雑想庵の破れた障子
ぺんぺん草に埋もれた山中の雑想庵。 破れた障子の小さな穴から見えるものを綴ります。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
ニワウルシは本当に問題なのか?
そろそろニワウルシの果実が赤っぽく色づいてきました。つい1か月か、もうすこし前に大きな花序を出して花を咲かせていましたが、もう果実が色づくとは季節が進むのは早いものです。さて中国東北部原産の外来樹木とされるニワウルシがはびこっています。耕作放棄した果樹園や畑の跡とか、斜面の崩壊地とか、谷川の土手とか、諭鶴羽山系のいたるところで野生化しています。もとは街路樹等で導入されたものが起源で、広がっていったのではないかと言われています。ニワウルシは別名シンジュとも呼ばれる外来種です。

青空を背景に赤く色づく
↑梅雨明けの水蒸気が多い白っぽい青空に、ニワウルシの大きな複葉と赤っぽい花序(果実になっているから果序と表現すべきか?)が映えています。意外に美しいものです。街路樹にしたというのもうなづけます。

ニワウルシの果実の集団
↑果実がたくさん大集団になっています。この写真の果序を採取して持ち帰り、果実の個数をかぞえてみました。843個でした。この果序はこの木では特に大きくもなくまた小さくもありません。平均的なものです。ざあっと木全体に何個の果序があるか? 40個ほどです。樹高は目測で10mです。843×40で33720個です。という大雑把な計算してみました。

1本の平均的な大きさの成木のニワウルシの木に何個の果実がつくか? 答えは、オーダーとして数万というところです。10の4乗~10の5乗個あたりであることはほぼ間違いなさそうです。

果実は写真でも分かるように、長さ5ミリの種子の周囲に翼がついています。長細い形で、任意に20個の長さを計測すると45~52㎜の範囲にあります。843個の果実の重さを測ると134グラムです。(生の状態です)1果実の重さは0.159グラムです。果実6個で1円玉の重さということになります。秋になって樹上で乾燥すると重さは5分の一ぐらいになるのでは? 果実の翼は平面ではなく、ややねじれた形態です。試しに、すこし高いところからこの種子をまき散らしてみると激しく回転しながら落ちていきます。このニワウルシは種子が風散布の植物でしょうが、秋の木枯らし1号の強風に乗ってかなり飛びそうな予感はします。

さてあちこちでニワウルシがはびこっています。
耕作放棄のミカン園跡で生長したニワウルシ

灰色っぽい幹のニワウルシ

上の2葉の写真は放棄されたミカン園の跡です。白っぽい幹が見えている樹木がニワウルシです。テッポウムシなどによりミカン樹が枯らされ裸地状態になった後、二次遷移がどんどんと進行しています。1年生草本がほとんど消え去り、多年草のススキや蔓植物のクズやハスノハカズラがはびこり、先駆種といわれる樹木が侵入して林状になっています。

環境省はニワウルシを特定外来生物に指定して問題だと主張しています。はたして本当だろうか? おおいに疑問があります。この場所は耕作放棄された場所です。そもそも果樹栽培という農業を止めたからニワウルシが侵入しました。だからニワウルシが農業の障害になるということは有りえません。また、かつてはこの場所は耕作地ですから在来植物も貴重植物もありませんでした。もしそれらが有れば、雑草として抜かれたハズです。どんな貴重植物といえども田畑に生えるものはすべて雑草です。抜かれるか除草剤をかけられます。そういう経緯を考えると、ニワウルシが在来植物を脅かすという見方は全く的外れです。川原に生えるのを問題視する向きもありますが、川原は折々に洪水でやられる場所です。ダムが整備され治水が進んで洪水が減ったので、川原にニワウルシがはびこったともいえます。また洪水が起こればニワウルシは流れていくでしょう。ニワウルシが毒のある植物でヒトが大勢かぶれるとか、中毒をするならば駆除する必要もありましょうが、毒植物ではなさそうです。良く考えると、別に問題だと騒ぐ必要は全くないのです。

ま、申せば、かつて「環境庁冬の時代」と言われる時期がありました。かつて公害問題が大きな問題でしたが、対策を講じた結果、大気汚染とか水質汚濁とかが大分改善され、環境庁の仕事が減りました。それでは環境庁としては困るのです。環境庁は新しい問題を必要としました。そこに登場したのが、フロン問題や地球温暖化問題、ダイオキシン問題などです。それらが一段落ついたり、地球温暖化問題ではクライメート・ゲート事件が起こってヤバイことになりました。いまや温暖化なんてほとんど言わなくなったし、言っているのはほとんど日本だけです。崩壊寸前ですよ。地球温暖化にちょっと遅れて生物多様性問題や、特定外来生物問題が登場しましたが、これらは地球温暖化ほどには利権にできず、その取り組みは低調です。それでも一部の人たちは騒いでいます。環境庁は組織が膨張して環境省になっていますが、多くの問題が、問題があるから問題になるのではなく、利権・省益・組織拡大・外郭団体膨張のネライで、問題が必要だから関連の法律を作り問題化している面があることを、見落としてはならないと思います……。








スポンサーサイト
ナルトサワギクは本当に問題なのか? 利権の匂いが…。
キク科の「ナルトサワギク」が問題だと騒いでいる人たちがいます。環境省が2006年に特定外来生物に指定しました。それで「ナルトサワギクは “植物版のブラックバス” だ! これを放置すれば在来植物がみんな駆逐されてしまう」などとアホウなことを主張して、利権にする人たちまで出ています。駆除するための対策費(=税金)を頂戴しようというのです。

