雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
牛丼の吉野家は、狂気のセシウム丼を販売するのか?
●そもそも、御飯に汁ものを掛けて食べるというのは下品な食べ方なのであります。日本食物史をひもとけば、湯漬け(ゆづけ)というものが古代からおこなわれています。これは炊きたてのご飯の保温技術がなかった昔にはそうせざるを得なかった面はあります。中国からお茶が伝来したら「湯漬け」が「お茶漬け」に変遷したけれども、高貴な人はそういう下品な食べ方を好まなかったのです。鎌倉時代には「芳飯・ほうめし」というものが考案されましたが、これはご飯の上に具をのせてお茶を掛けるという、いわば丼物のルーツですけれども、下品な食べ方です。江戸時代には色々な丼物が考案され普及していきましたが、それはあくまでも庶民的な料理であって、特別な「ハレ」の料理ではなく、日常の「ケ」の料理というべきものであって、やはり、ご飯に汁ものをぶっかけるという下品な食べ方を高貴な人々は好まなかったのであります。やはり、伝統的な日本の食文化では「ご飯」と「おかず」は別々の器に盛るのが正統なのであります。

1867年に明治維新の幕は切って落とされると、日本の近代化が始まりましたが、近代化とはすなわち西洋化と同義であって、日本の伝統的な食文化も西洋化の圧力に抗しきれず、それまでは仏教の制約のもとで禁忌されていた肉食がはじまりました。1872年(明治5年)に明治天皇が牛肉を食すると、世間では牛肉食が文明開化の象徴とみなされ、燎原の火のごとく肉食が蔓延していきました。明治維新に先行する1862年に日本初の牛鍋屋が登場しましたが、現在のすき焼きとは少しことなり、味噌で煮る鍋焼きであったようです。それは表向きは肉食が禁忌されていた江戸期以前でも「薬食い・くすりくい」と称してイノシシやシカが食されていたのですが味噌で煮るという料理法が一般的で、それを踏襲したものです。(主に、樋口清之著『日本食物史』を参考)

●さて、吉野家(もとは吉野屋)が創業されたのは1899年だそうですが、時系列的には、日本で牛肉食が始まって30年前後してからであります。ということは、牛鍋という西洋かぶれの蛮人料理が普及したのちに、牛丼という料理が出来て、この牛丼が商売になるとにらんで、当時のベンチャービジネスである吉野屋が創業された、という順序になろうかと思われます。

以上の食文化の変遷・歴史から考察するならば、牛丼が日本のファーストフードだなどともてはやす代物ではないと思われます。その起源は、牛鍋の残り汁を丼飯に掛けたものであろうと想像できます。ま、茶碗に盛ったご飯に味噌汁を掛けたようなものです。牛丼というのは、そもそも料理というほどのものではないのであります。明治初期の牛鍋は材料は牛肉とネギだけで味付けは味噌味であったようですが、今のような飽食の時代ではなく、牛鍋の残り汁を捨てるのはモッタイナイから飯にかけたのです。いわば残飯処理料理と言えましょう。おおっぴらに人前に出す正メニューではなく、裏メニューなのです。牛丼の特徴をまとめると、①、ご飯に汁ものをかけるという下品さで ②、肉食という蛮人蛮族の食文化にルーツを持ち ③、残り物処理の残飯料理 という色合いが濃いわけです。吉野家のホームページを拝見すると、はやい、やすい、うまい、の3拍子を営業のコンセプトとして標榜しています。 残り汁を飯にかけるのだから「早い」わけです。また、それだから「安い」のは当たり前です。なお「美味い」かどうかも主観の問題であって、評価する基準があいまいです。牛丼の販促を狙うキャッチコピーとしては、あまり関心できません。

そもそも「安い」というのは要警戒です。どんな食材を使っているか油断もスキもありません。安いというのは原材料を買い叩いて安く仕入れているのであって、安かろう悪かろう、訳あり粗悪品である可能性があります。当たり前のことですが、普通は、良品、高品質品は値段が高いのです。高品質なものが安く売られているハズがございません。と思っていたところ、やはり、とんでもないハナシが出てきましたね。

