雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
四国本島の山で初冠雪か?
四国本島の山々に初冠雪のようだ

●本日は2014年11月13日です。

今冬と言うにはまだ少し早いかもしれませんが、冬の寒波襲来であります。高層天気図を見ると、昨夜21時の500hPa高度の図で、アムール川中流域上空に強烈な寒冷渦があり、ハバロフスク上空で-41.5度です。この寒冷渦が本日あたり北日本を襲撃しそうです。北海道はもちろん東北地方平地でも初雪や初積雪が観測されるでしょうけれども、西日本でも高い山は雪ですわね。インターネットはとても便利なもので、各地の自治体等がライブカメラを設置していて、各地の山で雪が降ったかどうか居ながらにして確認できます。気象庁は気象台 (管区気象台・地方気象台) で最寄りの山岳の初冠雪を観測しているところもありますが、質・量ともに不十分です。たとえば、その気象台からその地方の最高峰の山頂付近が見えなければその山の初冠雪が観測されません。そもそも平地 (山麓) にある気象台からその山を眺めて、雪が積もっているかどうかを視認して観測するのが初冠雪です。その山が手前の低い山に邪魔されて見えなければ観測しようがないのです。

●そういうわけであるから、具体的に申せば、西日本の最高峰の石鎚山 (1982m) も、西日本第二の高峰の剣山も、中国地方の最高峰の伯耆大山 (1729m) も初冠雪が気象庁の手で正式に観測されることはありません。徳島地方気象台は剣山の初冠雪を観測していないし、松山地方気象台は石鎚山ではなく皿ケ嶺 (1278m) の初冠雪を観測しています。鳥取地方気象台は伯耆大山ではなく扇ノ山 (1310m) と鷲峰山 (921m) の初冠雪を観測しています。なお、松江地方気象台は伯耆大山に近いのですが、この気象台は山岳の初冠雪の観測をしていないです。西日本の登山愛好家は、石鎚山・剣山・伯耆大山の初冠雪に関心を持っているのですが、これら西日本を代表する山岳の初冠雪が観測されていないのは誠に残念です。

それから、もう一つ問題があって、山岳の初冠雪というのは、あくまでも麓の気象台から遠望して観測するのであります。たとえその山の山頂付近で冠雪があったとしても雲がかかっていたら見えません。せっかく冠雪があったのに雲が晴れるまでに溶けてしまうということもありましょう。このばあいは冠雪があったという記録にはなりません。登山者とか山小屋などからの情報で山頂に雪が積もっていたぞ! といっても、気象台から見えなければアウト! (記録なし) です。

ある意味ではライブカメラが気象台の初冠雪観測を補完していると言えるかも? ただし、ライブカメラは正式観測ではなく、あくまでも参考ではありましょうが…。 

●四国本島の徳島県・剣山 (1955m) の山頂直下の登山リフト西島駅 (海抜約1700m) で積雪があったようです。 また、徳島県三好市・腕山 (かいなやま・1333m) 近くの、井川スキー場リフト山頂駅 (海抜約1170m) でも積雪があったようです。たぶん、徳島県の海抜1000~1100mより上で積雪となった模様です。ただし、積雪は僅かのようです。

徳島県三好市 ライブカメラ 井川スキー場山頂 から借用。
2014年11月13日午前10時頃、海抜1170m地点。

徳島県三好市 井川スキー場

剣山観光推進協議会 剣山のライブカメラ から借用。
2014年11月13日午前10時05分。登山リフトの終点、海抜約1700m地点。

剣山登山リフト終点西島駅

剣山山頂にある 剣山頂上ヒュッテつるぎさん山小屋日記 の本日11月13日の記事によると、 「速報!初雪です。まだ暗いですが うっすら積もっている模様。-4℃。」 という情報が届きました。この剣山頂上ヒュッテには西日本で一番高所にあるお風呂が名物といえば名物でしょうね。吾輩も何回か入浴したことがありますわ。


本日の剣山の初積雪は早いのか? 遅いのか?
気象庁ホームページ 剣山測候所の観測データ検索 から寒候期における初雪や終雪の日を抽出してみました。まことに残念なのは、気象庁のリストラの一環で剣山測候所は2001年3月31日をもって廃止されました。初雪や終雪、積雪に関する観測が行われたのは僅か20年ちょっとですが、貴重な観測データを残しました。登山客は大いに参考にする必要があります。南国の山のように思われるけれども寒候期は厳しい冬山です。-15度ぐらいは当たり前の状況です。冬は一日中-10度以下などしょっちゅうです。山馴れたはずの剣山測候所の職員でさえ1名遭難死 (殉職) しています。なお、剣山測候所は剣山の山頂 (平家の馬場と言われる隆起準平原) にありましたが海抜1945m地点です。

剣山測候所の観測データから

最も早い初雪日    1989年 10月 8日
最も早い初積雪日  1881年 10月 24日 積雪3センチ
最も遅い終積雪日  1989年 5月 15日 積雪2センチ
最も遅い終雪日    1979年 5月 17日 
 



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.