地だのハイランドなど変な言葉をよく使いますが、別に地理用語などではなく吾輩が勝手に言っているだけです。本州の中央部の長野県や北関東の山沿いは標高が高くなっています。2500mとか3000mの高山が目白押しで、山々の間の盆地や扇状地の標高もかなり高くなっています。海抜1000m以上に町や村が沢山あり人々が定住しています。そういう地域をさして中央高地だのハイランドだのと勝手に言っているだけです。で、調べたら海抜1000m以上の高地に学校が多数あるみたいです。そもそも、西日本には2000mを越える高山は一座もないから、おのずと高原や山間扇状地の海抜が低いです。で、西日本勢は中央高地の天空の学校群に全く太刀打ちできないのでは? と思われそうですが、西日本一の高海抜の大野ヶ原小学校 (1140m) が見事に11位に入りましたわね。

1位  長野県南牧村立  南牧南小学校      1325-1330m
2位  栃木県日光市立  中宮祠小中学校    1300-1310m
3位  長野県上田市立  菅平小中学校      1255m
4位  群馬県草津町立  草津小学校       1230-1240m
5位  群馬県草津町立  草津中学校       1210-1220m
6位  長野県松本市立  大野川小中学校    1205-1210m
7位  長野県木曽町立 開田中学校(公式HP無) 1160-1170m
8位  長野県川上村立  川上第一小学校    1160-1165m
9位  山梨県北杜市立  高根清里小学校    1150-1160m
10位 長野県川上村立  川上中学校       1145-1150m
11位 愛媛県西予市立  大野ヶ原小学校    1140m
12位 長野県木曽町立  開田小学校        1135-1140m
13位 群馬県嬬恋村立  田代小学校        1115-1120m
14位 群馬県長野原町立 北軽井沢小学校    1100-1110m
15位 長野県松本市立  奈川小中学校      1090-1100m 


なお、小中学校というのは小学校と中学校の併設校で、同一の敷地にあり、あるいは同一建物の中にあるので、一つの学校と看做した。

●以下、標高が1000m台や900m台になると多数の学校が存在するようです。上位群はほぼ間違いないと思いますが、国土地理院地形図上で拾いだしたり、高地にある自治体の教育委員会のサイトの情報を閲覧してリストアップしましたが、チェックしきれない面があり、ひょっとすると遺漏があるかもわかりません。全国の学校のデータベースもあるようですが、学校所在地の標高のデータなどはなく、検索不能です。リストの最上位群ならば、地形図ファンならばおおよその見当をつけて拾い出せても、はや上位100とかなると手作業でのリストアップはもはや不可能です。お手上げ。

●各学校のホームページを順番に拝見しましたが、吾輩は教育関係者ではないので教育に関することはよく分かりませんが、どの学校も学校周辺の地域の自然環境について情報を盛っています。これは大変貴重な情報で、大きな意義があります。いまやネット情報は膨大で昔では考えられないような情報が閲覧できるのですが、問題は、どこの誰が何時その情報を発信したか不明なものが非常に多く、情報の信頼性が全く担保されていません。せっかく膨大な情報がありながら利用価値のない情報がほとんどです。(つまり吾輩のブログも情報の信用性がないということです) その点、たとえば、その学校の生徒が学校の近くで○○という植物を見つけ写真入りで学校HPの掲載された情報などは、かなり信憑性があります。どこの学校でも環境教育がおこなわれ学校周辺の自然を観察し、もし生物クラブなどあれば可なり専門的な調査までやっています。学校は全国最北端から最南端まで、離島や山間僻村まで存在していますから、数千数万の学校が出す情報は貴重なのではないか? とくに、かつて区内観測所を学校が担っていた歴史があるし、理科教育の一環として校庭の隅に気象観測施設がある学校も多いようで、気象庁の観測網を補完する意味で貴重ではなかろうか


●ところで、上記のリストの学校名 (つまり地名なのですが) には聞いたことのある地名がいくつもありますね。菅平 (すがだいら)草津 (くさつ)開田 (かいだ)田代 (たしろ)奈川 (ながわ)、これらは気象庁のアメダス地点名でもあります。菅平小中学校のある菅平は関東甲信地方の人ならスキー場で有名で知名度は高いのでしょうけれども、西日本など遠く離れた地方でこの地名を知る人は、たぶん気象ファンです。申すまでもなく菅平は北海道以外での最低気温の記録-29.2度であまりにも有名です。これが本州での公式の最低気温記録であります。 (なお、かつての区内観測所時代に岩手県藪川で-35度がありますが参考記録ですし、非気象庁観測で奥日光戦場ヶ原と尾瀬ヶ原で-31度前後の観測がありますが非公式です。) 菅平で-29.2度が観測されたのは2012年2月19日であって、そう古いことではありません。