狙いは、原材料を安く仕入れたいのだろう
●その本来は「裏メニュー」である「牛丼」を大黒柱的な主力商品として売っている株式会社吉野家が物議をかもすような発表をしました。
株式会社吉野家 『農業生産法人「吉野家ファーム福島」を設立』

引用開始】 当社は、「吉野家」で使用する食材の安全性を追求し、お客様に安心して食事をしていただきたいという思いのもと、かねてより吉野家の食材について自社生産が可能な分野はないか検討を続けておりました。今回、福島県の支援を受けながら、福島県の協力農家の皆様と連携し「吉野家ファーム福島」を設立することができました。 福島県は全国第3位の広大な県土とバラエティに富んだ気候条件、首都圏に近く、かつ発達した交通網など、農業経営には恵まれた県である一方、農業の担い手不足から耕作放棄地が全国で最大と最も多くなるなどの課題を抱えていました。今回、吉野家は、地域の協力農家の皆様と共に、新たな地域の担い手となる農業生産法人を設立、この耕作放棄地も最大限活用し、これまで株式会社吉野家ファーム神奈川で得た農業ノウハウを活かし、安定的な農産物の確保を実現していく予定です。【引用開始】(下線はわたくし山のキノコが引いた)

吉野家は、お客様の健康を案じて、「食材の安全性を追求し、お客様に安心して食事をしていただきたいという思い」が強く、「福島県の支援を受けながら、福島県の協力農家の皆様と連携し『吉野家ファーム福島』を設立して、タマネギや米など牛丼の材料を福島県で調達するというのです。なんともはや、絶句です。


この会社、正気かよ?

●ある意味では、まことに正直だ、ということは言えます。「うちの会社は福島県産の食材を使いまっせ」と堂々と宣言したのです。いまや外食産業に福島県産の食材が当たり前のように流れているのは公然の秘密です。誰もおおぴっらに言わないだけで、客も薄薄みんな知っています。ただ詳細がわからないから、どの程度、福島県産の食材が使われているのだろうか? 混入率はどれぐらいなのか? とみんなが疑心暗鬼になっています。で、福島県産の食材を使っていない業者が使っていると噂されたりする「風評」も起こっています。そういう観点から、うちは福島県産食材で行きますよと宣言したのはある意味では評価できます。こそこそと使うよりもましかもしれません。

●さて、この件で、狙い通りになるのか、裏目に出るのか? 吉野家の客足が遠のくのか? 変わらないのか? 業績にどう影響するのか? 注目です。放射能汚染問題にたいして消費者がどのような意識であるのか、どういう姿勢で対応しているのか、そういうことの指標(ものさし)になります。業績変化や株価変動に注目したいと思います。 


野生きのこ出荷制限のある市町村分布図

↑ これは農水省の外局である林野庁が発表した情報に基づいて作成しました。1キロあたり100ベクレルの基準に引っ掛かった放射性物質汚染野生キノコが確認された市町村分布です。100ベクレル以上の汚染野生キノコは、国から出荷制限要請がかけられます。キノコや山菜は放射性物質を吸収しやすいとされますが、そうじゃないだろう。野生キノコや山菜はそれを専業で商売している農家や流通業者がいないから、汚染状況を正直に発表しているのであろうと思われます。コメなど正直に汚染状態を検査し発表したならば影響が大きすぎて、手加減を加え恣意的な発表をしているのじゃないかと直感しています。この野生キノコ汚染状態が東北地方太平洋側~関東地方の汚染の実態を示唆しています。
栃木県日光市 『野生のキノコは(チチタケなど)は「採らない、食べない、販売しない」をお願いします』 なんと野生キノコから31,000ベクレルが検出されています! 基準の310倍! 恐ろしいや~~。(絶句) ある意味では、野生キノコだから発表できたのでしょうね。これが米であれば、正直に発表したならば大混乱パニックです。広大な範囲で農家はコメを出荷できないことになり、天文学的な数字の膨大な補償問題に発展します。
静岡新聞 『野生キノコからセシウム検出 御殿場など4市町』
【引用開始】 県は1日、御殿場、富士、富士宮市、小山町で採取した食用の野生キノコ合わせて6検体から、国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を上回る放射性セシウムが検出されたと発表した。富士、富士宮の両市産からの検出は初めて。県は各市町と関係事業者に採取、出荷を自粛するよう要請するともに、県民に食べないよう注意を呼び掛けている。【引用終了】
放射能汚染は、長野県東部、山梨県東部、静岡県西部あたりまで及んでいるようであります。この状況下で、吉野家が福島県産の材料で牛丼を客に提供しようというのは、狂気の沙汰というほかありません。(絶句) 