そこで、仕事の合間の余裕時間はほとんどフィールドに出て、自然観察をしている視点から “もう一つの見方” を提案したいと思います。結論から申して、ガタガタと騒ぐ必要は全くありません。ほうっておけばいいのです。そのうちナルトサワギクは嘘のように消滅するか、在来種と適度に折り合いをつけて共存するでしょう。ま、申せば危機を煽って騒ぎ立てるのは、税金をくすね盗る常套手段なのです。

つぎの参考サイトは環境省のものです。
環境省の特定外来生物の解説(ナルトサワギク)
ナルトサワギクの分布拡大状況

たしかにナルトサワギクは爆発的に広がりました。諭鶴羽山系の海岸から山頂まで、いたる所にはびこっています。
諭鶴羽神社境内地(海抜520メートル)にまで広がったナルトサワギク
↑この写真は南あわじ市の諭鶴羽神社の境内地の端で撮りました。海抜520メートルです。山の上です。ナルトサワギクの種子は多くのキク科植物と同じく綿毛のような飛行装置付きで、風に乗って山の上だろうが海を隔てた島であろうが、どこまでも飛んで行きます。分布拡大能力は高そうです。

しかし、ナルトサワギクが侵入できるのは “裸地” だけです。土の見えている裸の土地だけです。草の生い茂っている所、つまり先客のいる所には、その先客を押しのけてまで侵入するだけの馬力はありません。また森の中の林床に侵入するのも無理です。つまりナルトサワギクは典型的な “陽生植物” のようです。で、新しい裸地であるならば見事に生えてきます。
新しい裸地に一斉に生えるナルトサワギク
↑南あわじ市灘来川のある谷の護岸工事で削り取った斜面です。ご覧のように見事にナルトサワギクがはびこりました。方形にロープを張って個体数とか被植率など調査するまでもありません。95%ぐらいナルトサワギクだらけです。わずかにレモンエゴマの小さいのが少し混じっているだけです。

わが世の春とはびこるナルトサワギク
↑南あわじ市灘来川です。裸地に侵入した後2~3年すると、ナルトサワギクはこのような状態になります。わが世の春です。草丈は低くて50~60㎝ぐらいなものです。これがナルトサワギクが一番に隆昌を極めている状態です。写真の下部に見える丸い葉はハスノハカズラです。多分これが今後ナルトサワギクに果敢に戦いを挑むと思います。ハスノハカズラが蔓を伸ばして、ナルトサワギクの上に覆いかぶさって繁茂するのです。

どんなに権勢を誇っても、栄耀栄華はいつまでも続かないのです。古人が喝破しています。 “たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ” ものごとには消長や浮沈があり、やがて衰退するときは必ず来ます。それはヒトの世も植物も同じなのです。

ナルトサワギクの衰退
↑ここは南あわじ市灘白崎です。ここも谷の護岸工事で山の斜面を削った所です。2~3年前にはナルトサワギクだらけでした。今でもナルトサワギクは残ってはいますが、明白に衰退しています。他の植物が侵入してナルトサワギクに勝っています。

写真が小さいので分かりにくいのですが、樹木ではカラスザンショウ、センダン、キリ、ジャケツイバラが侵入しています。草本ではヨウシュヤマゴボウ、オオマツヨイグサ?(幼草で花がないので識別不能)、タケニグサ、レモンエゴマ、イヌホウズキ、ハスノハカズラ、ススキが侵入しています。ナルトサワギクの枯れて黒くなったものも沢山あります。樹木は大きくなるし、ヨウシュヤマゴボウやタケニグサは2メートルぐらいにもなる大型の草です。ナルトサワギクが被陰されて消滅するのはもはや時間の問題です。

●マダガスカル島原産の外来植物のナルトサワギクが鳴門で発見されたのは1976年、淡路旧西淡町で見つかったのは1986年ですが、それから35年(25年)爆発的に増えたようでも、分布拡大の限界というか、この種の消長というか、そういうものが見えています。指数関数的に増え続けることなどあり得ないのです。かならず頭打ちがやってきます。爆発的に広がったように見えても、ナルトサワギクが生育している所はかなり限定的な場所です。道路工事に関連した法面とか、残土の捨て場所とか、埋立地、客土の盛ったところなど土の見えている裸地だけです。

●つまり、ナルトサワギクは在来植物と競合するのではなく、在来植物が繁茂する植生を破壊して土がむき出しになった裸地にはびこっているのです。掲げた4枚の写真の場所はすべて斜面の植生を破壊した所です。ヒトが在来植物の植生を破壊しておいて、破壊後にナルトサワギクがはびこっているのを見て、在来植物がやられる、などという主張はアホウといわずして何と言うのだろうか?

●オーストラリアでは大きな問題になっているようですが、そもそもオーストラリアは乾燥大陸、植物が少なく裸地が多く、雨の降る季節になれば爆発的に繁殖すると思われます。一方、日本列島はそもそも隙間なく緑に覆われた国土でして、ナルトサワギクがつけ入る余地はあまりありません。牧草地でも牧草が茂っていれば侵入できないでしょう。ナルトサワギクはすでにセイタカアワダチソウのたどった道を進んでいます。ほうっておけばいいのです。「駆除をしないと大変だ」などと善良な国民を脅迫して、税金をかすめ取ったり、天下り外郭団体の増殖をねらう環境省官僚のプロパガンダを真に受けないようにしましょう‥…。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.