菅平・野辺山の年最低気温の推移
↑ これって温暖化してるんでしょうかねえ? 吾輩にはおおむね横ばいに見えますけど…。それにしても、おおさぶーっ(註)ていう感じです。

(註) さぶい=寒いの意味、わが淡路島の方言、人に会ったときなど 「ほんまに、さぶいのう」 などと挨拶をします。ただし、気温が+5度程度で 「さぶいのう」 ですので、地球が寒冷化して淡路島でも-15度とか-20度になったら、何というのか? 表現する言葉 (方言) が存在しません。 いまのところ旧 洲本測候所の観測で今年の最低気温は-1.5度。氷点下になったのは (冬日は) 3日だけです。

アメダス菅平は、菅平小中学校のすぐ南側に隣接して設置されているようです。もしかしたら、学校敷地の端にあるのかも? 詳細は現地調査しないとわかりません。アメダス菅平は本州最寒記録保有観測所です。いつか機会があれば見学したい観測所です。 アメダス野辺山は南牧南小学校から南南西2.3キロぐらい、JR野辺山駅から800mぐらいか? 両地点とも冷えるときは物凄く冷えますね。地名を伏せてこのグラフをみたら、だれでも北海道の道東か道北やろな、と思うでしょう。東京から120キロや150キロのところ、北緯36度台でこんなに冷えるところがあるのは驚きです。こんなにも、さぶい所で育った小学生や中学生は、逆境によく辛抱して忍耐強い人間に育つのでしょうか? どうなんでしょう?


       ***********************************


おたけさんのコメント
淡路島でどこが一番高い学校なのでしょうね?

北淡仁井小学校(廃校)それとも南あわじ市の灘小学校、
もしかしたら洲本市立上灘小学校(廃校)意外と南淡中学だったりしてね。
あぁそうだ、景観園芸学校も有ったのですね。


山のキノコの返信
で、調べてみました。国土地理院地形図から読みとると…、

仁井小学校 (廃校) は海抜190-200mです。ダントツの高所にありましたね。
津名丘陵という300mほどの広い丘の上に集落が沢山ありますよね。

灘小学校は、廃校と統合を繰り返して、日本の僻地・過疎地の象徴みたいなところです。そもそも、淡路島の中で唯一の離島振興法の指定地区でした。しかも、兵庫県教育委員会から僻地指定でかつて2級、現在は1級でしたか? 離島指定は2014年3月末で目出度く解除されました。 (沼島は離島振興指定のままで、僻地第5級!) 灘海岸は台風時には太平洋の大波が打ち寄せて海岸道路が通行不能になります。しかも、集落間の距離があります。で、分校だらけでしたわ。 

南あわじ市立灘小学校は、灘中学校跡 (灘山本) に統合移転。海抜20-30m。
灘第一小学校 (灘土生、吾輩の出身校) は海抜30-40m。
旧 灘第一小学校潮崎分校 (灘仁頃) は海抜95mぐらい。
旧 灘第二小学校 (黒岩) は海抜15mくらい。
旧 灘第二小学校来川分校 (灘来川) は海抜65か70mくらい。
洲本市立上灘小学校 (廃校・上灘相川) は海抜20-30mぐらいです。
たしか、上灘小学校は中津川と畑田にも分校があったと記憶しています。

>意外と南淡中学
当たりです。現行の、島内の公立小・中・高の学校では一番高いですね。海抜85-90mぐらいです。以下、高いところは淡路市立山田小学校60-70mぐらい、洲本市立鮎原小学校65mぐらい、南あわじ市立八木小学校62.4m標高点あり、洲本実業高校60ぐらいか、 正確な標高が不明なので順位がつけられませんです。学校の敷地は広いので、校門のある所とか校舎の玄関等をその学校の所在地と定義して、現地調査しないとわかりませんわ。

>景観園芸学校も有ったのですね。
国土地理院の地形図には、兵庫県立大学(淡路キャンパス)の名前で載っていますワ。国土地理院の地形図に載る地名や施設名は、地理院が自治体に地名調書というものを出して、地名や施設名や名跡などの調査依頼をすると書物に書いてありますが、 多分、国土地理院の掲載基準では学校の本校の名で地形図に載せるという基準がありそうな感じです。兵庫県立淡路景観園芸学校 などと名乗って独自に入学試験などを実施していますが、実は独立したそういう学校があるわけではなく兵庫県立大学 のなかの一つのキャンパスでしかありません。で、あくまでも学校の本体は兵庫県立大学なので地形図には本体の名前で載せるようです。どうやら国土交通省 国土地理院の地形図掲載基準では、淡路景観園芸学校などというものはなく、あくまでも兵庫県立大学だという見方のようですわね。ま、とにかく極めて紛らわしい学校名にしています。名前だけ見たら兵庫県立大学とは全く別の専門学校か何かだろうか? とつい思ってしまいます。一般の人を対象にして受講者を集めて園芸指導までやっているので、一体何の学校なんだ? と紛らわし過ぎますね。 さて、肝心の海抜ですが、230-270mぐらいの所にあるようですね。