↓ 少し長いのですが、この動画を強く推奨します。まともな医者の命がけの訴えです。放射能汚染や内部被ばくの恐さを甘くみないほうがいいと良く分かる動画です。原発で利権にしている原子力ムラの連中が言っていることは、全てウソと誤魔化しと隠蔽で固められていることが分かります。



スポンサーサイト
福島原発4号機を竜巻が襲うとき…。
いま5大新聞が政府の御用プロパガンダ機関になりさがったなかで、まともな言説を展開しているのは一部の地方新聞、たとえば東京新聞とか中日新聞ぐらいだと言われています。北海道新聞もまともらしい。また、以前はお行儀が悪く品のないタブロイド紙と思われていた日刊ゲンダイが、政府の都合の悪いことでも歯に衣を着せずに辛辣に批判記事を書くことから、素晴らしい人気です。私も時々コンビニで日刊ゲンダイを買っています。たしかに通俗的、大衆迎合的な面はありますが、そういうマイナスイメージを帳消しにする素晴らしい記事が載っているのも事実です。

いま、若い人だけでなく中高年の間で新聞離れが急速に進んでいますが、その理由はいろいろあると思いますが、その大きな背景に、新聞が政府の手先になって嘘ばかり書くことが指摘できましょう。私も抗議の意味をこめて、長い間購読していた全国紙2紙と地方紙1紙をやめました。権力のしもべになって嘘ばかり書く新聞屋に毎月1万円も支払うのはアホらしいのです。しかし、紙の新聞を全然読まなくなったかと言えばそうではありません。読んでおります。つまり、悪質な新聞屋にカネを払うのを止めたということであります。新聞屋には兵糧攻めで懲罰を与える必要があります。たとえば両隣3軒で新聞を共同購入して回し読みするなど一法です。サラリーマン家庭で先に読んでもらい、時間的余裕がある家庭では後から読むなど工夫と話合いをすれば、出来なくもありません。


さて、日刊ゲンダイが注目すべき記事を書いて、警鐘を鳴らしています。
『福島原発に「竜巻」の恐怖、東電は危機意識ゼロ』 Gendai.Net 2013.9.4 


キノコ雲を上げるフクイチ原発
↑ 出典は全く不明ですが、おそらくフクイチ原発から数キロ離れた山の上のライブカメラが捉えた爆発の瞬間映像でありましょう。これは不気味でおぞましいキノコ雲そのものですね。広島原爆の原子雲(キノコ雲)を連想します。以前はこの爆発の瞬間前後の映像がネット(You Tube)に出回っていて私も閲覧しましたが、爆発と同時に青白い閃光を発していました。東電は水素爆発だと言い張りましたが、原発反対の物理学者(例えば小出氏とか槌田氏とか)はこれは臨界が起こって核爆発そのものだ、と言っていましたよね。

ゲンダイネットの記事を要約して引用
「あの竜巻が福島第1原発を直撃したら…」不安を感じた人も多いんじゃないか。2日に埼玉、千葉を襲った竜巻は、頑丈にできている中学校の体育館の屋根まで吹き飛ばしていた。「福島? 竜巻は、日本全国どこでも起こり得ます。とりわけ台風シーズンの9月、そして沿岸部で多く確認されていますね」(気象庁担当者)心配になって東京電力に問い合わせたら、「竜巻に特化した荷重設定はしていません。」(広報担当者)とのこと。<燃料棒1533本が大気中で燃え出す> 体育館の屋根まで吹き飛んだわけだ。“ハリボテ”の福島第1原発なんてひとたまりもない。核廃絶を目指して活動を行っている元駐スイス大使の村田光平氏は、昨年3月の参院予算委公聴会で、こんなことを言っていた。
(福島第1原発4号機の)核燃料プールが崩壊し、1533本の燃料棒が大気中で燃え出した場合、果てしない放射能が放出される。もちろん、東京は住めなくなる

引用終了

2013年9月4日9時 500hPa高層天気図
気象庁HP 船舶向け天気図提供ページ から 500hPa高層天気図 を抜粋借用した。気象庁がゲンダイネットの取材で 「いまは地表付近が夏、上空が秋という状態で、寒暖差が激しく、竜巻のもとになる積乱雲が発生しやすい状況が全国的に続いている」 というのはこの高層天気図から理解出来ます。8月終わりごろから大陸の上空の気温が急激に下がってきました。-18度以下の寒冷渦が南下して北日本に近づいています。この季節としては1級品の寒気が涵養されて日本列島を狙っています。

フクイチ原発の最寄りの高層気象観測所は茨城県の舘野ですが、上空500hPa高度の気温は、-5.1度です。寒冷渦が東北地方南部まで南下し、上空の気温が-15度などとなれば、地表はまだまだ晩夏で暖かいから上空との気温差は40度以上、一段と積乱雲が発達する下地ができます。そこへ、地上で、方向の異なる2つの気流がぶつかって収束するシアーラインがフクイチ原発付近にかかれば、強力な上昇気流が発生し発達した積乱雲がスーパーセルへと生長、フクイチ原発4号機が竜巻に襲われるということは、あり得ましょう。少なくとも可能性としてはありえます。絶対にないなどとは言えません。

何せ、千年に一度の地震に見舞われたのだからしかたがないと原発関係者は言い逃れしています。千年に一度の地震におそわれるぐらいなのだから、その地点では何百年に一回あるかないかの発生頻度の竜巻であっても、その地点で明日にでも巨大竜巻が起こることはあり得るハズです。論法としては地震の発生頻度も竜巻のそれも同じことです。気象庁も、今は竜巻のもとになる積乱雲が発生しやすい状況にあると言っているのだから、フクイチ原発の4号機の冷却プールにある1533本の使用済み燃料棒が、竜巻の凄まじい破壊力でワヤクチャになるのは、明日かもしれません…。

竜巻の破壊力は物凄いですね。被災者にはお見舞いを申し上げます。不幸にしてフクイチ原発4号機を竜巻が襲い、1533本の使用済燃料棒がワヤクチャになって、互いに接触し、臨界が起こったならば空気中にむき出しの状態で莫大な放射能を吐きだします。海外の専門家からは北半球全体が汚染される危険性の声が出ています。それは明日なのかもしれません…。使用済燃料プールには、放射能の環境への拡散を防ぐ格納容器などありません。恐いですわねえ。世界各国政府はこの4号機の危機的状態に懸念の声を上げていますし、汚染水が海流に乗って北米大陸沿岸に届くのはもはや時間の問題です。漁業被害が出るのは必定です。アメリカやカナダは日本政府に損害賠償を求める構えだと報じられていますよ。ドイツのメルケル首相はフクシマの収束不可能な惨状を見て「ドイツの脱原発は正しかった」と言っています。それにもかかわらず、オリンピック招致に浮かれるこの国の指導者たち、安倍首相や猪瀬東京都知事らは、放射脳になって頭がイカれているのではないのか? この国は危機的状況の只中でオリンピック招致だなどと、狂っているというしかありません。オリンピックなどハッキリ言って建設利権やろが。スタジアムや選手村建設や関連工事など建築利権を狙っているだけです。そんなものに無駄なカネを流し込んでいる余裕など、もはや、この国には無いハズだ。



政府の御用放送局のNHKの内部にも、なんと反原発の人がいる!
●グレゴリオ暦で2013年、和暦で平成25年あるいは皇紀2673年となりました。新しい年を迎えて、何か新しい展望が開けるわけでもないし、なにか新しい期待が膨らんでくるのでも決してありません。昨年から続く世の中のトレンドがきわめて線形的に進行するだけなのであって、なにか特別な相移転が起こるようなこと (たとえば固体であった物質が華麗に液体に変化するようなことなど) そんな劇的なわくわくするような大変化は何も起こらないのです。今日は昨日の延長であり、明日も今日の延長であり、明後日も…、「未来」 とは通常は過去から続く傾向線の外挿でしかないのです。要するに何も変わらないのです。