おたけさんのコメント その2
景観園芸学校の地図見ました。標高を調べる便利なサイトが有るんですね。
以下↓
国土地理院 地理院地図(電子国土Web)
画面真ん中にあるクロスマークの位置に拡大画面(マウスのルーラーを回せば)を持っていって、マウス右で左下に緯度経度高さがでますね。データーはどれくらいの精度なのかわかりません。



山のキノコの返信 その2
おたけさん、こんばんは。

せっかくコメントを頂戴して水を差すようなことを言うのですが、その点はお許しください。細かな微地形を調べるには、じつは、あまり精度がよろしくないというか、あてにならないんですわ。国土地理院の地形図は測量に基づいていて、世の中にあるすべての地図の原図です。市販の普通の地図もネットで閲覧する地図も、あらゆる地図は国土地理院地図を編集したにすぎず、その点は国土地理院の地図は地図の王様です。で、私が、はめ込み借用する地図に国土地理院の地図しか使わないのは、それが本家本元の一次的地図といえるからです。つまり、他の地図は二次的な地図にすぎず、全て国土地理院地図の粗悪なコピーです。(ただしゼンリンの住宅地図は別です)

国土地理院の測量原図を見ると、三角点や標高点以外にもかなり多数の地点の標高を実測しているみたいですが、地表面すべてを漏れなく測量し尽くしているわけじゃないし、要所要所の標高を求めて、あとは空中写真判定や現地調査等をもとに等高線を引いているようですわ。で、意外に国土地理院の地形図には誤りが多いんです。とくに山間部では…。現地の地形と地形図の等高線の引き方が全然合わないことがよくあります。ま、誤りというよりも地形図の限界みたいなものかも? たいへんな優れ物の国土地理院地図ですが、おのずと限界があります。あまり細かな点まで見るには、解像度の低い画像みたいなものですわ。

国土地理院の地形図であてになるのは三角点の標高ですが、それとて測量誤差が生じるようです。何回か測量して平均をとってるみたい。で、三角点 (山の高さ) なんかコロコロと変更されています。たとえば諭鶴羽山では、608.3 → 607.9 → 608.0 など。最近、国土地理院のネット地形図が模様替えされましたが、こっそりと山の高さが大分変わっています。実は三角点の標高自体が厳密には正確と言いきれないし、とりあえずこの標高に決めときましょうかって感じです。三角点でさえ厳密には正確じゃないぐらいだから、等高線の信頼性はさらに落ちます。そういうことなので、全国の雲の上の学校の高さ番付を作成したときに、1230-1240mというふうな表記にしました。それ以上詳しくは測量士を連れて来て最寄りの標高点を基準に測量する以外にありません。かりに、中間をとって1235mと決めてもあまり意味がありません。また、その地点が1230m線と1240m線とのどっちに近いか内挿法で案分して、たとえば1237mだと決めたところで、その標高差10mの間が均一の勾配であるとは限らないので、これもあまり意味がないんです。

ま、サイト上でクリックして経緯度や標高が表示されたところで、その元になる地形図で微妙な地形を表現する限界が背後に横たわっています。で、あまりアテにはならないんですわ。地形図の上で等高線を読図するほうが、まだましなんです。実際、三角点に+マークを合わせても地形図に記入されている標高数字と違う数字が示されますわ。たいてい…。



スポンサーサイト
コメント
コメント
景観園芸学校の地図見ました、標高を調べる便利なサイトが有るんですね
以下
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://maps.gsi.go.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
画面真ん中にあるクロスマークの位置に拡大画面(マウスのルーラーを回せば)を持っていって
マウス右で左下に緯度経度高さがでますね。
データーはどれくらいの精度なおかわかりません。
2015/02/27(金) 22:20:54 | URL | おたけ #oKUqqsRc [ 編集 ]
>天空の学校

淡路島でどこが一番高い学校なのでしょうね?

北淡仁井小学校(廃校)それとも南あわじ市の灘小学校、
もしかしたら洲本市立上灘小学校(廃校)意外と南淡中学だったりしてね。
あぁそうだ、園芸景観学校も有ったのですね。
2015/02/26(木) 23:39:41 | URL | おたけ #oKUqqsRc [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.