●「明けましておめでとうございます」 などと、呑気な阿呆みたいなことを言っている状況ではありません。何も変わらないのであれば、まだ、ましなのかもしれません…。むしろ、「この国は滅びへの道を下っていますね」 と新年の挨拶をしなければならない状況であります。全有権者1億人強のなかで僅か1600万人強、すなわち、たった16%の支持しかないのに、憲法改正もハッキリと射程圏にはいったほどの絶対安定多数を1党に与えてしまいました。過去に不正を行ったことが判明し自民党と繋がりの濃厚な “ムサシ” という会社の投票集計システムのプログラムに、恣意的な改竄工作が行われたのでないか? という疑問の声が澎湃として湧きおこっています。その疑問はまだ状況証拠の疑いだけの段階ですので横に置いておくとしても、さて、100人中84人の有権者が本当にこれでいいのだと思っているのであろうか? 

●早速に、政府は原発推進の動きを強めています。全原発の再稼働がおこなわれるのは、もはや時間の問題であります。原子炉の下に活断層が見つかった原発2基のみ廃炉にするのは規定のことで、完全な “煙幕作戦” であります。つまり、目くらましです。他の問題点を隠すための程度の低い戦術です。活断層があったら危ないとして、活断層の見つかった原発のみ廃止する、しかし、活断層が見つからなかった原発は安全なんだと誘導しているのです。原発の問題点は申すまでもなく沢山あります。原子炉の老朽化・海溝型巨大地震による強振動や津波・電気代以外の部分で流し込む税金コスト・核開発疑惑・高レベル放射性廃棄物…、などなど沢山の深刻な問題があるのにもかかわらず、活断層の問題のみに矮小化して誤魔化しているのです。見え透いた、国民をバカにしたような煙幕作戦に騙されてはいけないのです。

全原発再稼働は時間の問題というだけではなく、消費税というフラット課税を担税能力のほとんどない貧乏人にいたるまで一網打尽にかぶせて、頑張った人には報いを厚くする必要があるなどとして法人課税と累進課税の更なる軽減を狙っているようです。よく聞くと、“頑張った人” というのは、たとえば、右のお金を左に動かし左のお金を右に動かして何らの生産活動もしない村上世彰氏のような人を指すみたいであります。また、アメリカのオバマ大統領が 「アメリカは、アジア太平洋地域から国益を得る」 などとハッキリと公言し、参加国のGDP比重で日米で8割を占めるTPPに参加しないと、「アジアの成長から取り残される」だの 「成長のバスに乗り遅れる」 などというアホな妄言をいうTPPに巻き込まれるの必定であります。アジアの大国の中国もインドネシアも韓国も台湾も入らないTPPに参加しないと、なぜ日本がアジアの成長から取り残されるんだろうか? アホ違うか? 政府は(自民党は)日本の国益を考えているのではけっしてなく、さらなる属国化政策に向かっているとしか見えないのですが、本当に、有権者100人中16人はそれで良しとしているんでしょうが、残りの84人もこれでいいと思っているのでしょうかねえ??

さて、政府の広報機関であり、北朝鮮の国営放送と大して変わらないあのNHKの内部にも、原発反対の良識を持っている人々が居ることには驚きです。ていうか、組織の一員としては政府の広報機関を演じざるを得ないのだが、個人的な見解では反原発の考えの人々がNHK内部にもけっこう居るということなのか?

要拡散記事
『神州の泉』 様の2012年1月1日の記事 『紅白で「 NUKE IS OVER (原発は終わった)」。森本アナ&斉藤和義デュオ結成か?(マッド・アマノ)』 マッド・アマノ氏が書いた文章を神州の泉様のブログに掲載しているという形式の記事です。「ここで重要なことはブログなどで「斉藤問題」をどんどん取り上げて情報を拡散することだ。その意味からも当コメントの転載は自由としたい」とマッド・アマノ氏が書き、ブログ管理者の神州の泉様も「転載自由」としていますので、転載させていただきます。

(余談ながら、転載自由などと銘打つのは、改正著作権法が1月1日から施行されたので、その対応でしょうかねえ? 1月1日から著作権侵害が親告罪ではなくなりました。著作権を侵害された人の訴えがなくても、警察当局のさじ加減一つで著作権侵害がありと看做せば、捜査や起訴ができるようになったので、何か反体制的な主張をする場合は著作権侵害とみなされないように厳重な注意が必要になりました。不用意な過度の引用や転載は止めておくほうが無難です…)

転載開始
 紅白でシンガーソングライターの斉藤和義さんが予定の「やさしくなりたい」を取りやめて原発批判の 「ずっとウソだった」 を歌うのでは、と秘かに期待していたのだが、残念ながらそれはなかった。

 ところが斉藤さんがギターのストラップに「NUKE IS OVER」という文字を入れていた、という重要な情報を友人から知らされた。私はうっかり見逃してしまったのでネットで確認したところ、指摘の通りだった。

“(原発安全は)ずっとウソだった”を作詞作曲、You Tubeで歌った斉藤和義さんをそもそも、紅白に出場させること自体、NHKとしては異例中の異例だったはず。恐らくNHKの経営陣は斉藤さんのことをよく知らなかったのかもしれない。“♬ずっとウソだった。ずっとクソだった”などと茶化し半分の原発批判をやらかした歌手をよりによって紅白に出場させるということは自殺行為以外の何ものでもないわけで決して許されるものではないはず。これをやってのけた担当ディレクターたちの勇気は評価に値するものだ。

 私の推察によれば正月休み明けあたりからNHK内で「斉藤問題」が浮上するだろう。そして、責任追及が始まり、密かに責任者が左遷か停職処分を受ける可能性が大だ。もちろん、秘密裏にだ。私たちは、ここを見逃してはならない。

 ここで重要なことはブログなどで「斉藤問題」をどんどん取り上げて情報を拡散することだ。その意味からも当コメントの転載は自由としたい。ただし、出所元を 「ブログ神州の泉」 と記して欲しい。

 さて、NHKは一方で原発批判番組を制作し厳しいコメントを発した森本健成アナの痴漢容疑・逮捕・拘束という問題を抱えている。NHKは不起訴・停職処分ということで一件落着としたいのだろうが、この事件も非常に胡散臭いものだからこのまま見過ごしてはならない。

 聞けば、森本アナの飛び入り出演で斉藤さんとのデュオ「ずっとウソだった」を歌う予定だったとか。まっ、これはまずない話ではあるが、この際、両人の協力のもとで録画し、You Tubeに流せばいい。まず、私はそのシーンをパロディー仕立てにして当ブログに公開した。転載は自由としたので当コメントとともに、ぜひ拡散していただきたい。
転載終了

NHKの内部に、なんと、反原発の歌を歌うミュージシャンを紅白歌合戦に出場させた人が居たというのは驚きであります。期待された反原発ソングは歌えなかったが、マスコミの中にもまともな人が居るということを示唆しています。

注目するべき点は、リンク先のYouTube動画 「ずっとウソだった」 で、視聴者の高評価と低評価の比率です。この動画は「ずっと好きだった」というヒット曲の歌詞を原発批判の文言に替えた歌ですが、1月2日22時時点での視聴アクセス数は233455アクセスです。評価した人のうち高評価は834票であり、低評価は78票であります。次のように考えても大きな外れはないのではないか。やはり、世の中の人々の圧倒的多数は、嘘と誤魔化しで塗り固められた原発には反対だということでありましょう…。
高評価 = 原発反対の考えの人 …………… 834票 91.4%
低評価 = 原発賛成の考えの人 ……………  78票  8.5%

どんどん、拡散しましょう!


YouTube動画追加
「斉藤和義 ずっとウソだった」 こちらの別の動画では、2011年11月13日にアップロードされて1年余りで、442451アクセスです。反原発ソングは圧倒的多数が支持していますね。

高評価 = 原発反対の考えの人 …………… 1272票 95.7%
低評価 = 原発賛成の考えの人 ……………  57票  4.3%

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.